火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ感想13号

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆カクの能力はゾオン系キリン。今週は嵐脚の威力をアピールしていたがキリンの長い脚が嵐脚にとって有利か不利か気になる。
◆アラバスタ編のMr.4とミス・メリークリスマス戦の時のようにウソップは一対一で戦うより誰かと組んでのサポート役が似合と思うのでゾロとのコンビでの展開は期待したい。

『BLEACH』 久保帯人
◆オーラーを出して立っていればみんなすごむと思っているんでしょうね。
◆「仮面の軍勢」全員集合の見開きも一護に押されてで仕方なく全員で押さえにかかるっているのならわかるが全員余裕の表情のため「かっこつけたいのでとりあえず一護踏んどこうか」という意図にしか見えない。

『NARUTO』 岸本斉史
◆裏切りキャラとしてはカブトがいるのでサイの裏切りはやっと話が進むのかの合図にしか見えない。もう少しバトルを端折ってもいいのではないでしょか。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆小細工などせず正攻法で相手を叩き潰すそうとする神龍寺。一休がその能力の高さを見せ付けると同時に来週は本命の阿含の登場。息つく暇もない展開に余念がありません。
◆雪光は変わりすぎではないでしょうか。おでこが光っていないだけであんなにもかっこよくなるのでしょうか。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆意外と人望のあるところが見れるゴリョー。燃やされながらも「五領様万歳」と叫ぶのは異常すぎではないでしょうか。
◆金魔法律家のトーマスが魔法律学校の元教師とは魔法律協会は一回崩壊した方がよいのでは警察の対応を見ると魔法律家の社会的認知度も低そうな様子ですし。

『魔人探偵脳ネウロ』 松井優征
◆「怪盗サイ」の盗は「盗人」でも「盗賊」でもなく「強盗」の「盗」とは松井先生は奇妙な画風に惑わされがちだがこのような言葉遊びも上手い。
◆マンボウのおすしも唐突だったので受けてしまいました。何事も食欲に結びつける弥子はネウロよりも異常なキャラに見える。

『ツギハギ流行作家』 西公平
◆ヒルが気持ち悪かったです。その上ヒルに愛情が芽生えた挙句にピンチを脱するためにそのヒルをつぶして目潰し代わりにいったいどんな主人公だと思った。
◆編集に「可愛がってたんじゃないのか」しっかり突っ込ませていたのでこの作品を嫌いになることができないです。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆『世界〈ザ・ワールド〉』発動までの一連の流れに負けました。本当にJOJOを読んでいない読書を置いてけぼりにする姿勢は潔すぎです。

『みえるひと』 岩代俊明
◆今週センターカラーしかも大増ページ今まで掲載順位が死線をさまよっていたのがうそのようです。
◆霊である以上、キジノハとガクには死亡という事実が前提としてありますが、このエピソード見たいような見たくないような複雑な心境です。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/8-4c4c6207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。