火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー34号感想

『結界師』 田辺イエロウ
◆邪煉と金剛は、本ストーリと平行して話が進む様子。あのテンションを2~3週続けるわけにもいかないですから賢明だと思います。
◆良守自身はあの力を絶界と思っていたようですが実際には異なる能力の様子でした。それに気づいた糸口が「俺に向いてない」だったのが面白かったです。
◆もう少しベクトルがずれればファイスレス張りに歪んだポジティブシンキングが見れそうな話でした。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆魔物もびびる悪魔顔の清麿。ザケル連射でのロデュウのいたぶり方など容貌に恥じない外道ぶりでした。あんな状況で三流悪役しかやらないような挑発をするロデュウは迂闊すぎです。気が済むまでいたぶってくださいと言っているのと同じですから。
◆「ファウードつかって遊べたのにな」のセリフがありましたが、今回、一通りの決着はつかずにゼオン達の撤退で終了しそうな気配になっています。

『MAJOR』 満田拓也
◆キブソン側の深刻な状況が露見。アメリカ対日本は必然になっていますが、ますます現在のキューバ戦が薄味の試合になってしまいました。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆今週は重い話と言う事ではありましたが、ハヤテを筆頭に家族関係に爆弾をかかえているキャラはこの作品には一杯いますのでいまさらと言う気はしました。
◆登場人物の出自は、基本的に単行本のオマケで語られてしまっているのでこちらには意外性は無かったが雑誌連載でしかこの作品を追っていない人には逆に唐突な話だったかも知れませんが。単行本のおまけによる裏設定の多さがこんなところでネックになってくるとは思いませんでした。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆「チビDF」安東の挑発を受けて無表情になるナリア。近江の能力で一点を挙げて終わりかと思いましたがナリアの見せ場もあるようです。
◆トラと近江のコンビ結成を示唆する発言が出ました。近江が取りやすいパスを出す事がトラの課題になった様子です。
◆蓮葉もかなり唯くんに感化されている様子。唯くんと2人で近江を取り合う歪んだ関係になるかと思いきや。かなり入り組んだ関係になっています。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆水沼の戦意を見極めたうえで「試合続行」を指示したディエゴ。しっかりと「試合終了」の判断もしているのを見ると一本筋の入ったキャラです。「死んでも良いや」と思ってギリギリまで見ていた可能性はありますが。
◆水沼でここまで盛り上げるとは思ってもいませんでした。新白連合のレベルも試合として成立するぐらいものである事がわかって良かったです。

『クロスゲーム』 あだち充
◆大門監督の微妙な浅はかさがかもし出す不協和音「監督の長い老後より、おれ達の3年間」。互いに腹に一物抱え込んだ状態での内乱が始まってきました。東達が素直にプレハブ組に動く事は考えにくいので、どのように展開するかは楽しみです。

『妖逆門』 田村光久
◆先週の戦いが急に前座扱い。三志郎は主人公だから良いのですが、かませ犬だったモヒカン君が悲し過ぎました。
◆東京タワーを見立てたトーナメント表。今回の前座ネタと重ねるとすごいゆでたまごチックな気がしました。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆久々の動物ネタ。でも来週になったら温泉の宣伝になっていたとかは勘弁してください。
◆オランウータンやチンパンジー等の類人猿に知能があるからと言って近づくのはいけないとのお話。昔、マイケルジャクソンはバブルス君(チンパンジー)と仲良く暮らしていましたが大人になって手がつけられなくなったので処分したと言う話もありますし。

当時チンパンジーを連れて歩いていたマイケルをTVで見て、「この人凄いけど頭おかしいんだな」と子供心に思っていました。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
柴田勲のようにいやらしそうな下まつげがトレードマークのねね子さん登場。失礼とは思いましたが顔だけで笑わせていただきました。一話で瞬殺されてしまいましたが十分満足です。

Wikipediaに載っていませんでしたので前にも書いた事ではありますが追記します。柴田勲の一番有名な異名は「銀座の盗塁王」ではなく「夜の四番打者」です。それとポーカー賭博による現行犯逮捕後の謝罪会見でトランプ柄のセーターを着て出てきた無鉄砲エピソードもステキでした。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆監督の采配が如実にでてくる試合になってきました。選手との信頼関係も高い様子で試合としても面白くなってきました。でも最後のハシラのあおりの「ほーやるじゃない」は拍子抜けさせすぎです。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆線路のホームにおいてきたケンの靴。自殺者の靴と間違えられないか心配です。
◆初登場の葵の弟。やはりと言うか当然のようにシスコンでした。この作品の男達は微妙に歪んでいる事を示す材料がまた一つ増えました。
◆覚悟完了なお父さんをみて喜ぶケン。キョート人でもポン刀で武装して日常生活をおくっているわけではありません。

『ハルノクニ』 浜中明 中道裕太
◆蜂谷さんが上層部に嫌われている理由の一端がでてきました。よくあるやりすぎるタイプのなので嫌われているのではなく茶目っ気がありすぎて避けられていると言う感じがして良かったです。
◆蜂谷さんのみ単独行動。コウさんとの直接やりあうイベントは必要ですし、その際に警官たちは邪魔なだけですのでこのほうが話に集中できるので良いと思います。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆アルバトロスとアイビスの和解。唐突とは思いましたが、避けれない話ですので重く引き摺るよりはテンポを早めて流しきった方が無難ではありますし。
◆サブタイトルのダジャレは若木先生らしいと思いました。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー33号感想

読者プレゼントの各キャラクターと作者のサイン入り野球ボールをみていたら、故ナンシー関が「ポップコーンのサイン入り野球ボール」の贋物という腰砕けしそうなほどに下らないものを作って発表した事を思いだしました。ポップコーンは双子の正一、正二(現在は引退)で結成していた漫才コンビ。たけし軍団に漫才ではなく野球の腕を買われて加入したと言われるほどの野球自慢です。でも「ポップコーンのサイン入り野球ボール」の本物を持っている人は絶対この世に居るとは思いますが。
サイン入りボールはやっぱり野球選手のサインでないとしっくりこない気がしました。

『MAJOR』 満田拓也
◆寿也の家庭だけではなく。吾郎の家庭の問題も噴出。でも、あんな野球バカと野球の腕前で比べられたらつらいとは思いますので同情してしまいますが。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆ジュデュン退場となったときに、ここで感動のお話を一つ入れてくるのかと思ったら、「だって、恥ずかしかったんだもの」と「ああ、そう」のやり取りで終了。清麿劇場はまだまだ続いているので時間がかけられなかった様子です。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆水沼といえば、一時期付いていた師匠が反則が得意のラフファイターだったのを覚えていましたが、こんなところで再浮上してくるとは思いませんでした。
◆先週あれだけ持ち上げた宇喜多が見事にピエロにされてました。きっと後々死にそうになるほどのすごい見せ場が準備されているとは期待していますが。

『結界師』 田辺イエロウ
◆おもいっきり空回りしているポジティブシンキングの「俺たちはやるぜ」を見ていると、柔道部物語の名ゼリフ「俺ってストロングだぜ~」を思い出しました。こちらのほうがバカっぽくて大好きです。
◆邪煉との決着はつかず。本編と平行して少しずつ進めていくのでしょうか。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆動物雑学ものと訳のわからない企画ものとの割合が逆転しています。「半年後の結果」というまえに「明日はどっちだ」という感じです。一回何か問題を起こしてペナルティでも食らわないとこの流れは止まらないのでしょうか。

『MAJOR』 満田拓也
◆また唯くんの手のひらで踊らされるだけの犠牲者がでました。安東がそのままかませで終わるかそれ以降の登場があるかはわかりませんが不幸になる事は間違いないと思います。
◆トラもナリアもこれを機会にサッカー部の一員になってくれると面白いのですが。

『妖逆門』 田村光久
◆単純なルールだけに内容も単純に終わりました。先週が参加者の顔見世と言うでしたので、今回は他の妖怪の顔見世になる様子です。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆伸之助の苛立ちもわかりますし最後のコマの黒さも良いのですが、基本的にみんな良い人なので邪悪さが足りない気がします。チャンピオンの某野球漫画に毒されすぎてしまってます。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆ハヤテと同じく不幸がデフォルトになっている西沢さん。幸せに戸惑って逃げ出したが、結局隠れて様子を見ていたところが良かったです。
◆新キャラの悪の女王アーたん。後姿の凛々しさもすばらしいが高速の前蹴りもすばらしかったです。お嬢様のようではあるようですが、このポテンシャルなら三千院家のでたらめな財力にも太刀打ちできそうです。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆三俣・桐崎との戦いに決着が付きました。長かった印象はありましたが、桐崎の心象描写に決着がついた事と大ゴマを利用してのクライマックスを盛り上げたところで「終わりよければすべて良し」をおもいました。まとめて読んだらさらに印象深くなるとは思いますが。
◆来週はセンターカラーとの事。試合が終わった直後のなので何処に盛り上げを持ってくるのか。気になります。

『あいこら』 井上和郎
◆「渋沢流亀甲縛術」大仰に言っても変態技は変態技です。
◆全裸でもカッコいい渋沢。一流の変態へのレベルはかなり高い様子です。

『クロスゲーム』 あだち充
◆良い話だと感動しながらも怪談話として成立しているので、感心していたら最後のオチでひっくり返されました。作者の落語好きを忘れておりました。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆カラーページのネタですが。現在進行の話とはつながらないので単行本にはおさまらない気がします。オマケページ扱いになるとは思いますが。
◆末摘まで、カマトトぶっていたのには意外でした。ドサグサにまぎれて本人の目の前で蕾見管理官をこき下ろすところの根性の悪さは大好きです。
◆皆本がポイントごとに蕾見に悪意のこもった突っ込みを入れていたのが面白かったです。最後の「ガキばっか見てられるかー」は、今週突っ込みすぎて本音が一秒で出てきてしまうようになった為だと思います。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆「教育的指導」に関しての流星くんの不信感が増している様子。また実況や審判の描写を見ていると作者も煽っているのが見受けられます。連載開始時の表紙では流星くんはオープンフィンガーのグローブをしていた記憶がありますが、柔道ではなく最終的には総合格闘技に流れてゆくのでしょうか。
◆真弓さんの描写は狙いすぎだと思いました。こちらは作者の思い通りに引き摺られてゆくしかないのですが。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆「治癒能力」と言いながら崖の一部分を吹っ飛ばしているアイビス。僧侶ではなく魔法使いの様子です。
◆田舎の一本道を3人並んで歩いている絵に和んでしまいました。田舎のバス停も良い雰囲気です。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー感想32号

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆微妙に長いタイトルと原秀則先生の名前。同年代のツボを付いてくるのが上手いです。
◆夢から覚めた西沢さんの感想。普通の人というよりは小市民という感じがしました。幸せなのは良いことなのですが。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆清麿復活の前哨戦。復活した時に得た力で瞬殺と思ったら、しっかり戦略を立てての勝負。清麿らしいと感心していると初お披露目の大技で今週をシメました。
◆今週もあの顔を引き摺っていた上にしっかりもとの顔に戻る描写が入っていたのがツボでした。一見さんがいきなりこの顔をみたらどう思うか考えてしまいました。

『MAJOR』 満田拓也
◆寝起きの寿也の下を訪ねる吾郎。間違った読者サービスが展開されています。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆エンターティナーディエゴによる「面白ければすべて良し!!!」のお墨付きで親泊連合の参加が決まりました。でも「毎年必ず死者がでる」とささやかな嫌がらせも忘れていない様子でしたが。
◆ケンイチの心のトラウマが寿也どころでは無い事が判明。不謹慎ですが笑ってしまいました。

『結界師』 田辺イエロウ
◆邪煉の言葉巧みな勧誘に対抗策として多人数で互いに突っ込み合う。一人で相手をするからつけ込まれる事になると考えれば有効な手段の様子。境遇の違う3人が同じトラウマを持っている確立も低いはずですし。今までしてこなかった事が不思議なぐらいでした。
◆釘を突っ込んで跪かせる。邪煉がバケモノでよかったです。これが中年オヤジだと思ったらぞっとします。でも中年オヤジの方が時音の女王様っぷりを堪能できるのですが。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆ニヒルに決めてはいますが、蓮葉が一番この状況を楽しんでいるように見えます。近江よりも根っこは単純そうです。
◆近江から小波、小波から唯、もちろん唯から近江と言う。三角関係が成立しそうです。ぐるぐる回っている限りは修羅場が無いので物足りないのですが。

『クロスゲーム』 あだち充
◆プレハブ組みの秘密特訓。2軍監督の豹変も来るべきカタルシスに向けての進んでいる様子と思っていたら、突然、真夏の怪談シリーズへ移行。連載再開後にこの展開。本当にマイペースを許されている作家は違います。

『あいこら』 井上和郎
◆突っ込んで良いのか悩みましたが、名前も顔も判明している以上、後々の登場の可能性もあるのでやれなかったほうに1票。天幕側の主観なので、谷崎先輩も悪人ではない可能性もありますが、こういった問題は被害者の主観を尊重するのが大事だと思います。
◆「サイン入りパンスト」使い道がわからないところがステキです。サイン入りでは銀行強盗にもつかえません。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆鉄生に男女の恋愛を諭される理不尽さ。宝生さんのこともたまには思い出してください。

『妖逆門』 田村光久
◆げえむ参加者のお披露目会。一通りのキャラ紹介がありましたがやっぱり。可愛くないモヒカンの方はかませ犬にされる様子です。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆「戦争は良いな」と騒ぐ雑魚。久しぶりに不愉快なものを見ましたが、その上でのユウキによる瞬殺にかなりの爽快感がわいてしまいました。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆トゥーランドット全体のストーリー解説は無かった事を思い出しながら見ていますが、演技と重ねるとわかりづらかったです。歌劇の曲はストーリを追わないといけないので感情移入がしづらい事を感じました。
◆桐崎の持ち上げとは対照的に三俣のリアクション要員が板についてきました。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆準備した料理を「全部持って帰れ」と言った後どうするのかと思っていたら自分で寿司を握ってました。肉弾戦のエキスパートだった事を考えると、人間も魚も裁き方は一緒と言うことでしょうか。
◆悪党不二子によるダメだし、月影先生と言うよりはこだわりのイメクラ店を経営するオーナーの様子です。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆「消極的指導」に納得がいかない流星くん。彼のストロングスタイルは柔道のルールに収まるものではないと思いますが、これをきっかけに柔道からはなれて行くのでしょか。
◆流星くんの父による試合前のアドバイスが生きていました。そこから武心館の反撃が始まる様子です。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー31号感想

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆栄えあるアニメ化発表後の巻頭カラーにて「はいてない?」を前面に出していただきました。松江名先生の読者へのサービス精神には頭が下がります。
◆大会前夜祭のゴタゴタはモンキービジネスの基本。タイミングのよい新白連合の乱入はまさしくエンターティメントでした。ディエゴさんも引きつった笑顔で大喜びだと思います。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆清麿の復活とガッシュとの久々のコンビプレー、その上でモモンの退場。何処まで盛り上げればすむのかと思っていたらハヌマーン清磨に大爆笑。これを見せたいがために雷句先生は清麿復活を引っ張ったのかと思うと感無量です。

『MAJOR』 満田拓也
◆先週の守備に加えて、バッティングや仲間へのアシストなど光るプレーが目立つ寿也。妹も実は帰国していなかったという事は、家族の問題を早めに回収するという事でしょうか。
◆このような辛気臭い問題を抱えたままアメリカ戦をやるわけにはいかないですので歓迎いたします。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆彼が物足りないと愚痴をこぼす牧村さん。牧村さんの彼氏はロボットなのでハードモードに設定変更できるかと思いますが、それはそれで困る事にはなりますが。
◆ドSの委員長も趣があっていいものだと。道をおもいっきり踏み外してしまった感想を持ってしまいました。
◆営業用スマイルを駆使して雪路を丸め込んだハヤテ。年上キラーワタルの前にこんな偉大な先達がいました。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆「バックパス?」を介しての近江と唯くんの悲喜こもごもの展開。互いが互いを深いところで自然に認め合った良い展開でした。
◆トランプで唯くんを誘惑する小波。笑わせていただきました。アッシーを押さえている雪路のように小波もかなりの悪女です。

『結界師』 田辺イエロウ
◆人の心の弱みに付け込む悪魔の話術。邪煉の禍々しさの一端が見えてきて良かったです。
◆師匠の最後の様子と金剛の主従契約について明確に金剛は語っていないが何か隠している様子です。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆人の色恋沙汰には直ぐ反応する陵刀。さらにはトイレまで付いてくる彼女に大して「良い趣味してるねえ」と直球発言というか変態が強すぎてピンボールなんですが。

『あいこら』 井上和郎
◆先週のハチベエの落胆を知って慰めてくれる渋沢。それが「石膏で型までとって苦労の上に作り上げたおっぱいプリンを完成前に食べられてしまった」という変体臭が漂う話でも引かずに聞いてくれるところなど、友達って大切なものだと感じました。
◆そんな友達に春がきそうだと言うのに、必死に邪魔をするハチベエ。人間として正しい行為ではあります。

表紙の渋沢の後ろにある色紙「うつし世は夢 夜の夢こそまこと」は江戸川乱歩がサイン代わりに書いた言葉です。意訳すると「2次元で十分」。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆解説王黒崎の「さて・・・それはどうかな」で勝敗が決まってしまった様子。主人公の絶対性をだすのは良いのですが提示が早すぎるので勝敗での引きが感じられなません。トーナメントは続くのでいつかは勝敗での駆け引きなどの盛り上がりが試合があってほしいのですが。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆奪われるのがいやなら、先に「デキちゃえ」という80歳のおばあちゃんからのアドバイス。小学生とか3人まとめてというシチュエーションの上に最終手段は洗脳がありました。いろんな意味で問題ありすぎです。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆流星くんのアドバイスに従って的確に勝利をつかんだ真弓さん。良い話ですが裏で徹底的に無視された小金丸くんがかわいそうで仕方がありません。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆すぐにトライアッドの元へ向うのかと思いきやひとまず修行編。具体的な武器が出てきた以上は、実戦前にワンクッション置く必要がありますし、アルバトロスの掘り下げも必要ですから。
◆イメージ的にはダイヤモンドはありでしょうが、どうやって今までの分は現地調達してきたのかは気になります。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー30号感想

『結界師』 田辺イエロウ
◆アニメ化が決定となりました。黒芒楼編などの山場はありますが、本編でも烏森は秘密のままの状態ですがオリジナルで勧めてゆくのでしょうか。
◆術の力比べで良守が負けたのはまだ良守に先がある事を示しているように見えましたので、しょうがないとは思いました。また封魔師と魔物の関係の示唆などを見ると今回は金剛がメインを張らないといけない話のようでもありますので。
◆烏森の力を得て邪煉のアドバンテージがあがってきました。金剛の有利な点としては封魔師との契約も破棄された様子ですので師匠のようなリスクは負わないですむぐらいしかない様子ではありますが。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆モモンの有能さが光り続けていましたが、ここまで強いとガッシュとのコンビネーションを組まれると最強になってしまいますので退場になってしまいました。
◆最後の足元だけの描写は本当に清麿でしょうか?こちらとしては次の合併号まで清麿の登場を引き伸ばすのではと悪夢のような事を考えていたのでうかつには信用できません。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆株入門編、一通り言いたい事は言って予想通りのオチ(元手がない)を提示して終わり。早く動物ものに戻って欲しいです。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆『MAJOR』とは違い現実があんな事になってしまったが中学生の話だから関係なし。絶妙なポジションではじめたものだと、ブラジル戦後にサムライブルーのユニフォームで登場した翼くんのCMを見たときに思いました。
◆近江を手に入れた後の事を想像しクスクスと笑い出す唯くんが今週のツボ。小波は『MAJOR』の清水並みに一生報われないかも知れません。愛した人はすでに他の男に夢中というシチュエーションだと思うと涙で前が見えません。

『MAJOR』 満田拓也
◆世界の舞台からすれば寿也は若造扱い。それを力技で返してきた寿也の意地は面白かったです。この試合も寿也が主人公でかまわないと思います。

『妖逆門』 田村光久
◆バカがスパークしているジジイを見ていると作者は間違いなく藤田門下なんだなとその思想の濃さに感心してしまいました。
◆そんなジジイの妄想を信じ込んでいる段階で「完璧」からは遠いところにいる様子の里村。現に妖怪も呆れています。

『RENGEMAN』 モリタイシ
◆恋する力で超人的な力を得ることができるが、力を行使後は恋した相手の事はすべて忘れてしまう。使い勝手の悪い設定だと思いました。第一愛子さんの出番がこれで終わってしまったのは残念です。
◆中西くんはこの残酷な事実に気づいた時点で博士を殺したほうがよかったと思います。自分の意思でならともかく騙された立場からすれば、自分の不幸が前提で救われる世界なんて滅んだほうがよいと思えますし。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆魚料理の仕入先に関して、三人とも心の声で掛け合っているのが面白かったです。こんなところでは通じ合っているのに、ナギもハヤテも互いの心はまったく読めていません。
◆アニメと現実をごっちゃにする執事と漫画と現実をごっちゃにする主人とのボートの上での釣り講座。今週の作画は間違った意味で気合が入りすぎています。ジャンプの変な新連載の影響でも受けたのでしょうか。

へらぶな釣りは、初心者でも釣れるがが熟練者でも楽しめるため「へらぶな釣りのように奥が深い」などとたとえ話にできるほどのものだそうです。現に専門誌の『月刊へらぶな釣り』や『月刊へら』もあります。ちなみに業界内有名人は俳優の故山村聰

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆前半の負け犬ままでは終われないので凛の掘り下げがありました。話としても吹雪と六花の今までの経緯と重なる部分があって面白かったです。主人公の優位性は動いていないので勝敗は決まっている状況ではありますが。

『あいこら』 井上和郎
◆血と汗と涙と欲望の結晶でしたが、所詮は食べ物という事で食後のデザートにされてしまいました。でも完成してしまうと処理に困り、むしろ少年誌では描けない話になってしまいますので無難なところに落ち着いたとは思います。

『ハルノクニ』 浜中明 中道裕太
◆コーさんの甘酸っぱい思い出話。いい話何だけどコーさんの趣味は少しマニアックで女王様好きの様子です。
◆国家のあり方とか重苦しい話よりは、こういったぶつかり合いに向けて動いてゆくのが面白いです。内閣側の会議室の雰囲気は悪すぎと思っていましたから特に。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆高倉と北大路の和解。爽やかないいシーンでした。それに比べてチャンピオンのドカベンじゃない方の野球漫画の方は・・・。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆冷静というよりも勝負意外には無頓着な柔道マシーンの五条橋。確かに「次峰、俺と代われ」とか言い出すほうがはるかに嫌すぎますので正解ですが。
◆さらしではなくテープで巻いて胸を隠している柴尾さん。先生自身も認めている神展開。欲望と商いはとまらない列車のように走り始めました。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆妄想キスシーンの背後に流れるBGMは何だろうかすごい気になります。
◆若くて有能とは言え社会人をむりやり小学生とくっ付けようとする展開は「アンチ健全少年漫画・反則路線作品」を自負するだけあります。椎名先生には悪いのですが「前半常連」になってPTAに目をつけられるよりは、いつまでも読んでいたいのでたまに前に出てくるぐらいでお願いしたいです。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆ごみ子の時からユウキを意識している描写があったので、素直にユウキに助けを求めるシーンがでてきたのがよかったです。「手をとりあって」というタイトルと一ページまるまるつかった大ゴマとつながっているシーンもステキでした。
◆トライアッドの本拠地は不明のはずですが、病院を目指すという事でしょうか。一日がかりとは言え、バスで日帰りができる場所だと旅立ちという印象があまりわかないのですが。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー29号感想

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆モモンの挑発を受け流せないゼオンを描くことで清麿復活時の期待値があがってきました。
◆清磨の評価もインフレっぽい感じもしますが、死の淵から帰ってきたキャラのパワーアップはサイヤ人以来の伝統ですから。

『MAJOR』 満田拓也
◆身体能力の高さにあぐらをかかず。その上に細かい技術を重ねてきているキューバ。準決勝の相手としてふさわしい強敵です。
◆吾郎の解説役ややっぱり合わない。今回の解説は眉村でお送りして欲しいです。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆カストロ兄弟の師匠ディエゴは、逆鬼師匠と造形がかぶっていますが、今回師匠同士の直接対決はあるのでしょうか。
◆地獄の島かと思いっきゃエロ妄想に忠実なエロマンガ島でした。多種多様なコスチュームのメイドさん達を見ていると経営者が一切妥協しないイメクラを見ているような気分です。ジェニファーもはいていない様子ですが風営法とかは大丈夫でしょうか。

『RENGEMAN』 モリタイシ
◆妄想癖の上にアドバイスを求めているのに結局は人の話を聞かない主人公の暴走振りがおかしかったのです
◆最後のページで話が切り替わりました。来週はどのようになるのか。今の展開も好きなので肩透かしでも良いけど、それは許されなんだろうし。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆怪我をしている部員をみて、一生懸命手当てに走る小波によい娘さんだなと思ったら「唯くんに誤解されちゃう」に爆笑。その際の唯くんの視線移動の描写でさらに追い討ちがかかってきました。小波が完全に報われていないのがステキです。
◆迫力がない分、緻密な描写で試合を描ききろうとする作者に好感がもてます。可愛らしい絵柄を大切にしてください。

可愛らしい絵柄というと少年誌の極北チャンピオンで連載中の「ショー☆バン」も連載当初は可愛らしかったのに現在の鬼のような展開に死んだ子の年を数えるように遠い目で見てしまいます。でもあの作品は原作者が邪悪な上に、最初から邪悪な伏線が大量に張られていたので仕方がないのですが。

『クロスゲーム』 あだち充
◆「部内抗争編」突入前の軽めのお話しかと思いきや、人間関係の整理と物語の根本を提示する話になってました。
◆若葉への誕生日プレゼントの予定表。最後の「婚約指輪」がすごい切ない。思い出には絶対に勝てない事を再認識させられました。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆「好きな相手が13歳」、19歳の女性がいうとすごい微笑ましいものになるのが不思議です。真の男女平等は遠いと言うことで一つ。
◆お約束とは言え、ワタルの伊澄への思いを忘れた上で、サキさんを「ワタルの大切な人」とシスターに教えるハヤテ。またいらない火種が出来上がった様子です。
◆シスター本領発揮のシーンで直接的な描写がなく。1ページで処理したのはすごく良かったです。その方がシスターの能力の高さが映えると思います。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆唐突にはじまった株式投資編。ペット向けの医療保険も実際にはありますが。獣医の仕事ではないだろうと思いつつも、鉄生にレクチャーする陵刀のパターンを使えば、担当がやりたい事ができる便利漫画ではありますが。ワイルドライフを私物化しても困るのですが。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆兵藤と高倉のバッテリー崩壊のシーン。完全に決着が付きました。後はキタローと高倉総決算でシメになると思います。最後まで小悪党だった兵藤は完全に蚊帳の外でお願いします。

『結界師』 田辺イエロウ
◆ハイテンションでノリツッコミも使いこなす封魔師金剛。明確な目的がありますが、その達成後はどうなるのでしょうか。邪煉の正体は本筋と絡んでくるのなら長期間の登場もありえるんですが、限が不在の状況では良守と絡める同世代がいないのでレギュラー化して欲しいです。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆表現解説の老彫先生と、技術解説の黒崎コーチの2本立て解説と演技の描写もまとまってきているけど何か惜しいものを感じます。フィギアスケート自体が野球やサッカーと違って読む側に圧倒的にコンセンサスが足りない上に点数や対戦相手などのスポーツの要素がネックになっているような気がします。特に得点などの競技性がなければバレエの『昴』のように圧倒的な天才性で観客を叩き潰す描写で話しとして成立させることができるだけに残念です。
◆だからこそ今回はリアクション描写を控えたり。表現に工夫を加えてきているのでしょうが、第一人者というのは本当に大変な位置にいる事を感じさせられました。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆今日一日だけの命と思って生きる。流星くんの強さといるよりも人を巻き込む強引さの秘密が判明しました。その流れで町田道場の他の面々にも武心館との試合の意義を示唆してきました。その発想が最後にあるから「負け犬理論」の堕ちないですむ良い話の展開でした。
◆男装の源造さん強し。でも勝ち抜き戦という事は次の試合もあり、あんまりドキドキする方向に持っていって欲しくないのですが、でも見たいです。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆皆本が解任され代わりに任命されたのが谷崎。人材不足と言われようが、新キャラを出すよりも脂ぎった中年オヤジ達で何処までも話を進めるアグレッシブな椎名先生は偉人です。
◆そう考えると、いきなりのチルドレンピンチは残念です。中年オヤジにげっそりされるチルドレンも見たかったのですが。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆聖結晶の力なしで、シビアに一矢報いた展開は、ユウキ本人の成長も示唆していてよかったです。
◆最近アルバトロスが役に立ってているのにびっくりです。こちらも成長しているのでしょうが、成長という言葉がなんか似合いません。



ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。