火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー17号感想

『結界師』 田辺イエロウ
◆自分の楽しみのために良守を挑発する火黒。でも我慢できずに「壊しちゃおうモード」発生。良守、圧倒的に不利な状況を新たな結界術で撥ね返して次週に続く。巻頭カラーゆえに一番盛り上がる展開と一見さんを見越した上で考えた構成だと思いますがすごく練られていてすばらしかったです
◆新たな結界術ですが前に正守が使用していたので認識はあったのこの場で出してくるとは思わなかったです。でも結界術は立方体や直方体などのポリゴン加工の方が気分は出るのですが。
◆おまけの『単行本結界師』の広告に手書きで「平介オススメ」とあったのには笑わせていただきました。松戸さんは自分の下の名前を使うような事は似合わないと思いましたので。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆キース様の本が燃えてしまっているので、勝負ありになってしまいました。
◆最後の力を振り絞るキース様ですが、復活イベントというよりはフォワードの力を得た代償が起こる可能性が高く最後はキース様が純粋なヘタレで終わってしまわないか不安です。

『MAJOR』 満田拓也
◆現実のWBCがあったとしても緊急な差し替えや路線変更はないはずなので、今回のスモールベースボールに立ち返るという流れは準備されていたのでしょうが、吾郎の原点であるギブソンはそのスモールベースボールに嫌気を刺していた記憶があるのですが・・・。
◆『MAJOR』連載当初は、日本の野球にはおさまらずにメジャーに向う主人公を描くはずが、あれよあれよというまに現実のメジャーリーガーが誕生し挙句の果てには日本の野球がWBCで優勝して一概にメジャーが野球ベースボールを含めての最高峰とはいえなくなってしまい作者がこの作品のどこに落としどころを持ってゆくかになってしまいました。現実によって長期連載のプロットがずらされてしまった以上作者の次の展開に気になりました。
◆まだギブソンとの因縁は残っているの問題はないでしょうが。

『妖逆門』 田村光久
◆商売の問題上、『カイジ』のように負ければ破滅の展開は出来ないので、妖怪に食われても口の中でグチャグチャされて吐き出されるだけですみそうです。これも結構やな話ですが。
◆ロンドン君、絶対裏切ると思うんだけど、商売の関係上性善説に立ってストーリが動いているから断言は出来ない。でもお願い一回は裏切って性善説のままだとこれから話が広がらなくなる。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆ビバーク中のカマクラの形が新島型なのが芸が細かい。本当に自分が大好きなんですな。
◆「髪にさわろうなんて断じてしてない」、上半身裸のトランクス姿でそんな事を行っても説得力がありません。でも下手に手を出したら無敵超人のジジイに去勢されてしまうかも知れないでしょうが。
◆全員集合のYOMI、個人的には女子プロレスラー(しかも覆面)がつぼでした。全盛期のタイガーマスクとブラックタイガーのように航空機の中でも覆面で税関の時だけ脱いでまた履きなおしてから入国したのでしょうか(このネタは『プロレススーパースター列伝』から引用してますので大嘘の可能性があります)。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆「変な獣医漫画」一応自覚はしているようです。
◆すねながら石ころ蹴っている描写は久々にみました。このわかりやすさを大好きです。こういったところを怠ると鼻持ちならないいやな作品になってしまう気がします。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆「複線ドリフト」、『頭文字D』をさらにひねっていると思うが元ネタは不明。勢いだけですごい笑えました。
◆「おこと教室」、「何人ぐらいに通じるんだろうね・・・」とあったがモデルの路線にそのような看板があるのだろうか?。
◆どうしょうもないダジャレなので他にモトネタがある可能性は高いが『サルでも描ける漫画教室』愛称(『サルまん』)の「サブリミナル漫画」で「おこと教室」の看板は書かれていました。ちなみにサブリミナル漫画は見ているとむらむらしてくる漫画としてどう見てもトイレの落書きの定番のお○こマークにしか見えない帽子や小さなち○ぽが大量に描かれている「ち○ぽトーン」などが出てくる狂気の産物でした。畑先生自体は『野望の王国』(『美味しんぼ』の原作者雁屋哲が本領を発揮したバイオレンス劇画、現代ものではありますが非常に濃い絵柄で現代劇でありながら『北斗の拳』並に人が死にます。ネットでも話題になりましたが『サルまん』のテンプレートになった事でも有名。純粋なハヤテファンの方にはオススメできません)のタイトルを使ったこともあるので『サルまん』を知っているとは思いますが。

『サルでも描ける漫画教室』は漫画家志望の相原コージとそのブレーンの竹熊健太郎が売れる漫画で世界を支配するためにどう見ても無駄な戦略を練る「漫画入門書のパロディの形をかりた漫画全体の批評書」です。
個人的にスキだった話は「少年漫画のヒロインの役割」で「主人公とのチュー」と力説する相原に大して「パンチラ」だとハッキリと断言する竹熊。その上で『図解説明「パンチラ進化論」』の解説が入るシーン。
あと「エロコメは回転寿司だ」と力説した上で『回転寿司のレーンにある「熟れた人妻」や「いんらん女子高生」をつまんで最後は「清純派ヒロイン」で〆る』と的確な解説を入れていた恐ろしい作品でした。
現在絶版中で入手は困難ですが、今年中に復刊予定です。復刊記念のスペシャルトラックとして「萌え」をテーマーにした書下ろしが入る予定ですが、そのために悪戦苦闘している様はすべての創作者の鑑となっております。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆流星の実力は一部のわかる人だけわかるという展開になりました。あとは出てきていないレギュラーメンバーしだいです。
◆今週も万乗パンツはなく「ヒロインの役割」を果たしていない柴尾さん。でもまた近いうちに出てきてください。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆全裸でリボン「ヒロインの役割」を超越したお姫様とS気質全開のピジョン。このコンビは危険すぎます。下手をすると外伝が描かれても掲載誌が「サンデー超増刊」ではなく「ヤングサンデー」にされそうです。

『あいこら』 井上和郎
◆正統派のラブコメ漫画にシフトを変えてきました。でもハチベエと父親の意気投合を察知して2日間逃げ回った天幕の描写に一安心しました。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆どす黒く輝く紫穂。前回と違いすごいこの漫画のヒロインらしかったです。
◆「次回最終回!?」しゃれにならない冗談はやめて欲しい。この作品のファンなら冷静に対処できると判断したかと思いますが掲載位置が悪すぎるのでサンデーは掲載位置が関係ないがもしやと思ってしまいました。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

米国公認会計士

米国公認会計士(US.CPA、CPA)とは、米国基準の会計実務のエキスパートとして世界的に通用する資格 http://linda.stepuptechnologies.com/

  • 2008/12/10(水) 20:43:52 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/27-94514142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。