火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ38号感想

『BLEACH』 久保帯人
◆力になりたい友人とそれを拒む一護。学園物として読むと読みごたえがあり面白かったです。その反面、浦原の言い訳などが鼻についてしまいます。好みは人それぞれですのがどうしてもそこに乗り切れないです。
◆チャドと石田のパワーアップイベントが死神総退却後のための伏線だとは思いませんでした。願わくば途中からお気に入りキャラ(日番谷、阿散井)の強引な参入で台無しになリませんように。
◆石田の父親との約束は間抜けな言い訳を入れるぐらいなら無視しても良いと思います。

『NARUTO』 岸本斉史
◆アズマ死亡カウントダウンがひどすぎます。ここまでやられると「これから殺しますよ、殺せなかった場合は許可してくれなかった担当と編集に文句を言って下さい」という作者の声が聞えてくるようです。
◆カカシの要求に体力のすべてを出し切って答えるヤマト。会社内ピラミッドのような人間関係が見えました。ナルトに一切注意せずに術を発動させたのはヤマトの精一杯の嫌がらせだと思います。
◆ナルトは『釣りバカ日誌』でいうハマちゃん(社長のお気に入り)なのでピラミッドの影響はありません。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆男のロマンとか言う妄想を木っ端微塵に吹き飛ばす人魚がすばらしかったです。ジュゴンを人魚と見間違えた船乗りたちに「タマッテイタノカ」と問いかけた人がいましたがその気持ちが今凄く分かります。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆前担当まで借り出しての楽屋ネタからはじまり、その上で今回の企画を見せられると編集部はこの作品に力を入れているのがわかります。それは本当にステキなことなんですが、頭は大丈夫かと問いかけたいです。
◆江口が新たな進化を遂げました。今まで妄想でも十分幸せだったのに今回はご褒美がついていました。0.1%のエロにかけられる男は大物になれそうです。
◆バカップルが面白いんですが、「まずは何か手頃なものを壊して落ち着いてみよう」と思うほどの苛立ちが湧いてきます。この気持ちは何でしょうか。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆魔法律協会は50年前からツメが甘かったというペイジさんの思い出話。でも現在の陰湿なダメ団体より。過去のファンキーなバカ団体の方が好感がもてます。惜しい人を亡くしてしまったのだと思いました。
◆「ヤングはやっぱり青かな」と言いながら青い寝袋を手にしているペイジさんの顔は微妙に犯罪者っぽいです。襲うときの目印に青を選んでいる感じです。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆天才だけの阿含の否定を、努力しているイメージは湧きにくいが実際に地道な基礎トレーニングを積んでいたヒル魔で行ったのが素晴らしかったです。
◆タッチダウンにはなりましたがまだ試合は残っています。密度がこんなにも高い試合を見せ付けられているのでこちらも息切れしそうです、勝利まであとわずか、願わくば延長などなしで突っ切って欲しいです。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆今週のエロ描写は、若い子が悶えるのをみて体が火照る若女将と、浴衣で泣きながらへたり込んでいる若菜です。後は普通にラブコメ的展開でしたオーソドックスですが面白かったです。

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆支部長の「ロッキー」は1年前はつかっていなかったということは、言いたくてもいえなかった事があった上での反省からあんな面倒な能力を背負い込んだのでしょうか。最初に口下手だからとは言っていましたが制約があると強くなるタイプの魔法と思っていたので使用しているのかと思っていました。そうなるとわだかまりの解消は「ロッキー」の復活にかかっている様子です。

『銀魂』 空知英秋
◆「今日の沖田さんは見なかったことにします」と男らしく返答した、後ですぐ尾行していた山崎がツボでした。人間はこれぐらい下劣な方が面白い事を空地先生に教えて頂きました。
◆沖田姉による自分の命を秤にかけながら要求を通す交渉術。たしかに今までにないタイプでした。それとタバスコを吹くときの顔が美人が台無しなぐらい壊れていたのも良かったです。
◆土方と沖田姉のすれ違いの原因はやっぱり「からしマヨネーズ」や「一味入りマヨネーズ」を土方が認めなかったとかでしょうか。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆データの蓄積によるパワーアップ。『ジョジョ』の「アヌビス神」を思い出しました。同じ発想でもその解答に違いがでていて面白かったです。データを伝達するのにアヌビス神のように直接的な接触などの物質的なものではなく、EBカメラなど電子世界を介しての移動。どちらが面白いのではなくどちらも優れているアイディアだと思いました。

『みえるひと』 岩代俊明
◆主人公よりもゴウメイのカッコよさが光りました。その上で「引き分けにしといてくれ」と頼む主人公もよかったのです。
◆新キャラ登場。腰の変身ベルトもありますが、ウルトラアイのようなグラサンが余計に気にかかりました。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆魔界の王の頭のネタは本当に爆笑。「しょんぼりさせるな」とこちらも本音がまけて出てしまいました。でも本当にモザイクかけたら逆に言い訳が通らなくなって全身墨塗りにされてしまうかキャラ自体がいなかった事にされそうですが。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

個人輸入の代行探し

個人輸入の検索サイト。個人輸入代行、薬個人輸入、方法、関税、ピルなど個人輸入に関する各種情報をお届けしています。 http://ladyship5.hartmerrell.com/

  • 2008/09/02(火) 07:32:41 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/93-1e3c3a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アヌビスについて

アヌビスImage:Anubis standing.jpg|right|150px|thumb|アヌビス神の像ヒエログリフM17-N35:p-G43-C6''`Inpw'' アヌビス (Anubis) はエジプト神話に登場する冥界の神。アヌビスという名前はギリシャ人によるものであり、当時のエジプトで

  • 2007/04/03(火) 02:39:44 |
  • 神話&神々の研究

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。