火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶とジャンプ11号感想

はじめまして今日から漫画を中心にいろいろな感想などを書かせて頂きます。
おぼつかないところもありますがよろしくお願いします。

いまさらですがジャンプ11号の感想。
この機会に一通り目をとしてはおりますが、どうしても感想が書けない作品とはじめて読んだので誤読している場合がありますがご容赦ください。

メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆表紙の四コマや偽表紙のネタもすごいが「51Pも書いたのに」って先生働きすぎ17Pでも読んでいるこっちが疲れてしまう。でもページ数が固定されてネタが厳選されてくれば楽しい作品になってくれるのではと期待しています。「四コマ漫画」のひとつは一般少年誌でも欲しい。

『NARUTO』 岸本斉史
◆忍者ものではなく妖怪ものにしか見えない今週の『NARUTO』ですが、腰から真っ二つにされた大蛇丸が体内の蛇を使って再生した際に逆に付いてしまった上半身をねじって直す描写がかなり好き。
◆サソリの死をあっさりと敵にばらすサクラはうかつ過ぎ。

『BLEACH』 久保帯人
◆キャラが多すぎ。現世に戻ることで死神の数を抑える事ができたのに、好きな方には申し訳ないのですがチャドや石田の復活を示唆されるとまたキャラが増えるのかと萎えてしまう。キャラを整理(殺せというわけではくフェードアウトでもいいから)して欲しい。
◆「仮面の軍勢」ですがすごい雑魚臭がします。でもきっとわけのわからない「強さのインフレ」が起こって収集つかなくなるのでしょうね。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆橋に向かい合ってCP9とルフィ達が対峙している状況で先週は終了したのだから、そのままフランキーが設計図を燃やすところから初めて欲しかった。
◆設計図を燃やした際に長期間に及ぶ任務が無駄足となったシーンは映画の「エスケープフロムLA」主人公のスネークがラストでいけ好かない依頼者の前で行った嫌がらせを行ったシーンを彷彿とさせて少し溜飲が下がった。

『銀魂』 空知英秋◆独特な言い回しで話を動かしているのだから無駄なアフロとかの外観での笑いはいらないのでは?また今回も連作になるのでしょうか。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆パロディの内容に関しては真珠の趣味の部屋の金銀パールさんがかなり濃く行っているのでこちらでは述べることがないのです。
◆「いちご100%」亡き後のジャンプでは「真中の後を継ぐ男」である太臓がいる「もて王」だけがジャンプで現在バレンタインデーネタが許されているのでしょうか?

『ツギハギ流行作家』 西公平
◆世界観が面白いけどそのままそれを生かして進めるかは疑問。「ONE PIECE」や「NARUTONO」のように「目標はあるが永久にたどり着かないんじゃないか?」と思わせる作品になるか。その前に打ち切られないか心配。
◆グレッグの子供をその場で調理にかかる真備の描写と「新しい命を守りたかったのじゃ?」との問いかけに対して「お前、頭がおかしいんじゃないのか?」返す主人公は少し引くが面白い。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆神龍寺ナーガの個々のメンバーの掘り下げなしですぐに試合に試合当日に進んだのはテンポを大事にするこの作品らしいと思った。
◆神龍寺がラスボスではなく一回戦であたるのは個人的には嬉しい。阿含の強さが圧倒的なだけにほかのチームがかませ犬のようにつぶされてゆくのは見たくなかったので。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆エビスとロージーのやり取りが面白い。エビスはゴリョー一筋(もしくは巨乳派)なのでロージーといてもその乙女力に惑わされていない気がする。
◆エビスとゴリョーが無理やりでもカタカナで表記されているのに、今井さんだけ漢字で別格扱いなのはやはり急遽レギュラー化したからなのでしょうか。

『DEATH NOTE』 大場つぐみ 小畑健
◆複数のモニタに大写しで表示されるDEATH NOTEのしかもモニタごとに表示されているページが違うため微妙に書き換えられている。アシスタントが書いたかと思いますがアイディアをだしたのは原作者か作者かそれとも編集か?どちらにしても鬼の所業にしか思えない。過去にも角砂糖やトランプのタワーなど合ったが今回は地味だけに書いた方もつらかったと思います。ご苦労様です。

『魔人探偵脳嚙ネウロ』 松井優征
◆犯罪者ではないけど看守が変態というパターンは不意をつかれた。
◆ネウロと弥子の力を借りるほどの相手としてはサイこそが相応しいが、サイのエピソードが終わったらこの漫画どうなるのでしょうか。自分としては10巻を越えるあたりで余韻を残して終わって欲しいと思う。

『テニスの王子様』許斐剛
◆今週初めて読みましたが唐突に現れる大ゴマにもうおなかいっぱいです。
◆「氷の世界」名前だけは聞いていましたが飛んでくるのが氷柱だから「氷の世界」ですか。「世界」とついているので「ゾーン」的なものと勝手に創造していましたが、別に「氷柱ミサイル」でもいいと思います。

『みえるひと』 岩代俊明
◆面白いのかどうか判断がいまだに下せない作品。ガクのエピソードはよかったのですが、ハンマーが弾丸型になったのは興ざめしてしまった。不意に現れるコモンさんはよかったのですがあのキツネ耳はやはり萎えてしまいます。

『HUNTER×HUNTER』 富樫義博
◆かっては掲載しているとありがたかったのですが、今は載っていてもなにも感じなくなりました。

『Mr.FULLSWING』 鈴木信也◆華武戦できれいに終了して欲しかった作品でした。猿野の兄と父の伏線を片付けたかったのかも知れませんが。

『ピューっと吹く!ジャガー』うすた京介
◆今週はじめて読んだ作品。「ガラスの仮面」パロディを混ぜているところがすごい。でももう少し読んでみないとわからないので保留。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://martianlandscape.blog53.fc2.com/tb.php/1-d58cabd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。