火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー41号感想

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆小物になったと思っていたゼオンが意外に強くてびっくり。侮ってみてしまいすいませんでした。
◆魔界時代のガッシュの描写がかなり黒かったです。

『結界師』 田辺イエロウ
◆最近の定説では「謎は食うもの」になってしまったようです。「謎はすべて解けた!!」が決めゼリフの金田一少年よりはましですが。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆超高速足払いを叩き込んでいる我流Xのコマが、倒れた相手に長渕キックを決めているようにしか見えませんでした。
◆初戦の相手が因縁の中国武術に決まりましたが、読者の心はすでに2回戦の『我流X』戦に向って飛んでしまっています。

『MAJOR』 満田拓也
◆負け戦と踏んでのJrの計算は腹黒いものでしたが、先週の心変わりが納得できる良い判断でした。ギブソンの燃え尽きそうな様子を見ると裏目に出た様子ですが。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆脳内保管で「漫画から歌が聞えてくる」ネタ的には面白かったのですが許可ぐらいは取りましょう。こちらの方がマズイと思います。却下されて使用許可がおりなかった可能性もありますが。

チャンピオンの『アクメツ』でやっていた「プロジェクトアクメツ」を思い出しました。あちらも主人公のハミングでテーマー曲(地上の星)のようなものをを流してました。こちらも絶対許可下りなかったんだろうな。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆やばそうな形状で寝転がっている人間よりもネコの方が大事と判断する鉄生。この場合はその方が正解。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆努力を伴っての進歩を見せる近江と、それに惹かれる藤川が爽やかに感じられてよかったです。
◆肝心なところは抑えた上で自分の意見をしっかり通す唯くん。こうやって独裁者というのは生まれてゆくのかと感心してしまいました。

『クロスゲーム』 あだち充
◆悪人同士が悪巧みしていますが、こんなに報われそうに無い悪巧みは久々にみました。ぜひこちらの期待通りに自滅してもらいたいものです。

『ハルノクニ』 浜中明 中道裕太
◆自作自演で喜んでいるのは小物の証拠としか思えないのですが。

先週なんか引っかかったのは、『オメガトライブキングダム』で軍服首相の登場と壇上でのワンマンショーというかなり露悪的な性質の悪い見世物を読んで爆笑したせいでした。あれに比べたらダンディなオッサンが格好つけているだけという話では物足りなく感じてしまうに決まってます。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆東都大医学部の人間の下劣さに椎名先生の真骨頂をみました。冷静に考えたら人間不信になるようなエピソードをここまでオブラートの包んで笑いに持っていくのは大変な事だと思います。また教授の安否が不明な点も妙にリアルでよかったです。

『あいこら』 井上和郎
大槻ケンヂは雑誌『野生時代』のエッセイでインディーズ黎明期のライブハウスの様子を「石川賢の漫画のようにバイオレンスな風景」という読者層をまったく無視した表現をしておりましたが。それに負けず劣らずのバカ空間が炸裂しておりました。
◆「歌のイミはまったく分かんねーけど」と日和った発言がありました。パンクは世間体を気にしてはいけません。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆決勝戦で未知の強豪が登場というお約束はない事が今回決定。ここまで身内びいきというのもキツイものがあります。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆棚で作った迷路にロボット風の敵が追いかけてくる展開。最初のコマが昔のゲーセンのゲームの感じが出ていて若木先生らしい描写でした。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

ジャンプ感想41号

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆能力者大集合。個人的にはゾロの刀を腐食させるように破壊した能力者がお気に入り。1対1の直接対決が見たいです。
◆唐突にウソップが登場しました。ためにためた演出でしょうが、そげキングの間抜けな時もありましたが冷静な口調が好きでしたので残念です。

『NARUTO』 岸本斉史
◆飛段の能力が単純な不死身かは不明ですが。角都は突込みが激しすぎるのでボケ役は頑丈な方が便利という理由で飛段とコンビを組んでいるようすです。

『銀魂』 空知英秋
◆シリアスパートのみで終了のギャグ色の薄い話になっておりました。
◆個人的には道路を全部塞いでのパトカーでの出動シーンが「西部警察の日産車大集合」見たいに見えて勝手にウケてしまいましたが。

『BLEACH』 久保帯人
◆冷静な不利をして、穴だらけの石田理論が面白かったです。別世界だから建物構造は推測するだけ無駄でしょう。でも、キッチリと確認しようと試みたのは偉いと思います。
◆交代を示唆するジェスチャーが一こま入っていたのはカッコよかったです。

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆読者よりも先に主人公がパンチラを拝んでおりました。ここまでされると読者と作者のプレイのような感じになっております。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆「ホモジェンカ」一番きついのは悠でしょうな。
◆「今のが最後の一匹とは思えん」のゴジラネタから、すぐに「お楽しみはまだまだこれからだ」と映画ネタが続いたのがすこし以外でした。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆女子からのリトの評価が低いのですが、周りの変質者に比べればリトはまだまともなんですが。
◆リトの後姿を見送る春菜のシーン。切なくていい話でした。「ひとり上手と呼ばないで 心だけつれてゆかないで」と中島みゆきの『ひとり上手』が頭の中でリフレインしてしまいした。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆唐突過ぎるためでしょうか。阿含の決意表明が来シーズンの神龍寺ナーガのかませ犬化の布石かと思えるほどの安っぽさでした。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆『トロイのベル』イメージとしては、オリンピックのドーピング解禁の様子です。いまの魔法律協会ではルールの管理もできないはずですから、管理を放棄しても無責任とは言えないでしょう。
◆エンチューとムヒョの衝突を予想していたが避けれなかったペイジ。傷つけたくないから流されるままに流してしまった。残酷な話ではありますがもう少し、ムヒョの才能に潰される前にエンチューへのフォローがあってもよかったのではと思いました。でも、そうすると話が始まらないので仕方ないのですが。。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆弥子への責め方がSMというか、初期『男塾』のノリでした。微妙に弥子の表情をエロく描いているのがよかったです。
◆先週あれだけ篚口の有能さを煽っておいて一瞬にして反転させて敵に回りました。物語の展開や回転が早くまわっていてあきさせません。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

チャンピオン41号感想

『聖闘士星矢 冥王神話 THE LOST CANVAS』 手代木史織 車田正美
◆黄金聖闘士勢ぞろい。聖衣の描写など徐々に車田テイストが出てきています。最後にできてきた冥闘士のシャブを打っているような目つきは典型的な車田雑魚の印象がしました。
◆アテナが可愛かったのはよかったです。ここだけは似ないでそのままで進めて欲しいです。

『サナギさん』 施川ユウキ
◆折角の2本立てで面白かったのですが、一コマネタが無かったために2本立ての印象が薄かったです。ネタでなくても何か区切りが欲しかったです。
◆「サナギはん」と「フユどん」は声に出してみると本当に楽しい。

『元祖!浦安鉄筋家族』 浜岡賢次
◆エスカレートするキャッチボール。唐突なオチもバカ親子のノリの良さにごまかされてしまいました。

『範馬刃牙』 板垣恵介
◆「俺たちは、いい歳をして喧嘩に負けたくない」、「いい歳をして」の部分によい意味での「頭の悪い大人」観が出ていてよかったです。
◆「いい歳」ではないが、同じくらい頭の悪いバキの逆切れで今週は終了。この影の薄い主人公にスポットが当たるととたんに話のテンポがずれてしまいます。バキの試合には興味が無いので、ゲバル対オリバでまずはお願いしたいですもしくはオリバとゲバル共闘でバキを瞬殺。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆かまぼこ板でボーナス偽造や、カップ麺の器をつかっての晩酌。甲斐の侘しい生活がツボでした。
◆注文に対して「おまえの首」。「おまえ良い脚本家になれるよ」などめぐみ戦と同じテンションの全力での罵りあいが素晴らしかったです。
◆暴力ではなく、マイクパフォーマンスによるあおりで甲斐を追い詰める美輝。意外と頭脳戦もいける事をさりげなくアピールしてます。
◆最後はこのみちゃんが持っていきました。ちゃんと店の外にでて半身で様子を伺うところなど、邪念が無い天然だとしても、かなりオヤジ転がしを極めています。

『クンクンカムカ』 沼田純
◆イチャつく新婚さんに殺意を覚えるのは、坊やだけではなく。後が無いオッサンもおなじです。

『椿ナイトクラブ』 哲弘
◆市場動向を睨んだ結果として発表されたカラーでの裸描写。冷酷なプロの仕事が垣間見えました。
◆サンデーのハヤテで答えが出なかった「女装少年のスカートの中」の回答がここにありました。きっとこれが正解だと思って生きてゆく事にします。でも忘れたい。

『ナンバMG5』 小沢としお
◆「松山せいじ」と「どおくまん」ベクトルは違いますがどちらもチャンピオンを代表する奇形漫画家です。ゴルゴに続いてどおくまんファンの女子高生。人間としておかしいところが大量にある藤田さんですがこの点だけは素晴らしいです。

『みつどもえ』 桜井のりお
◆相手の頭を踏みつけながらのデレデレ。凄い退廃的な状況なのに爽やかな絵柄で展開されていました。でも、ひとはの一言で結局暗黒空間に逆戻りです。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆ノブチンが番太郎の調教係を放棄。代わりに杉本によるスパルタ方式がスタートしました。流石に試合中に伝説の「ショーバン、ショーバン」をやるわけには行かないので帽子ではたく程度ですが。

『魔剣士ZANN』 大舞キリコ
◆普通の作品があっても良いのではと先週行った矢先にこの展開。すごいチャンピオン臭がしはじめました。来週は先生の壊れた描写もとまらない様子です。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー40号感想

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆この作品の重要キャラ『魔界の王』がシルエットでが出てきましたが、印象が薄すぎたのが気になりました。もっとハッタリを利かせて興味を引かせてもよかったのでは。

『MAJOR』 満田拓也
◆現実のWBCのアメリカを罵って入るように聞えるギブソンの叱責。日本の優勝で終わった現実のWBCを超えるような盛り上げをするためには、全力のアメリカ代表とのガチンコ勝負という本当の意味でのファンタジーをやるしかないと腹を括った様子です。
◆Jrの気持ちも分かるが少しは発言に責任をもて、突然はしごを下ろされた監督も困っているだろう。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆咲夜とワタルの爽やかな祭りの夜の風景。良い話です。例え、この後の虎鉄暴走ショーの前座で合ったとしても…。
◆いいんちょう、ワクワクしすぎ、はたから見ても凄い面白い見世物であるのは分かりますが。

『ダレン・シャン』 新井隆弘 DARREN SHAN
◆スティーブが、こういった形で敵にまわるとは思ってもいませんでした。
◆あっさりバンパイヤへの夢をあきらめてその反目にまわるスティーブに中途半端な印象が出てきてしまいましたが、憧れが裏返って憎悪になったと解釈するべきかもしれません。

『クロスゲーム』 あだち充
◆プレハブ組のマネージャーが理事長の孫と言う。隠し玉が不意に炸裂。水戸黄門のようなものでこういったけれんみは大切です。でも普通、気づくだろう特に教頭。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆キサラに「ウッキー」と呼ばれる事を妄想する宇喜多。トキメモで本名プレイをやっていたとカミングアウトした山本弘ぐらい脳のねじが緩んでいます。キサラとフレイヤーと微妙な三角関係になっているのも笑えました。
◆いきなりの無敵超人参戦。きっと合法的に孫娘に近づく悪い虫を始末する気です。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆冠つながりで橋口先生が出演。飼い猫のお話になるみたいですが、お約束の飼い主説教はあるのでしょうか。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆ゴールデンエイジは中一の誕生日まで。まだ余裕があるんだと思っていたら、唯くん思いっきり近江を突き放す。ここら辺は容赦しない真摯な描写でよかったです。だからこそ最後のコマの近江の努力が映えてました。
◆子供と父親のコミュニケーションなんてそんなもんではないでしょうか。そんなに家庭が温かくないと不満なのか。

『あいこら』 井上和郎
◆鳳エロボイス採集話。3回もやっていますが、本当に毎回すばらしいエロワードを発掘してくれます。普通のギャグ漫画なら「意味が分からない人はお父さんに聞いてみよう」で落とせるのにここまで突き抜けるとそれもできません。
◆バンドの名前の『スターロンズ』に少し戸惑いましたが『ジ・アーノルズ』の登場でアクション俳優つながりでかけているのがわかりました。でも『ザ・スターリン』ともかけていると思います。筋居スウは『スージーQ』だと思いますが。こちらも強引過ぎます。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆朗読劇プレイも最高潮。実の父親まで巻き込んでの暴走特急でした。カルメンの解釈は終わっても父親のリアクション芸はとまりません。
◆外人ゼリフに日本人名はやっぱり合いませんでした。NOVAのおかげでで日本人の血中外人度はあがったと思いましたが、やっぱキツかったです。

『ハルノクニ』 浜中明 中道裕太
◆総理側のてこ入れとして今回のテロ描写は唐突過ぎる気がしました。上手くいえませんがそこはカッコつけるところではないのでは。不謹慎とかそういった発想ではなく。今までろくに動いていないのに急に働き出すところに説得力が見出せませんでした。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆万乗先生の世界の金持ちおじさんは相変わらず下種な方が多いです。読書を不快にさせる笑みが悔しいほど上手いです。
◆柔道編の唐突な終了が少し残念です。やっぱり普通の世界での町田道場の人たちとのやり取りももう少し見ていたかったです。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ40号感想。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆最後の土壇場で栗田の力による勝利が嬉しかったです。
◆栗田を捨て、阿含をとった上に阿含を特別扱いさせた神龍寺の監督の無能さが証明された気がして個人的な溜飲が下がりました。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆この作品の過去編以外の死亡フラグの的中率は異常に低いので全員生存は間違いなく来週以降の突っ込み待ちだとは思います。いつ尾田先生がこの状況を逆手にとるかという不安はありますが。でも単純な一斉砲撃が正体のバスターコールでは役不足でしょう。

『NARUTO』 岸本斉史
◆アスマの死亡フラグよりも最近はカカシのヤマトイジメが顕著になってきました。
◆あまりのキツイ労働量でラーメンも「コユクて食べられない」と思っていたのに強制的に自分たちのラーメン代まで支払わせるカカシが恐ろしいかったです。無理やり褒めたのもヤマトがラーメン代の支払いを渋ったからで、渋らなければ絶対褒めてなかったと思います。ヤマトの明日は何処にあるのでしょうか。まずは転職から考えてはどうでしょうか。

『BLEACH』 久保帯人
◆藍染さんの座っているオサレなソファに爆笑。友達がいないのは分かっているから見得をはってそんな長いソファ買わなくてもいいのに。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆不動先生のネタは本当に受け入られているのでしょうか。
◆バカップルが受け入られている職場。みんな良い人たちだけどなんかすごい歪んだ物を感じます。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆ネウロの反応を見てから対策を立てるシステムでは、次々と未知の力を繰り出してくるネウロの足止めもできない様子です。新たに進化した変質者を見たいと考えると最後のスフィンクスのガードの進化を期待するしかないのでしょうか。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆今週は直接的な描写が無いなと思っていたら、最後の最後でリトは修羅場というなの天国へ逝かれてしまいました。

『みえるひと』 岩代俊明
◆「バフォメットのキヨイ」えぐい名前をつけたなと思いましたが、ラスボスが山羊なら当然の選択です。やった事は無いので詳しくは知りませんが「女神転生シリーズ」にもでてきそうですし。冒頭の昔話は聞いた事が無いので作者オリジナルかも知れません。
◆白金のセクハラ攻撃。キヨイの能力のえぐさを見せ付けられても余計な緊迫感が生まれないのはこの男のおかげでしょう。本当に面白い作品になってきました。

『謎の村雨くん』 いとうみきお
◆高校生には高校生の利点がある。どう見ても高校生には見えず女教師よりも年上にしか見えないAV男優とか見ていると特に感じます。

今日はこれで限界です。正直に言うとジャンプはあまり思い入れが無いだけ最後に回したのは少しきつかったです。
誤字脱字は明日のサンデー40号と一緒に行います。
かいた端からアップする事も考えましたが、途中で止めてしまうわけにもいかないのでまとめてアップさせて頂きました。

明日からまたがんばらせてください。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

チャンピオン40号感想

『竜の国のユタ』 所十三
◆作者自身楽しそうに描いている様子の恐竜漫画。読者を置いてきぼりにする展開にもならずに進んでゆきそうです。
◆半べそで逃げかかるユタを見ていると、パキを単車にしてT-REXを武丸に変えたら『特攻の拓』ができそうだと思ってしまいました。

『Damons』 手塚治虫 米原秀幸
◆最後まで見事なまでの小物だったラフェインがすばらしかったです。自業自得が招いた民衆による惨殺劇も普通なら後味が悪い話なの本当にさらっと流せてしまいました。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆シーレンジャーの銛はおもちゃの範囲を超えているのでは、コスプレ用の自作でしょうか。
◆さげずんだめぐみの目つきから、太田の追跡劇の一覧が凄い。自分の行動が社会的に不利になる妄想の膨らむシーンで爆笑。一応オタクは社会的にマイノリティである以上は自制は必要ですが。世間はこれぐらい単純なものだから困ります。
◆さげずんだカンナの目つき、私が辻ならゴハン3杯はいけます。

『聖闘士星矢 冥王神話 THE LOST CANVAS』 手代木史織 車田正美
◆当たり前の話ですが、本当に真っ当な少年ものになっています。
◆前の車田版と完全に違う話になって言っているのも良い感じがします。

『さなぎさん』 施川ユウキ
◆「煮てよし」、「焼いてよし」といっている。フユちゃんの顔は本当に旨いものを創造しているような顔でした。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆腹黒い計算で、自分の続投を予測する番太郎に対して、「じゃあ、君はベンチに引っ込んでもらって」、「生島にマウンドに行ってもらおうか」とまさしく鬼のような采配が出た時点でふきだしてしまいました。何が起こっているのか読んでいるこちらにも意味不明な展開で戸惑っていたら、結局は番太郎の涙で自体は収拾しました。あの一連の流れでチームワークなどという概念をはるかかなたに吹っ飛ばし、この作品はリアル系スポーツ漫画の極北となりました。
◆あんなに悔し涙が爽やかじゃない主人公は初めて見ました。

『涅槃姫みどろ』 大西祥平 中里宣
◆鼻血や歯茎から血を流しながらの大往生。3日3晩マージャを打ちまくり歯茎から血を流しながらツモったという。エピソードがある雀魔王ムツゴロウを思い出しました。

『椿ナイトクラブ』 哲弘
◆自転車屋の名前が『四人乗り』という時点で撃沈。この作者は変態なだけではなく。アナーキストのようなところがあるから怖いです。
◆タイトルの「バンコラン」が意味不明だと思っていた直球ストレート。あの意味がわかる小学生や中学生は絶対にいません。

『魔剣士ZANN』 大舞キリコ
◆サイコさん登場。どう考えてもその誘い方は下心全開です。最後のナオミのコマの目つきの悪さは腹を括ったということでしょうか。

『キレルくん』 五島慶彰
◆キレルくん入学前のジェノ学の荒廃ぶりが笑えました。マッドマックスの舞台かと思ってしまいました。黒髪のさやかさんも決まってます。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー感想39号

『MAR Ω』星野倖一郎 安西信行
◆魔力なしで召喚できるARMを否定するおじさん。そんな事を言ってしまうとこの作品の肝であるカード商売のじゃまになるから消されてしまうのではないか心配になってしまいます。
◆『ギンタの銅像』何処まで前作を持ちあげるのかと思いましたが、ソビエト崩壊後のレーニン象のような演出のために準備していると前向きに解釈しておきます。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆デュフォーとのコンビネーションという奥の手を出してのパワーアップ。コンプレックスをさらけ出して小物となってしまったゼオンの修正イベントが始まったのかと思いきや、小物の悲しさで清麿を余計に煽ってしまって真の「バオウ・ザケルガ」を発動させてしまった様子。最後のコマをみても洒落にならないような暴走が始まりそうです。

『MAJOR』 満田拓也
◆清水がヒロインとしての仕事をしている時点でびっくり。作者もなれていないのか赤面しているほっぺたの描写に違和感がありすぎでした。

『ダレン・シャン』 新井隆弘 DARREN SHAN
◆風呂場での妹との会話、「近親相姦ものの王道だよな」というろくでもない発想しか浮かびませんでした。
◆「日記の描写で主人公の心理がでてくるのはよかったです」と取り繕っても上記の感想で台無しではありますが。

『結界師』 田辺イエロウ
◆前回までのおバカ話は終了し、正守メインのシリアスパートが始まりました。正守の話は周りが陰湿な分暗くなりすぎる気はしますが。
◆箱の動作の描写は無いのに「人形を加えている」結果だけが残っているのが禍々しくて印象深かったです。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆動物のしつけ講座は久しぶりに面白かったです。でも最後は商売繁盛でシメているのがこの作品らしかったです。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆最終回3点差。前回の先輩達の結束と共に今週の教頭による涙の描写。勝利以外は許されない展開になってしまいましたが、この熱さは嫌いではないです。ラストのコマでガチンコを示唆する深和学園の監督もよかったです。

今回、サンデーもチャンピオンもまとめて読み事になったので顕著になりましたが、こちらの王道をみているとチャンピオンの『ショー☆バン』の邪悪さが際立ってきます。あの作品は30巻にも届きそうなほど巻数を重ねているにも関らず、他校のライバルキャラはマリックとデーブだけそれ以外はひたすら内輪もめで話を作っています。野球漫画というジャンルの蓄積がこのような両極端な作品をうんだかと思うと感慨深げです。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆女装している男の子のスカートの中身。正解があったとしてもお断りです。知りたくありません。あ、ブラはスポーツタイプでお願いします(ダメ人間)。
◆勇気が無いとかいいながらも、勇気を振り絞って踏み出した一歩が破滅への道。勇気のすばらしさを教える事が少年誌の大切な仕事ですので、綾崎さんにはこのさい犠牲になっていただくという事で。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆押しかけ婚約者の登場見事なまでのラブコメ漫画です。後は婚約相手の男性を亡き者にしようとするライバル登場ですが、流石にそれは準備できません。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆技術習得のための期間として9~12歳までの年代を「ゴールデン・エイジ」と呼ぶと、タイトルの示唆がありました。中学生が主人公の話ではあるため、提示している時期とは微妙にずれているので「他の意味もあるけど」の店長の言葉の方が大事でしょう。
◆唯くんが9歳の頃に手品の練習をしていなかったのは分かりました。

『あいこら』 井上和郎
◆それは膝枕ではなく、すね枕ではないのでしょうか。そんなものの自作を試みる時点で頭がおかしいのは変わりないのですが。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆白原邸の長い夜が始まりました。「カルメンの理解のために、仕方ないよね」と言い訳しながらマニアックなプレイにはまっている娘をみて泣き叫ぶ父親。オヤジの方が見事なまでに芝居がかっています。
◆「ショットガン・ウェディング」なんて言葉もありますので、オヤジがマジ切れして責任を取らすために無理やり吹雪もアメリカへというパターンもアリかもしれません。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆エリート医師とエスパー少女の戦い。その実態は皆本をめぐっての意地の張り合いの様子。皆本は普通に考えてばモテルはずなのにファンが濃すぎて一般受けができないアイドルを見ているような気分にさせてくれます。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ39号感想

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆人魚の定義を求めて泣き出すサンジ。その気持ちは分かるが現実を受け入れましょう。
◆砲弾で撃たれたぐらいではこの世界の住人は死なない事を考えるとやっぱり緊張感が無く。カウントダウンなどの時間制限がかなりむなしく感じられます。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆バクチか保険かの決断を司令塔のヒル魔ではなく主人公のセナに迫ったのが良かったです。始まりはヒル魔達3人だが、ここまで登りつめたのはセナの力があっての事をしっかりと認めている様子が見れましたので。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆良い話でごまかそうとしていますが、海の中で水着が外れるというありえないシチュエーションを作成するための小道具ですから。
◆このぐらいあざとくないとこの作品のキモの8割がなくなりますので。

『NARUTO』 岸本斉史
◆今回はタイアップとしてもきつすぎるラーメン屋の風景と理不尽な先輩のいびりにたえる大和さんの印象しかありませんでした。

『BLEACH』 久保帯人
◆格下六番車をめぐる争いにグリムジョーが再度勝ち抜いた様子です。現時点での久保先生のお気に入りは日番谷からグリムジョーに移ったらしいです。
◆裏切るのは100%間違いない上に、そのパワーバランスを崩しまくる織姫の能力の高さはどう考えても諸刃の剣です。さっさと利用するだけ利用して殺した方が、組織の戦略としては良いんですが、藍染さんも織姫が久保先生のお気に入りから外されるまで待つしかないかと思っているのでしょうね。

前にも書きましたが競輪の世界では6番は一番格下の選手がつけます。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆冒頭の「なぜ明かりを消したのですか」はかなり微妙なところを攻めてきました。こんなネタをだしてくる作者もおかしいですが、すぐに気づくこちらも異常な点ではおなじです。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆女性なのに貫通願望。ネウロにでてくるサイコさんは本当に一味違います。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆交渉開始前に破談、しかも実力行使失敗。底値が見えていたはずのペイジの株がさらに暴落しそうな気配です。

『みえるひと』 岩代俊明
◆修行自体の白金を見ていると、きっと澪に呼び出されたのが怖くてそれをごまかすためにイメチェンを図ったと思います。

『謎の村雨くん』 いとうみきお
◆2つの新連載がアレなので猶予期間がもらえたのか新展開が開始です。巻き返しができると良いのですが。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

チャンピオン39号感想

『聖闘士星矢 冥王神話 THE LOST CANVAS』 手代木史織 車田正美
◆編集部の思惑とはまったく違った意味で盛り上がっている『聖闘士星矢』ですが。今回の手代木版は車田絵よりもはるかにこちらの方が有難ったのが第一の印象でした。あとは無駄にチャンピオンの単価をあげる車田版が空気のように消えてゆくのを待つばかりです。
◆『聖闘士星矢』にまったく思い入れが無かったので話が理解できるか不安でしたが、小気味よく話が進んでいたのその点は気になりませんでした。知人はユニコーンが相変わらず雑魚だったのが嬉しかったそうです。

『恐竜博士 所十三の恐竜特捜隊』 所十三
◆「トリケトラトプス対ティラノサウルス、どちらが強いのですか?」に「命をかけた挑戦をするのは人間だけ」と言い切る所博士。少年漫画の連載を控えた漫画家とは思えないクレーバーさにうけました。

『範馬刃牙』 板垣恵介
◆忘れ果てていたアイアンマイケルを「お休み兄弟」とおだてなおすゲバルをみて「調子良いよな」と思っていたら、さらに調子の良いバキの申しで「その日和かたは無いだろうと」こちらがひっくり返る前にゲバルからいまこの場でのファイト申し込みがありとどまる事をしりません。どちらが先に挨拶の「金的蹴り」をかますのか楽しみにしていたら、オリバが変質者同然の目つきで部屋の中を物色後に乱入。カマキリと十何週にもわたって妄想していた作品とは思えないぐらいの話の密度が上がっていました。

本当だったら「来週が楽しみです」でシメたかったのですが。病気はしょうがないですね。

『元祖!浦安鉄筋家族』 浜岡賢次
◆幽霊もびびる小鉄の不死身ぶり。バカ最強がまた一つ立証されました。
◆小鉄の馬鹿が際立っていたので、怪談落ち部分のドクロの描写がまったく怖くなかったのが少し気になりました。

『魔剣士ZANN』 大舞キリコ
◆山高帽とロングコート、イメージとしては『吸血鬼ハンターD』です。これもテンプレートをなぞった結果だとは思いますが、独自性は後から出ればよいと思います。チャンピオンは良い意味でも悪い意味で個性派ぞろいだと考えれば中間が少しは欲しくなりますし。

『Damons』 手塚治虫 米原秀幸
◆怒りにまかせて動く腕の設定が生きていたのが良かったです。できれば飛び降りる前に這ってでも動き出してくれればもっと良かったと思いましたが。
◆ラフェインの笑顔の邪悪さは本当に良かったです。

『ゾクセイ』 松山せいじ
◆夏の日のワンシーンを爽やかに演出。読みきり形式だからこそ映える良い話でした。
◆きっとこのまま続くと、松山先生の神演出(チェーンに引っかかってスカートが脱げる)等が発生してしまう恐れもありますから。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆どんな感動話も熱い殴り合いの流血で持っていく姿勢がすばらしい。問題なのはこれが番長同士ではなくタイトルどおり『看板娘』なのがネックなんですが。

『ナンバMG5』 小沢としお
◆アイドル話に興じるダメっぷりも含めて部長がかっこよかったです。剛がほれ込むだけはある良い人です。
◆そんな、カッコいい部長が速効でかつあげされているシーン。涙が出るほどおかしかったです。

『椿ナイトクラブ』 哲弘
◆図書館のお姉さんが、『ゾクセイ』にでれそうなくらいの巨乳だったのが気になりました。
◆羞恥プレイ好きの槙が全部持っていくとおもったら、最後の『茜ちゃん研究』がすべて持っていきました。ファッション誌を正座して読む茜ちゃんに人としての真摯な態度を見ました。

クリーム』はたしか、未成年のモデルを起用したコンビニにもおけるセミヌード誌だったはずと思い出しましたので、確認してみたら現在は方針を変換して20歳以上のヌードモデルも使用しているとのことでした。「クリーム」=「ファッション誌」は少し成立しづらくなっているみたいです。あと誌名の由来に業界人の業を感じました。自分のブログタイトルも人様を笑えるものではないのですが。

当時の私は『アップル通信』、『オレンジ通信』の果物系雑誌派でしたので本当に『クリーム』は読んだ事がありません。コンビニ店員の知人にその内容の講義を受けた事があったので知っていました。その際に「男なら『クリーム』何ぞ読まずに『ウレッコ』を買え」とろくでもないアドバイスを頂戴した事を思い出してしまいました。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆デーブのヒッティングから、番太郎の敵前逃亡、そしてノブチンとデーブのホームベース上での攻防、一連の流れにうならされた後の、ショーバン劇場の開幕ベルがスタート見事な構成です。
◆「うちの打線は"2点以上"は取る」、2戦前に鬼頭監督が提示した提案を逆手にとって交渉開始。本当に悪魔のような男です。

『涅槃姫みどろ』 大西祥平 中里宣
◆自分の才能を費やした自信作も蓋を開けてみれば単なる紙あつかい。「運も実力のうち」と突き放してもはみても相手に才能がある時のみどろは変なところで甘いのが良かったです。

『いっぽん』 佐藤タカヒロ
◆田代対五十嵐戦決着。先の見えないすばらしい勝負でした。新関とのやり取りの後での負けは少し報われなさ過ぎるとは思いましたが、それを含めても満足のいく決着でした。

『キレルくん』 五島慶彰
◆一コマも使わずにナンパ男達を跪かせているさやか姉さんの凶悪ぶりがツボでした。キレルくん以外は付き合えないでしょう怖すぎて。人さえ殴らなければ良い子なのに。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー38号感想。

現在、仕事がしゃれにならず。「去年も今年も夏休みが無い俺たちは完全に負け組みだよな」と同僚とだべりながら、『労働者階級の英雄』(ジョン・レノン)を口ずさんでいます。
先日、午前0時を過ぎて帰ろうとしたら、同僚が「また、今夜!」と『ワンダフル』の東幹久のような挨拶をかましてきたときには「こいつ、殺そう」と思いましたが、『ワンダフル』を覚えていた自分が凄いイヤになり。思いとどまりました。

今まで溜まっている感想は休みの間(今日だけですが)にまとめて更新させて頂きたいと思います。今残りの分も作成中です。現時点で洒落にならないくらい眠いのですが。間に合わなかったときはお許し下さい。


『クロスゲーム』 あだち充
◆「3ヶ月たったんで再チャレンジ」、「おれも月島とそんなケンカがしたかったよー」と欲望が爽やかに歪んでいますが、今どき珍しい真っ当なストーカーでした。成田先輩強く生きて。
◆成田先輩も含めてですが、自作品の宣伝という楽屋ネタで押しまくるベテラン(若手は生活の問題による余裕の無さから微笑ましいぐらいに宣伝しますが。例、『ゾクセイ』の松山せいじ先生)もかなり珍しいのですが。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆乗り越えるべき存在として父親が示唆されました。主人公の成長物語として真っ当な選択肢です。こういった芯がぶれないから、どれだけ暴走しても正統な少年漫画として評価されるのでしょう。でもビクトリーム様の人気は異常。

『MAJOR』 満田拓也
◆清水に説教される吾郎。する方もされる方も人としてどうかと思うくらい鈍いので説得力がありませんが。それでも話は進んでいます。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆エリザベスカラー作成編。異なる材質による作成はよかったけど。タンツボはどうにかして欲しかった。

『ダレン・シャン』 新井隆弘 DARREN SHAN
◆序盤のマリオネット描写が面白かったです。原作の描写の可能性もありますが、こういった心象風景まで取り込む所が丁寧に話を進める事が示唆されている様な気がしました。

『結界師』 田辺イエロウ
◆烏天狗の人あしらいの性質の悪さが光ります。「人間は見た目だ」と逆なでしておいて、すかさず論点を「若さ」にすり替えて自分の要望を通す。見事なセールストークです。
◆集合したカラス達の暴走族ノリが笑えました。「俺が一声かければ、2千人の族が集まるぞ」と良守がハッタリをかける日が楽しみです。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆「切れ味するどいワイヤー」と「女性キャラ」とくれば、「読者サービス」となるのは必然です。しかし、普段からおなか一杯サービスを受けているのであまり効果がない気はしました。でもデザートは別腹なのでもう一杯。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆スポーツ用品店の店長の哲学が結構いいかげんなのがよかったです。「それもアリか?」と近江の理屈に同調しかける単純な所がいい人そのものでした。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆異常事態に真っ先にマリアを疑うハヤテ。マリアも否定はしてますが前科があるだけに説得力がありません。
◆「それはそれであり」と現実を受け入れるナギ。いろいろ倒錯していますが愛の力は偉大です。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆2コマ目の白原邸の内部描写に大笑い。こんな小さなコマにここまで書き込んだだけではなく、鬼のようにアンニュイな六花の様子までわかります。異常に高い描写力の勝利です。松井に子供バットで頭をフルスイングされたような気になりました。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆すべてが終わってからの登場なのに、微妙にかっこよく体裁を取り繕うグリシャム大佐。今回、いたいけな子供を日本アニメという冥府魔道に引き摺リ込むだけにしか来ていない様に見えますが。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。