火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『囚人狂時代』 見沢知廉



 見沢知廉、右翼団体幹部として英国大使館火炎瓶ゲリラ及びスパイ粛清事件による殺人で逮捕され懲役12年の刑により千葉刑務所に収監。獄中にて投稿した小説『天皇ごっこ』が新日本文学賞を受賞。釈放後も小説やコラムなど執筆活動を続けるが2005年9月7日、自宅マンション8階から発作的に飛び降り死亡。
 そんな作者の千葉刑務所12年間の刑務所生活を描いた体験記が『囚人狂時代』です。基本的に作者の政治的思想には無関心で単純に当時の話題の本のひとつとして読んでみましたが最初に起き上がった感情は爆笑でした。獄中生活の悲惨さや社会復帰に対する考察とかではなく心からの爆笑。純粋にノンフィクションのたちの悪さをここまで感じさせてくれる作品に出会った喜びで一杯でした。
 安部譲二花輪和一などの獄中体験記はありましたが3年などの短期囚がほとんどの府中刑務所とは違い、受刑者の8割が殺人罪で残りも連続放火や強盗など関東中の凶悪犯が集まってくる千葉刑務所が舞台です。出てくる囚人のほとんどが波乱万丈な過去や経歴を持つばかりではなく。社会的に問題になった事件の加害者も登場するまさしくオールスターキャストによる悲喜劇が展開されます。
 妻を保険金狙いで殺した殺人犯ではあるが青山学院大学卒で紳士然としたインテリの<青学>が、強姦殺人で服役中の<クマ>に算数を教えているが一向に埒があかなくなり、JOJOのナランチャに対するフーゴのようにキレまくるエピソードの異常さ。両親を金属バットで撲殺しワイドショーで「金属バット殺人事件」として話題になった青年が本当に野球好きで運動時間の際に金属バットで素振りをしているだけで並み居る凶悪犯どもがビビリ出した話など爆笑している自分の頭を疑うよな話が佃煮に出来るほど出てきます。
 もちろん刑務所内のエピソードゆえに刑務所内で冤罪を訴え続けた『狭山事件』の受刑者や『新宿西口バス放火事件』の犯人で獄死した丸山博文などペーソスにあふれるものもあるが、それらを吹き飛ばすほどに囚人たちの描写が立っています。これは作者の視点が批判とかヒューマニズムとかの見地ではなく、純粋に好奇心にあふれる世俗的な視点で獄中の生活を見てきた事からくるものだと思います。八王子医療刑務所の盆踊り大会の様子など本当に貴重なものを読ませていただきました。
 最後ですが、この作品に関して作者自体の殺人という罪に対しての言及がされてないことに不満を覚える意見もあります。この問題がこの作品のテーマにそぐわない部分がある事とその問題は作者自身でも触れられない心の闇の部分だったのかも知れません。結局作者は拘禁症による精神の病を引き釣り社会復帰することなくこの世を去りました。作者自身の償いは終わったのかどうかもまったくわかりませんが、ただ一つだけ作者のいくつかの著作の中に何度も登場し作者を支え続けてきたお母様の心の平静と幸せだけは祈りたいと思います。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。


スポンサーサイト

コメント

イカでダイエットを考える

イカ100g中に含まれる栄養素は、タウリン/766mg、DHA/152mgです http://proud.crosstudio.net/

  • 2008/11/21(金) 01:02:14 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/44-02192118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。