火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画】『武装錬金』感想というよりは終了に関して思ったこと



『武装錬金 10巻』昨日9日に内地に遅れること5日目にやっと書店に並びました。書下ろしなどのネタばれ情報もすでに出回っていましたので、期待と不安が半々の状態で入手しましたが、書き下ろしの「アフター」は「ピリオド」で完結した流れを崩さずにコメディパートを中心にしたあくまでも「おまけ」的な作品で伏線回収を中心にしており好感を持って読み終える事ができました。これでこの作品が完全に終わってしまうのはさびしいのですが和月先生本当にお疲れ様でした。
◆和月先生と言えばハッピーエンド至上主義者といわれておりますが、『るろうに剣心』の人誅編にて神谷薫の生死の二択を迫られた際に「明るいハッピーエンド」にするためには剣心の幸せは不可欠との判断から生存を取った事から来ているかと思われます。
◆この判断に関して賛否分かれておりますが、ハッピーエンドを前提にすればこの判断は間違っておらず。薫を死亡させたとしてもハッピーエンドには持っていけるかと思いますが、その場合には「雪代巴との追憶編」に当たる話を薫バージョンでやり直さなければならない事から現実的には不可能かと思ったからです。
◆薫の生存に反感を持った人がいるのは事実です。理由は人それぞれありますので特定も断言もできませんが、自分なりの解釈としてはハッピーエンドは物語の総合的な質を下げると取られる事があります特に無理やりまとめ上げたハッピーエンドは特にそうです。薫の生存の選択にその気配を感じそれが作者への不信感となって現れたかと思われます。
◆武装錬金のラストはホムンクルスと錬金戦団とのなあなあ的な和解などで物語が甘くなった気がしましたが、カズキと斗貴子が共に日常の世界を生きてゆく事で閉めたラストのコマを見た時に、作者の意思でハッピーエンドを選んだ事が感じられその態度はすばらしいと思いますので敬意を表します。

『BLEACH』はここをオサレでごまかそうとしているのがミエミエなのに作中でかい口をたたくのでラストに関しては信頼しておりません。

◆ハッピーエンド、アンハッピーエンドどちらでも閉めるかは作者の判断でありますが、どちらかに偏るのも問題ではあります。
◆実際にハッピーエンドが書けない作家は何人かおりました。代表的なところではSF作家の平井和正の初期の頃です「ハッピーエンドは物語の死」と定義づけ後味の悪い絶望的なラストが多い人でしたが、硬質で読み応えのある物語を書き続けておりました。しかし、この方法どう見ても精神衛生上よくなさそうで、平井先生は『幻魔大戦』執筆中に宗教にはしり(後に脱退)、さらに『アダルトウルフガイシリーズ』の主人公『犬神明』を自称する実在する人物の訪問を受けそれを真に受けて『リアル犬神明』としてエッセイで持ち上げるほどになってしまいました。その時期の先生を思うと「昔はあんなにすごかったのに・・・」と微妙な気分にさせてくれます。
◆もう1人は梶原一騎です。自分に野球を叩き込んだ父親と、共にバッテリを組んでいた親友がラスボスとして登場し選手生命が絶たれるほどの激戦を最後に完結した『巨人の星』。社会を憎む孤児から、かっての自分と同じ境遇の「ちびっこハウス」の孤児達のために最強のレスラーを目標として掲げ、ついに世界タイトルマッチにこぎつけたところで、試合当日に車に轢かれそうになった子供をかばって死んだ『タイガーマスク』の伊達直人。梶原一騎の「死ぬときはたとえドブの中でも前のめりに死にたい」の美学に殉じ最後まで戦い続けた男達のドラマとして最高のラストではあります。ちなみに右投げの選手として星飛雄馬が復活する『新巨人の星』や、「ちびっこハウス」の孤児がタイガーマスクを引き継ぎアラブの石油王とデスマッチを行う『タイガーマスク二世』は自分の中ではなかった事にしております。

◆上記二人は偏りすぎの所があり、ベクトルは違いますが和月先生これからも大丈夫かな?と思っておりましたが『武装錬金10巻』のライナーノートの中で読みきりの『エンバーミング』にて「ハッピーエンドは難しくてもベターエンド」と言葉を残しておりましたのでひとまず安心はしております。次回作、和月先生がどのようなエンディングを持ってくるのか、ハッピーエンドでもそうでなくても自分の表現欲と読者の思いを組んだものを提供してくれることを期待したいと思います。



ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/32-0ca4ff6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。