火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハヤテのごとく』1~6巻 畑健二郎



本日、GW明けの流通事情の為かサンデー23号が並んでおらず。入手できませんでした。代わりに『ハヤテのごとく』の感想をサンデーつながりという事で書かせて頂きます。サンデー23号の感想は入荷してからにします。
 個人的な話からはいるのですが、小学校に入る前と低学年時に長期入院をしておりそこら中に誰が買ったのかもわからない漫画雑誌が散らばっている状況でした。そのため初めて名前を覚えた漫画家が「どおくまん」(記憶力があやふやな子供でも絵で作者が判断できる濃さでした)であり『熱笑!!花沢高校』と『暴力大将』の最終回を50音を覚えるよりも先にリアルタイムで読んでいる間違った幼児教育を受けてしまいました。
 そのため漫画に関してはまわりの同世代に比べると異常に趣味が古く、漫画は濃いほど面白い(出発点から間違っています)と信じているそんな人間でしたが「ハヤテのごとく」には負けてしまいました。
 久米田先生のアシスタントという。先入観で下駄を履かせて途中(ムシキングの話)から読み始めたのですが、そのような事を忘れるほど構成がすばらしく基本的に1話完結のエピソードを重ねながら大きなストーリを作中カレンダーにあわせて進めて行く展開(「眠狂四郎方式」と勝手に名づけてます)に感心してしまい。また作者の愛情に満ちた計算で作成されたキャラ達が全員それぞれ人として曲がっているので単純に不快なキャラが出てこず読後感も清々しく読みやす印象が強いです。それと雪路先生のダメっぷりは最高です。伊澄のゆがみはすごい気になります。
 あと西沢さんとヒナギクの友情とか読んでいると、このような恋愛要素がからんだ漫画を今までちゃんと読んだ事がなかっただけにすごい新鮮に感じられます。西沢さんの報われない普通振りが好きなんですが、彼女の幸せはあるのでしょうか?星に祈ってしまいます。
 小ネタ自体もアクセントが利いていて知らなくても問題ないが知っていると何倍も楽しめる仕様になっているのが、作者のストーリ展開の上手さを感じて感心させられます。「複線ドリフト」の元ネタを知人に教えてもらったときには爆笑してしまいました。
 もし『ハヤテのごとく』が作者の予定通りの最終回を迎えられたとしても、次作、三作とキャリアをつめる作家になって欲しいです。

追伸 
サンデーがなかったので『アサヒ芸能』を立ち読みしていたらどおくまんの『なにわ遊侠伝』が短期集中連載で復活してましたが、相変わらずのどおくまんで嬉しかったです。



ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/46-2c30bbda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。