火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオン27号感想

リンクを一件追加いたしました。

人面犬の秋田的ゆらゆら生活

チャンピオン感想を中心にされている人面犬さんのサイトです。
嬉しかったのは『おはようKジロー』を好きな作品に上げていた事です。
私は『プロ野球編』が始まる前の水島先生は大好きでした。でも『虹を呼ぶ男』はなかった事にして欲しいのですが。

こちらは「週の始まりは土曜日」でお願いします。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆若菜と敏行のコンビが登場。「ペットではなく家族」と言い切っていますが若菜は敏行を本当に都合よく利用しようとします。本当は腹黒ではないのしょうか。
◆一コマも持たずに頭をかじられるカンナの絵。すばらしく味が出ていました口を開けっ放しのカンナが特に。「新参者が俺に敵うか」という敏行のリアルファイト宣言のような気がしました。
◆最後に男としてのけじめをつける甲斐。こちらの期待を裏切らないいいキャラです。

『元祖!浦安鉄筋家族』 浜岡賢次
◆大鉄は本当にあんな客まじめに相手しているのかと疑問を感じつつも本当に嫌な客ばかり乗ってきていました。だからこそタクシーなのに後部座席が強制排出出来るようにしているのかも。

『範馬刃牙』 板垣恵介
◆何かいらない層を刺激しそうな大統領の描写。住んでいる地域柄アメリカ軍の意識なんてこんなレベルなんだよなと実感させられますが。
◆当初はオリバーかバキのかませ犬になるとおもっていた。ミスター2の出番が止まらなくなっています。板垣先生は勇次郎の敗北がまとまるまで話を進めない様子。でも今のバキが勇次郎に勝てるようになるにはあと百年はかかりそうです。秋田書店はそれまで持ちこたえられるのでしょうか。

『さなぎさん』 瀬川ユウキ
◆最後のコマの3人でもらい泣き。今までももらい泣きでシメた話しはいくつかありましたが、3人そろっては初めてではないでしょうか。かなり印象深く残りました。

『ナンバMG5』 小沢としお
◆バイオレンスあふれる展開のため、ハワイでの思い出話は「パイ」と「おっさん」しかだせない剛。でも一般人で居続けたいと思っている剛にはこんな平穏な学園生活が幸せなんだろうなと思いました。

『みつどもえ』 桜井のりお
◆巨乳にこだわる野田校長。レイアウトにもこだわりがあるようす。歴代校長の額縁しかも女性校長の下にあの絵を並べるとはマニア恐るべしでしょう。
◆「減るもんじゃあるまいし」力説する男子生徒の描写が変態を通り越して性犯罪者になっておりました。

『Damons』 手塚治虫 米原秀幸
◆同じ境遇に落ちても悲しいぐらいに分かり合えないヘイトとジェスト。結局は互いの異常者としての力を出し切った総力戦が開始され、飛び道具というアドバンテージを保持したジェストが一歩リードの様子。来週で決着がつくのか長期戦になるのかは不明ですが、だらだらとした引き延ばしにはならないとは思いますので安心して読んでいられます。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆鬼頭監督がショーバンを追い詰めてゆきます。特に顔半分のアップのコマは教育者ではなく単純に鬼です。そしてショーバンも監督の手のひらで踊り始めたました。ここまでやっているのに老洗中が未だに蚊帳の外扱いされているのがまた怖いです。

『星のブンガ』 細川雅巳
◆主人公不在で始まった新章ですがかなり面白くなってきています。特に裸で抱き合って高速回転するマッチョ達が。

『涅槃姫みどろ』 大西祥平 中里宣
◆おもいっきり不吉な外観のお守りはネタとして良くみますので新鮮味はあまりなかったのですが、みどろさんコスプレショーが面白かったです。手術着は絶対に趣味だと思います。
◆こういったネタ的なところだけ強調されると話しのテンションが落ちてくるので考え物ではありますが。

『24のひとみ』 倉島圭
◆本気で人の恋路を邪魔しにかかるひとみ先生ですが、今回は最後の詰めで敗北。いつもの百戦錬磨っぷりが嘘のようです。

『キレルくん』 五島慶彰
◆オープニングのナレーションの「学園の年中行事の一つである(ちなみに年7回行われる)」に爆笑。7回もこんな行事やるのか。キレルくんを抑止力代わりにおいているだけあって校名に恥じない闘争心っぷりです。

『番長連合』 阿部秀司
◆大団円にふさわしく主要キャラ再登場で心境を語ってシメ。けれんなく終わったのがこの作品らしくて良かったです。でも準備予定の新連載が『番長連合(政界編)』とかではないですよね。

『蹴人 シュート』 山根和俊
◆最初からまとめられた読み切りと思って読み直したら楽しめる作品でした。これで終わって欲しくないので復帰を願います。ジャンプよりはチャンピオンの方が良いと思いますし。

『いっぽん』 佐藤タカヒロ
◆藤堂の人間的な成長も面白かったのですが、最後に淳が全部持ってゆきました。「んっ?」の一言が完全に相手の発言を封じていて怖かったです。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

二級建築士

二級建築士とは、延べ面積500平方メートル以下の建築物の設計、工事管理などの業務を行う建築技術者として認められる国土交通省認定の国家資格 http://remedy.markjacobsesq.com/

  • 2008/11/04(火) 00:08:28 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/57-b9345805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。