火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー33号感想

読者プレゼントの各キャラクターと作者のサイン入り野球ボールをみていたら、故ナンシー関が「ポップコーンのサイン入り野球ボール」の贋物という腰砕けしそうなほどに下らないものを作って発表した事を思いだしました。ポップコーンは双子の正一、正二(現在は引退)で結成していた漫才コンビ。たけし軍団に漫才ではなく野球の腕を買われて加入したと言われるほどの野球自慢です。でも「ポップコーンのサイン入り野球ボール」の本物を持っている人は絶対この世に居るとは思いますが。
サイン入りボールはやっぱり野球選手のサインでないとしっくりこない気がしました。

『MAJOR』 満田拓也
◆寿也の家庭だけではなく。吾郎の家庭の問題も噴出。でも、あんな野球バカと野球の腕前で比べられたらつらいとは思いますので同情してしまいますが。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆ジュデュン退場となったときに、ここで感動のお話を一つ入れてくるのかと思ったら、「だって、恥ずかしかったんだもの」と「ああ、そう」のやり取りで終了。清麿劇場はまだまだ続いているので時間がかけられなかった様子です。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆水沼といえば、一時期付いていた師匠が反則が得意のラフファイターだったのを覚えていましたが、こんなところで再浮上してくるとは思いませんでした。
◆先週あれだけ持ち上げた宇喜多が見事にピエロにされてました。きっと後々死にそうになるほどのすごい見せ場が準備されているとは期待していますが。

『結界師』 田辺イエロウ
◆おもいっきり空回りしているポジティブシンキングの「俺たちはやるぜ」を見ていると、柔道部物語の名ゼリフ「俺ってストロングだぜ~」を思い出しました。こちらのほうがバカっぽくて大好きです。
◆邪煉との決着はつかず。本編と平行して少しずつ進めていくのでしょうか。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆動物雑学ものと訳のわからない企画ものとの割合が逆転しています。「半年後の結果」というまえに「明日はどっちだ」という感じです。一回何か問題を起こしてペナルティでも食らわないとこの流れは止まらないのでしょうか。

『MAJOR』 満田拓也
◆また唯くんの手のひらで踊らされるだけの犠牲者がでました。安東がそのままかませで終わるかそれ以降の登場があるかはわかりませんが不幸になる事は間違いないと思います。
◆トラもナリアもこれを機会にサッカー部の一員になってくれると面白いのですが。

『妖逆門』 田村光久
◆単純なルールだけに内容も単純に終わりました。先週が参加者の顔見世と言うでしたので、今回は他の妖怪の顔見世になる様子です。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆伸之助の苛立ちもわかりますし最後のコマの黒さも良いのですが、基本的にみんな良い人なので邪悪さが足りない気がします。チャンピオンの某野球漫画に毒されすぎてしまってます。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆ハヤテと同じく不幸がデフォルトになっている西沢さん。幸せに戸惑って逃げ出したが、結局隠れて様子を見ていたところが良かったです。
◆新キャラの悪の女王アーたん。後姿の凛々しさもすばらしいが高速の前蹴りもすばらしかったです。お嬢様のようではあるようですが、このポテンシャルなら三千院家のでたらめな財力にも太刀打ちできそうです。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆三俣・桐崎との戦いに決着が付きました。長かった印象はありましたが、桐崎の心象描写に決着がついた事と大ゴマを利用してのクライマックスを盛り上げたところで「終わりよければすべて良し」をおもいました。まとめて読んだらさらに印象深くなるとは思いますが。
◆来週はセンターカラーとの事。試合が終わった直後のなので何処に盛り上げを持ってくるのか。気になります。

『あいこら』 井上和郎
◆「渋沢流亀甲縛術」大仰に言っても変態技は変態技です。
◆全裸でもカッコいい渋沢。一流の変態へのレベルはかなり高い様子です。

『クロスゲーム』 あだち充
◆良い話だと感動しながらも怪談話として成立しているので、感心していたら最後のオチでひっくり返されました。作者の落語好きを忘れておりました。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆カラーページのネタですが。現在進行の話とはつながらないので単行本にはおさまらない気がします。オマケページ扱いになるとは思いますが。
◆末摘まで、カマトトぶっていたのには意外でした。ドサグサにまぎれて本人の目の前で蕾見管理官をこき下ろすところの根性の悪さは大好きです。
◆皆本がポイントごとに蕾見に悪意のこもった突っ込みを入れていたのが面白かったです。最後の「ガキばっか見てられるかー」は、今週突っ込みすぎて本音が一秒で出てきてしまうようになった為だと思います。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆「教育的指導」に関しての流星くんの不信感が増している様子。また実況や審判の描写を見ていると作者も煽っているのが見受けられます。連載開始時の表紙では流星くんはオープンフィンガーのグローブをしていた記憶がありますが、柔道ではなく最終的には総合格闘技に流れてゆくのでしょうか。
◆真弓さんの描写は狙いすぎだと思いました。こちらは作者の思い通りに引き摺られてゆくしかないのですが。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆「治癒能力」と言いながら崖の一部分を吹っ飛ばしているアイビス。僧侶ではなく魔法使いの様子です。
◆田舎の一本道を3人並んで歩いている絵に和んでしまいました。田舎のバス停も良い雰囲気です。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

ペット・ペットグッズ

ペット・ペットグッズを探すなら http://www.mladickrealty.com/101213/

  • 2008/09/13(土) 16:32:01 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

ラズベリーリーフをダイエットに活用する

ラズベリーリーフはキイチゴの一種であるラズベリーの葉を利用したハーブです http://hacksaw.victoriaclippermagazine.com/

  • 2008/10/15(水) 11:16:38 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/81-a74187a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。