火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ感想23号

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆魔法よりもすごい主人公の暴力に惹かれました。一般人の腕力でボコボコにされる小憎らしい魔法使い達。新鮮な爽快感がありました。
◆パンチラせずに寸止めであおるプロの技術に感心させられます。制服のニーソックスも反則すれすれです。そんな制服の学校が現実にあったら引いてしまいますが。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆スパンダムの小物ぶりが目に余る展開でした。バスターコール発動のきっかけがこんなものでは、それをを避けようと行動していたロビンの気持ちを作者自身がいつもののりで踏みにじっている気がしました。『ツギハギ』ようなは最初から狂っている馬鹿漫画はならともかく。少年漫画の王道を自負している作品がこんな展開とは残念です。

『NARUTO』 岸本斉史
◆最後のサイのコマが人間的な感情が出ていて好みですが、ナルト達の思考は逆の方向に進んでしまいました。
◆当初からサイを胡散臭い感情の見えないキャラとして描いてきたのでこの展開は納得できますが、ただ今まで冗長に話を進めてきたため、前号からサイの感情が動き出してきている様子が描かれてきても何か薄いものを感じます。サイの決心は本当であって欲しいのですが、本当に心からの感情なのかまだ疑ってしまいます。

『DEATH NOTE』 大場つぐみ 小畑健
◆神を目指していた男が挫折の果てに残した最後の言葉が「ちくしょう」。自分の野望のため幾多の人を殺し、後ろを見ずに進み続け、まだ先に登りつめる舞台があると信じてきた男の最後にふさわしい言葉でした。
◆逆転の方法として目の取引をすればいいのかなと思いましたが、先があると思う男が目の取引など検討自体するわけがない事を忘れてました。
◆来週で一応の完結を見る様子です。月亡き後の世界(現実の世界)で終わるのか、それとも月のいる世界(死後の世界)で終わるのかはわかりませんがこの作品にふさわしい終幕を期待します。

『BLEACH』 久保帯人
◆お気に入りだからといってまだ織姫を使う先生のオサレ心に完敗です。明らかにお気に入りとして鳴り物入りで登場させたキャラを飽きたからと直ぐにぶっ壊す板垣先生も見習って欲しいです。アライJrや範海王は恵まれなさ過ぎです。

『銀魂』 空知英秋
◆証拠隠滅した後で、沖田の敵討ちを無理やりテンションを上げて誓う新八。この状況を誤魔化すためには無駄にテンションあげて沖田への注目をそらすしか選択肢がありません。
◆常識の範囲外の勝負を表す例えが「デザートにマヨネーズ」それは単純に味覚もしくは脳味噌がおかしいですよと宣言しているだけです。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』 秋本治
◆面白かった頃の『こち亀』の実験漫画シリーズで展開されていた「下段にシナリオ掲載」や「雪上の透明人間」など手抜きと取られるかギリギリのところでの勝負がとても楽しかったのですが。今回のようにあきらかに「手抜きです」と開き直られしかもGW明けの掲載号でこのような仕打ちを受けると悲しくなってきました。
◆秋本先生は尊敬するさいとうたかを先生のように脚本家も監修者も雇って作者本人が死んでも『こち亀』が続くような体制を早く作って下さい。ジャンプにあるだけで何が描かれていてもかまわない作品なのですからそれを存分に生かすべきです。

『謎の村雨くん』 いとうみきお
◆青葉さんに対する負い目から、目立ちたくはないけど能力を出さざるおえない村雨君。かなりいい設定でした。
◆オヤジのキャラはだんだん濃ゆくなる上にひどくなってきました。すごいステキなキャラなのですが喜んでいるのは自分だけでしょうか。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆塁審ボブがすでにネタ元からはみ出しています。それは単純にオヤジギャグです。
◆「おっぱいスゴクね?」せっかく採取してきたエロ本にこんな感想しか吐けない小学生には正しい教育が必要と判断したいとり先生は圧倒的に正しいです。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆変態トーマスさん撃沈。過去のトラウマとかそんな間抜けなものではなく最初から頭がおかしかったトーマスさんは偉大な変態でした。最後のセリフも「箱舟ばんざ・・・」月とは違う意味でステキでした。
◆エンチューの居場所をたずねる絶好の機会を無視して、トーマスを地獄に送ったムヒョもカッコ良かったです。理屈や理論よりも感情で動いたほうが面白い場合も一杯ある事を思い直させていただきました。

『魔人探偵脳ネウロ』 松井優征
◆弱体化の伏線はまったく意味がなかったと言う非常にこの作品らしい落ちがついた上で結局はネウロの圧勝でした。
◆面白かったのは圧倒的なネウロの力を見せ付けると同時にそんなネウロを満足させることができるのは人間の進化への可能性だと示唆してきた点です。そうする事でXや弥子がさらに上に上ってゆくことが出来ることを如実に示してきた気がします。この作品が燃え尽きるのはまだ先のようです。

『ツギハギ流行作家』 西公平
◆何の伏線もなしに「食人島」というアイディアを放り込まれてしまいましたが、数ページで終わり。読むこちら側の頭がおかしい上にストーリに何の思い入れも愛情もないからこそ、この展開がまったく気にならないのですが、まじめな人には本当に噴飯ものの作品なんだろうなと強く感じてしまいました。
◆「ケダモノ見たいな目でこいつを見るな」本当にこの主人公の狂いぶりはツボに来ます。ステキです。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

ボディケア

ボディケアを探すなら http://www.mladickrealty.com/100939/100960/

  • 2008/11/19(水) 00:05:40 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/45-88ed5dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。