火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ12号の感想

『魔人探偵脳嚙ネウロ』 松井優征
◆役所前のモニュメント異様な芸術品が現れると期待していたのに「赤い箱」の壁とは少々残念。普通の漫画から考えれば十分異常なんですが。
◆サイはかっこよく描かれないといけないとは思うが変態化してくれないのかなと期待してしまう。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆今回のバトルのルール説明も終わり。収束に向けての対決が始まりだしました。何だかんだいってもゾロの戦いは毎回見ごたえがあるのでじっくり見せてほしい。Tボーン大佐との海列車での一瞬の斬り合いも好きでしたけど。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆日常の描写では阿含が憎らしくて仕方ないが試合描写に入ると魅力的に見えてきた。改心などはして欲しくないが筋の通った悪役として立ちふさがって欲しい。
◆マモリを前にして照れる一休にたいして、コマのすみから冷静な突込みを入れる神龍寺ナーガの監督もいい味をだしてます。

『NARUTO』 岸本斉史
◆大蛇丸が強い。児雷也や綱手よりもはるかに強く見える。土の中に体の一部分を埋めてその部分からの不意打ちは幾つか読んで来たけど、首が気持ち悪いぐらいに伸びてきているたのは初めて。

『ツギハギ流行作家』 西公平
◆あくの強い作家には、有能だけど人間としておかしい編集者のコンビ。虚偽の報告どころか締切破りも許されないのでしょう。
◆余談ですが、実際の作家の原稿遅れの言い訳として尾崎一雄の「梅干しも漬けずに頑張ったんだが」があります。筒井康隆の「乱調文学大辞典」で紹介されており「梅干しをつけるのが本業のような言い方」と突っ込まれてました。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆「バカップル」や「うざたくん」は本当に神経を逆なでしてくるほどに不快。気持ち悪いほどアクが強いの分だけみいってしまう。
◆「ツンエロ委員長」とは画風から読者サービスには見えず委員長も実際にはえろく描かれてないけどすごくありがたく見えてしまう。

『DEATH NOTE』 大場つぐみ 小畑健
◆ニア対月の一対一の対決を要してきた。Lの時ほどの燃え上がりはないけどメロがどこまで話をかく乱させてくれるのか楽しみ。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆無意識のうちにエビスを頼っていたゴリョーとエビスの善人化を見ていると、ジャンプの三大原則の『友情』のフラグがたちました。安易かなとは思うがエビスは唯一ロージーと対等の付き合える同姓(?)だから仲間になって欲しい。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆読んでて楽しいんだけど小ネタが引っかかってもどかしい。巻末あおりの「この漫画で…そう簡単にホイホイと卒業できると思うなァー」の元ネタがわからない。これから検索してきます。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/4-f8091086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。