火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー感想35号

こんなおぼつかない感想を何度か取り上げていただいている鈴木央先生の応援サイト「僕ラブ」さんが急な移転を余儀なくされていた様子です。
こちらも「BookMark」からのアクセスができなくなっていましたので心配しておりましたが、移転先がわかりましたので日ごろの感謝を込めてリンクを張っておきます。




閲覧していると『ライジングインパクト』を読まないとなと思いつつも暇が無いのが現状で、機会があるときにまとめ読みしたいと思います。


『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆カラーページでの実写企画。実際に症例を確認できる事と治癒に長期間かかる治療法を紹介にする事に対して、実際に有効である事の明確な根拠になっていて、久しぶりに考えられた企画だと思います。しっかり宣伝はしてましたが。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆ファウードが一般人の前に姿を現しました。あんなに巨大な物体が高速で移動すれば領海に入る以前に気づかれるものではありますが。
◆魔物の存在が一般に認知されたと言う事は物語のクライマックスか。『魔界編』開始の布石のどちらかとは思います。少なくとも現実世界では話を進めるのは困難になってくる事は変わらないはずです。

『結界師』 田辺イエロウ
◆烏天狗の小ささがツボでした。有能な小間使いだけど報われない感じが良く出ていました。「女子を追っかける、ジジイを追っかけて、死にかける」烏天狗のくせに見事なラップです。
◆「孫のようなものが飛んでおった」という見たまんまのリアクション。人間は異常なものを見た際に思考が停止するらしいので妥当な話ではあります。
◆墨村、雪村家の両当主揃い踏みで登場。黒芒楼への道を作った時子さんがいるので天狗の城へ入り込む事もできると思いますので出番はあると思います。

「野菊」と「民さん」とくれば『野菊の墓』もしくは映画の『野菊の如き君なりき』とかけているかと思います。田辺先生は女性と言う事なのでこういった小ネタも使いたかったのだろうなと思いましたので取り上げました。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆蓮葉が「ナリアちゃん」と呼びかける事で順調に周りの環境に適用しています。抜け目の無い男です。
◆ナリアの見せ場など、可愛らしい絵に隠れてのサッカー理論のすばらしさに脱帽です。正直に言うとサッカーに何の興味がない自分でもここまで楽しんで読めるとは思いってもいませんでした。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆白皇学園の学年末テスト。落第などのしゃれにならない展開にはできないことが前提で始まっているイベントなので試験本番よりもその過程を楽しむ話の様子。
◆ナイスタイミングでコーヒーを持ってくるハヤテ。ラブコメ漫画のお袋さんのように場の悪い登場でした。

『MAJOR』 満田拓也
◆急展開のあおりを食らって、投手戦を期待していたキューバー戦が薄味のまま終わってしまいました。
◆ギブソンの心臓病。こんな暴露を食らったアメリカ代表監督がかわいそう過ぎます。これは監督に丸投げしているだけです。ギブソンを出さないで世論から袋叩きにされたら責任が取れなくなると思いますが。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆死んでも目を覚ます漢方薬。それは医術ではなく魔術です。心なしか両師匠とも悪魔のような角が生えてます。
◆大リーグ養成ギブスのフェイントに爆笑。いつかは出てくるとは思っていましたが、まさか本気の試合中にでてくるとは思いませんでした。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆相手チームの監督が前面にでる演出はかなり暑苦しくてよかったです。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆みんなの期待を受ける事に戸惑う流星くんの告白は少し重めでしたがそれを明るく返す嘉納くんの「自分たちは希望を全部、嵐君に押し付けている」の謝罪も混じった感謝の言葉。良い話でした。

『クロスゲーム』 あだち充
◆ベテランの余裕が光るパンチラ祭り。「俺は枯れていないぞ」という意思表示が見れて頼もしかったです。
◆大門監督と東達の確執が如実に出てきました。甲子園を目指す夏も一つは終わりました。あとはドロドロの秋と冬を待つばかりです。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆「カルメン」を語る獅門コーチ。その偏見全開の語り口はかなり女性に対して暗い人生を送られた様子です。実際に「カルメン」はそんな話らしいのですが。
◆陣と小雪、吹雪と六花のイチャイチャパラダイスぶり。これはぜひ獅門コーチにシメて頂きたいです。

『あいこら』 井上和郎
◆愛するパーツのためならば、殺人さえ厭わない「武闘派変態」のハチベエ。お化け屋敷の会場を「猟場」と表現するところに歴戦の戦士の凄みを感じます。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆日本文化は誤読しているのに、女こごろは性格に読んだケン。皆本が鈍すぎるだけかもしれませんが。
◆ツンデレ葵の描写。葵愛好家に凄い燃料を投下してきました。後は火をつけて燃え尽きるだけです。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

遅くなりましたが…

ども、僕ラブのガミガミです。
遅くなりましたが、移転の宣伝ありがとうございました♪(・∀・)
追記:こちらからもリンクを張らせていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いします♪

  • 2006/08/06(日) 12:20:05 |
  • URL |
  • 怪盗ガミガミミサイル #jKvnHcOQ
  • [ 編集 ]

二世帯住宅を建てよう

二世帯住宅の検索サイト。間取り図、価格、間取り、プラン、固定資産税など二世帯住宅に関する各種情報をお届けしています。 http://fabricate.portocallrestaurant.com/

  • 2008/09/08(月) 13:11:29 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

水・ソフトドリンク

水・ソフトドリンクを探すなら http://www.bigwatersrealty.com/100316/

  • 2008/10/10(金) 05:34:56 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/87-86c340c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。