火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオン感想34号

所用にてネット環境が無かった事から更新遅れました。申し訳ないです。

『Damons』 手塚治虫 米原秀幸
◆鬱話かと思ったら、ラフェインのイタイ話でした。キャンディの冷静な分析を聞いていていると、いたたまれない気持ちにはなりましたが、なぜか笑ってしまいました。
◆マジシャンとしての成功に力を使わなかったのは幼稚なプライドだと思い。それなのに舞台に上がるために劇場の支配人を操った事を考えるとポリシーの無い小物と決め付けてました。その上で「能力なしの自分を知る事が怖い」というヘイトの分析を読むとプライドの維持ではなくラフェインの必死な足掻きが見えてきて感心させられました。そこまでキャラ立ちしてくれると、ステロタイプの異常者にしか見えなかったラフェインとのやり取りが俄然面白くなってきました。
◆支配人が日常に戻っていると言う事は暗示を解く事はできるんだと気づきました。ずっと暗示はかけっぱなしかと思っていましたが一安心しました。

『元祖!浦安鉄筋家族』 浜岡賢次
◆微妙な『DEATH NOTE』のパロディが少し意外でした。浜岡先生のパロディは直球剛速球と言うイメージがありましたので。でもやっている事は小鉄の単純なまでのバカさが輝いているおなじみの話でしたが。
◆不吉な死の予言を「するに決まってんじゃーん」と笑い飛ばす所と、どう考えても異常な対処案を出して乗り越える小鉄の発想には脱帽です。

『範馬刃牙』 板垣恵介
◆一コマとはいえ久々に貴重な女性キャラがでていました。惜しむらくはマウス顔だった事です。井上さんでも良かったのに。
◆風車を投げて注意を引いた後に前転で転がりながらやってくる。これで時速80㎞追っかけてくるのだったら『地獄先生ぬ〜べ〜』に妖怪として登場できただけにつくづく惜しかったです。
◆瞬殺魔のバキより。ミスター2の方がバトルが面白くなるとは思いますが、ミスター2にアイアンマイケルに対して思い入れがなさそうなので不安ですが。バキ世界の住人は強ければ強いほど人間的に曲がっていきますので、マウスと遊んだ後に面白半分にマイケルを壊してしまいそうです。

『発明軍人イッシン』 阿部秀司
◆「変わった人が好き」と言ってもイッシンは変わっていると言うより人の道を踏み外しているだけです。
◆「ひいおばあちゃんかわいそうに・・・」とか「やっぱりこんなのは違うぜ・・・」と人間として正しい反応をみせる火野玉。そんな孫を自分の楽しみのために外道の道へと引きずり込むイッシンを見ていると涙が止まりません。笑いすぎてしまって。

『さなぎさん』 施川ユウキ
◆「やっぱり」と気づいていながらも、サナギさんの誤った息止め対決に最後までつきあうフユちゃん。「友達は良いもんだ」とチャンピオンに教えられるとは思いませんでした。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆設定上も無口な敏行。イメージどおりと言えども同類の犬にも「喋れ!!」と突っ込まれる様に笑わせていただきました。
◆青鮫と野良犬の戦い。通報した市民も理解不能なものを見せられたと思います。「鮫と犬が暴れている」と言う情報だけで現場に来る警官もすばらしく。警察も花見町は要警戒地域に指定している様子です。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆「緩急をつけるピッチング」対策は万全なデーブ。ショーバンの方は鬼頭監督の手のひらに乗るのを避けるために「緩急をつけるピッチング」を素直に行う事は念頭に無い様子。それを知らないはずだが「緩急をつけるピッチング」以上の「完成形」があると推測し様子見のためにデーブを9番にまわす常城学園監督。三者三様の暗闇の中の手探りでの駆け引きがはじまりました。一番不気味なのは、一人蚊帳の外の鬼頭監督の動向ですが。

『椿ナイトクラブ』 哲弘
◆「ハイスクール水着VS荒縄」サブタイトルだけでは意味がわかりませんでしたが、少年誌の漫画につけるサブタイトルではない事はわかりました。本編を読んでサブタイトルに納得。でも少年誌につけるサブタイトルにしてはステキすぎ。
◆五十六の主張「大きさよりもカタチだもん!!」、今週の『ゾクセイ』を読んだ後に読むと説得力5割増で響きました。でもカタチすら無いのは問題外の様子です。
◆最後のオチのために茜は涅槃に落ちたました。でも最後のオチより気になったのが次号予告の「水着でバトれ、夏は待ってくれない」でした。まだやる気か。

『ナンバMG5』 小沢としお
◆剛が戻ってくるのを待っている部長のさびしげな顔がツボでした。伍代の事も気になりますが、部長を悲しませるのもキツイと思いました。島崎の事はどうでも良いのですが。

『クンクンカムカ』 沼田純
◆滝川クリステルのモノマネが微妙に特徴をつかんでいて良かったです。ダジャレでも対象の名前を言うのはモノマネの基本だと萩本欽一が言っておりました。

『キャンフライ』 山下勲
◆絵柄の特殊さや引っかかる点は一杯ありますが、こんな設定思いついたら、普通読みきりにつかうとかで設定から逃げる事を考えると思いますが、集中連載という状況でぶち上げた勇気に敬意を表します。「戦いはこれからだ」の石川賢エンドでも「くだらねえ」の『ゆび』エンドでも文句は言いません。
◆主人公の善意がヒロインにしか向いていないのと、羽でグーパンチの描写の斬新さには感心しました。

『富山ねじ』 佐藤将
◆ロボットの造形が斬新を越えて、モザイクが必要に思えるほどの危うさが良かったです。
◆人畜無害そうな外国人労働者がなぜか持っている注射器で油を注入するロボット。どう言い訳してもヤク中にしか見えません。すごい綱渡りですどれを理由にして落ちても納得してしまいそうです。何処まで続くかのチキンレースになるとおもいますがすごい楽しみです。
◆一番びっくりしたのは、こんな作品の取材に協力してくれた佐野ネジ製作所の度量の深さでした。

『星のブンガ』 細川雅巳
◆主人公を見守る者の危機に主人公が勇気を振り絞って試練に立ち向かう。見事なほどの王道です。本当に大切に育てていって欲しい作品です。

『涅槃姫みどろ』 大西祥平 中里宣
◆ラグビー部のマネージャーの必須アイテム、ジャージと魔法のやかんのコンボに爆笑。久々のコスプレ路線はインパクトがあります。あのやかんからドーピングよりも問題のありそうな厄い水が出てくると思います。

『いっぽん』 佐藤タカヒロ
◆竜二と橋が強くなっていた事を示して来た様子で、それぞれの相手が五十嵐と春だった事も良かったです。
◆最初の「春殺し」を出した後のの桐山部長の目つきが笑えました。きっと橋もあの目つきでシメ落としたと思います。

『キレルくん』 五島慶彰
◆みんな仲良しになっているのが意外でした。喜多の物欲攻撃に撃沈しただけかもしれませんが。
◆本当にキレルくんがキレずに話が終わりました。キレるネタばかりではなく話の幅が広がった様子で好感触でした。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

住宅建材

住宅建材を探すなら http://www.mizusumashi-net.org/100005/100893/

  • 2008/09/13(土) 02:16:49 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

春菊を美容とエステ

春菊は菊菜とも呼ばれます http://magnesite3.thriftystmartin.com/

  • 2008/10/14(火) 21:57:41 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/82-6ce6e47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。