火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー23号感想

やっと入荷されておりました。かなり遅れてしまいましたがよろしくお願いします。明日チャンピオンがちゃんと入荷されている事を祈りながら。

『クロスゲーム』 あだち充
◆ベテランの余裕でしょうか、本当に丁寧に話を進めているのが読み取れます。東の力量を力強く見せつけながらも光の心が折れるところや動揺が見られず。読んでいるこちら側の心情もゆっくりとしか動いていないのに気づかされました。鬼のように時間をかけて話を進めてきた結果だと思います。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆ゼオンを前に闘志を漲らせた目のガッシュがカッコいい主人公はこうでないといけません。とか思いつつも冷静にロデュウとジュデュンを使い捨てにしそうなゼオンも冷酷な感じでまさしくボスキャラと呼ぶに相応しいです。
◆一番弱いところとしてキンチョメが狙われる様子ですが、そろそろクライマックスに向けて主要キャラの退場も近づいているのでしょうか。

『MAJOR』 満田拓也
◆寿也の妹の件。本当にこんな話あったかなと思いつつも話自体がさかのぼる気にもなれないほど膨大なため確認しておりません。しかし、そんな欝話ぐらい『MAJOR』だったらあってもおかしくないなと一人で勝手に納得してしまいました。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆ケンイチへの虐待が知らない間に爽やかな朝の風景にされていますが、武田と志場も加わって一瞬のうちに物騒な暑苦しい情景に一転しました。よくこの付近の人達は警察に相談しないもんだと思います。
◆地下格闘上での賞金稼ぎ。梁山泊の資金源を考えたらそのような場所とつながりがあってもおかしくないですし、実力差がありすぎて試合が組めないのもで結局稼ぎにならない点も納得してしまいました。
◆YOMIの女子プロレスラー登場。「まぐれ」と謙遜していますが周囲の様子をみたら言葉どおりに受け取れないのですが。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆高倉により「女房役を選び間違えた」と指摘がはいりましたが。それをひっくり返すようにマサハルに向けたキタローの「信じている」の台詞。技術や戦略よりもバッテリーの信頼関係が試合を作ることを示していてステキでした。高倉と兵藤は肝心なところで足を引っ張り合って自滅しそうですし、というかして欲しい。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆お父さんの人生哲学が炸裂。正論でもあり流星君の父親らしい発言です。純粋すぎる流星君も問題がありすぎるのですが。
◆壊し屋まで登場してくると町道場の試合のレベルではない話しになってきますが、この調子で進めて言って話のバランスは取れるのでしょうか気になります。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆今回、監修に弁護士をつけている様子で本格的に無料診療の問題を取り上げるつもりでしょか。人道的に考えれば無料診療も致し方ないのと取るかもしれませんが、それが一番大事ととるのは間違っています。どんなに好意的に見てもそれは最後の選択肢でしかないはずです。またその善意に不当にのっかかろうとする人がいるのも事実(動物病院に子供だけで訪ねさせるように仕向ける親がいるとの話しも聞きます)ですので平波学部長の発言は切実です。
 この話のどこに落とし所をつけるのか予想も出来ませんし不用意な発言も出来ないので様子見です。

『妖逆門』 田村光久
◆最凶というには小物すぎますが、やっとこの作品にも根性の悪いぷれいやーが出てきてくれました。話にメリハリをつけるためにはこんなキャラも必要ですし。
◆消しゴム版画家の故ナンシー関はどんな人間にもあるのに下まつげを入れると殆どの似顔絵がダメになると言っていました。下まつげを加えると顔つきにいやらしさがにじみ出てくるというのがその理由でした。そう考えるとミックの下まつげはよく出来た描写です。ちなみにそんな彼女が下まつげが重要なポイントになる有名人としてあげたのが柴田勲(巨人軍選手としてよりは『夜の四番打者』の異名で有名。個人的にはポーカー賭博による逮捕後の謝罪会見でトランプ柄のセーターを着て出てきた無鉄砲ぶりがステキでした)。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆トニオコーチの車に無自覚に思いっきりボールをぶつける白川君。彼も流星君同様の周りの空気を読まない天然の様子です。
◆Jrユースの解散。こんなに早く危機が来るとは思っても見ませんでした。でも前だけしか見ていない主人公には好感が持てます。ひきづられる2人は迷惑かもしれませんが。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆コスプレ女子高生(地丹メガネのオプション付き)のマリアさんを「変な格好」と一刀両断するハヤテ。ハヤテの憧れの人というポジションでヒエラルキー(階級闘争)の頂点に君臨していたはずのマリアさんのこの落ちっぷりはいったいどうしたことでしょうか。本音を言うとそこが面白いのでしょうがないのですが。
◆最後のコマを見ていると、ハヤテ達が帰る頃には三千院家が炎に包まれていないか心配です。

『結界師』 田辺イエロウ
◆黒芒楼の本格的な崩壊。白と姫との最後の描写がもの悲しかったです。でもいい締めにはなったかと思います。
◆最後のところで年の功を見せ付けた。繁守と時子。松戸さんと言いこの作品は年寄りが本当に元気です。
◆最後のコマを見ていると時音と影宮さんの良守をめぐる三角関係の始まりかと勘違いしてしまいそうです。本当にそうなっても一向に構わないのですが。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆流石はフィギュアのコーチだけ合って獅門さん背筋が張っていて後姿が決まっております(でも肩にオウム)。言っていることは一理ありますので否定も肯定も出来ないかと思いますが、話しとしては燃え上がる2人のために準備された障害という事で一つ。
◆『トゥーランドット』の解説に登場してきた姫様の描写が「ツンデレ」に見えるんですが、今回の曲の解釈のテーマはここになるのでしょうか。
◆獅門コーチの言葉を象徴するペアとして三俣と桐崎ペアが出てきました。このペアとの勝負が今回のテーマへの解答という事だと思います。
訂正しました(2006/05/18)

『あいこら』 井上和郎
◆前回のダイレクトなエロ語ではなく。今回は妄想を加えることでの勝負になりました。ハチベエは本当に創意工夫を惜しまない良い変態です。
◆ダイレクトに反応(暴力?)があるので桐乃との話しがやっぱり一番面白いです。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆上半身や下半身がばらばらでコミカルに動いているのを見ると『ドラえもん』の良質なパロディを見ているような感じになります。
◆賢木は単純なヘタレかと思いきや医者である点を悪用した麻酔攻撃。純粋に恐ろしく見えるのですが。大丈夫でしょうか。

おまけ

 今週の『あいこら』の表紙の元ねた。かなり渋めです。


ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

スポンサーサイト

コメント

30代,40代で転職して警察官

警察官は、公務員として市民の安全な生活を守る http://ladylike4.rcrane4law.com/

  • 2008/11/16(日) 18:18:59 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/47-aa320eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。