火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー30号感想

『結界師』 田辺イエロウ
◆アニメ化が決定となりました。黒芒楼編などの山場はありますが、本編でも烏森は秘密のままの状態ですがオリジナルで勧めてゆくのでしょうか。
◆術の力比べで良守が負けたのはまだ良守に先がある事を示しているように見えましたので、しょうがないとは思いました。また封魔師と魔物の関係の示唆などを見ると今回は金剛がメインを張らないといけない話のようでもありますので。
◆烏森の力を得て邪煉のアドバンテージがあがってきました。金剛の有利な点としては封魔師との契約も破棄された様子ですので師匠のようなリスクは負わないですむぐらいしかない様子ではありますが。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆モモンの有能さが光り続けていましたが、ここまで強いとガッシュとのコンビネーションを組まれると最強になってしまいますので退場になってしまいました。
◆最後の足元だけの描写は本当に清麿でしょうか?こちらとしては次の合併号まで清麿の登場を引き伸ばすのではと悪夢のような事を考えていたのでうかつには信用できません。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆株入門編、一通り言いたい事は言って予想通りのオチ(元手がない)を提示して終わり。早く動物ものに戻って欲しいです。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆『MAJOR』とは違い現実があんな事になってしまったが中学生の話だから関係なし。絶妙なポジションではじめたものだと、ブラジル戦後にサムライブルーのユニフォームで登場した翼くんのCMを見たときに思いました。
◆近江を手に入れた後の事を想像しクスクスと笑い出す唯くんが今週のツボ。小波は『MAJOR』の清水並みに一生報われないかも知れません。愛した人はすでに他の男に夢中というシチュエーションだと思うと涙で前が見えません。

『MAJOR』 満田拓也
◆世界の舞台からすれば寿也は若造扱い。それを力技で返してきた寿也の意地は面白かったです。この試合も寿也が主人公でかまわないと思います。

『妖逆門』 田村光久
◆バカがスパークしているジジイを見ていると作者は間違いなく藤田門下なんだなとその思想の濃さに感心してしまいました。
◆そんなジジイの妄想を信じ込んでいる段階で「完璧」からは遠いところにいる様子の里村。現に妖怪も呆れています。

『RENGEMAN』 モリタイシ
◆恋する力で超人的な力を得ることができるが、力を行使後は恋した相手の事はすべて忘れてしまう。使い勝手の悪い設定だと思いました。第一愛子さんの出番がこれで終わってしまったのは残念です。
◆中西くんはこの残酷な事実に気づいた時点で博士を殺したほうがよかったと思います。自分の意思でならともかく騙された立場からすれば、自分の不幸が前提で救われる世界なんて滅んだほうがよいと思えますし。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆魚料理の仕入先に関して、三人とも心の声で掛け合っているのが面白かったです。こんなところでは通じ合っているのに、ナギもハヤテも互いの心はまったく読めていません。
◆アニメと現実をごっちゃにする執事と漫画と現実をごっちゃにする主人とのボートの上での釣り講座。今週の作画は間違った意味で気合が入りすぎています。ジャンプの変な新連載の影響でも受けたのでしょうか。

へらぶな釣りは、初心者でも釣れるがが熟練者でも楽しめるため「へらぶな釣りのように奥が深い」などとたとえ話にできるほどのものだそうです。現に専門誌の『月刊へらぶな釣り』や『月刊へら』もあります。ちなみに業界内有名人は俳優の故山村聰

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆前半の負け犬ままでは終われないので凛の掘り下げがありました。話としても吹雪と六花の今までの経緯と重なる部分があって面白かったです。主人公の優位性は動いていないので勝敗は決まっている状況ではありますが。

『あいこら』 井上和郎
◆血と汗と涙と欲望の結晶でしたが、所詮は食べ物という事で食後のデザートにされてしまいました。でも完成してしまうと処理に困り、むしろ少年誌では描けない話になってしまいますので無難なところに落ち着いたとは思います。

『ハルノクニ』 浜中明 中道裕太
◆コーさんの甘酸っぱい思い出話。いい話何だけどコーさんの趣味は少しマニアックで女王様好きの様子です。
◆国家のあり方とか重苦しい話よりは、こういったぶつかり合いに向けて動いてゆくのが面白いです。内閣側の会議室の雰囲気は悪すぎと思っていましたから特に。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆高倉と北大路の和解。爽やかないいシーンでした。それに比べてチャンピオンのドカベンじゃない方の野球漫画の方は・・・。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆冷静というよりも勝負意外には無頓着な柔道マシーンの五条橋。確かに「次峰、俺と代われ」とか言い出すほうがはるかに嫌すぎますので正解ですが。
◆さらしではなくテープで巻いて胸を隠している柴尾さん。先生自身も認めている神展開。欲望と商いはとまらない列車のように走り始めました。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆妄想キスシーンの背後に流れるBGMは何だろうかすごい気になります。
◆若くて有能とは言え社会人をむりやり小学生とくっ付けようとする展開は「アンチ健全少年漫画・反則路線作品」を自負するだけあります。椎名先生には悪いのですが「前半常連」になってPTAに目をつけられるよりは、いつまでも読んでいたいのでたまに前に出てくるぐらいでお願いしたいです。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆ごみ子の時からユウキを意識している描写があったので、素直にユウキに助けを求めるシーンがでてきたのがよかったです。「手をとりあって」というタイトルと一ページまるまるつかった大ゴマとつながっているシーンもステキでした。
◆トライアッドの本拠地は不明のはずですが、病院を目指すという事でしょうか。一日がかりとは言え、バスで日帰りができる場所だと旅立ちという印象があまりわかないのですが。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

ジャンプ30号感想

『BLEACH』 久保帯人
◆主人公と主人公陣営のピンチですが、予定調和の世界になっているので心配する余地もありません。きっとみんな簡単に卍解に目覚めて一時退却にしてくれると思います。

『NARUTO』 岸本斉史
◆空気が読めない男。サクラの洞察力はこんなときだけ鋭すぎです。
◆女性の人柱力が登場。すでに何人かの人柱力は暁によって始末されていたので、残りの人柱力とナルト達のからみがあるか不安でしたがこれで話しが動き出しそうです。
◆久々の女性キャラは嬉しいのですがちょっとケバすぎです。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆猿芝居とはいいますが、打ち合わせも何もしないでこのクオリティーは異常です。武蔵は演技派すぎます。
◆デビルバットゴーストをコピーして意気揚々の阿含。セナを中途半端に認めるセリフまで吐いたのに、無様に空回り。痛快なものを見させていただきました。阿含との直接対決まだ残っているだけにラストの阿含の怒りの描写は対決ムードを煽ってくれます。
◆あの石ころ帽子をかぶったのび太のように存在感のない石丸先輩の顔まで把握していた雲水。すばらしい記憶力です。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆ルフィとフランキーの共同戦線が始まりましたが、ゾロ対カクの戦いと平衡して進めるのは詰め込みすぎではないでしょうか。話しが長いから描くのが多くなり。描くのが多いから詰め込みすぎる。悪循環になっている様子です。
◆ゾロの必殺技の「獅子歌歌」が地味に破られたのが残念でした。一番シンプルで好きな技だっただけに。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆『電人HAL』誕生。『2001年宇宙の旅』にでてくる自我を持ったコンピューター「HAL」と江戸川乱歩の少年探偵団シリーズ中、屈指の駄作『電人M』の組み合わせすごい嫌なものを持ってきたと感心してしまいました。

ちなみに「2001年宇宙の旅」は映画だけ見ても意味が分らないようになっていますので、興味がある方はアーサー・C・クラークのノベライズ版も読む事をお勧めします。後、HALはアルファベット順に一文字ずらすとIBMになりそこから命名されています。
江戸川乱歩を猟奇とか耽美だとかで簡単に礼賛する人がいますが、少年探偵団シリーズの駄作群を忘れてはいけないと思います。これらの作品を読んだ上で言いたいことは、江戸川先生はよい意味で頭おかしすぎです。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆表紙ネタの「ヒントは確執」など、時事ネタにしては古すぎで当事者にしてみれば蒸し返して欲しくないものをいまさら掘り出してくる作者は天然なのか計算なのかまったく分りませんがすごい異常なものを感じます。
◆いとり先生の地図記号の解説。工場どころか神社の鳥居の記号もえろく見えてしまいました。中学生のように深読みしてしまいます。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆阿久津の後ろの仁王象がツボでした。人を殺すのにちゃんとした理由など特に必要ありません。
◆こちらとしては男子の半裸の方がきつすぎでした。ブルマーを見学に行っても否応なしに男子の半裸を見ないといけないかと思うとブルーになってしまうのですが。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆原作者のお力添えで話の構成が無理なく決まっています。流れるように自然にさりげなくヒロインを全裸にしようとしています。
◆感心しながら読んでしましたが、なぜか「こうしている間にも、アフリカでは飢えた子供たちが・・・」のナレーションが頭に響いてきてしまいました。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆鳴り物入りで登場した割にはあっさりと消滅のミック。この作品的にはミックよりもパンジャの方がキャラとして面白いのでパンジャ中心に話しを戻してくれたのはありがたかったです。
◆パンジャとロージーの接点がささやかなものになりそうですが、その方がパンジャのストーカーぶりが強調されるのでよいとは思いました。

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆小憎らしい魔法使いに暴力で立ち向かう主人公。プレートがなくても上級生を威圧する所は、本当はプレートの有無は関係がない九澄の利点が光る描写でした。

『みえるひと』 岩代俊明
◆澪の右手は復活する様子です。姫乃の心の傷を思えば十分考えられる展開ですが。
◆パラノイドサーカスの結成秘話。ヘビの不在など伏線は大量に残っている様子なので少しずつ小出しにしてゆくようで楽しみです。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

チャンピオン30号感想

『範馬刃牙』 板垣恵介
◆アイアンマイケルがチャンピオンの夢を捨てていなかった事は嬉しかったです。でも、その発言は死亡フラグにしか見えないのですが。
◆鳴り物入りで登場した新キャラですが、夜の雑居房を襲うと言うことはバキやミスター2が寝ている場所で暴れるということでしょうか。死亡フラグと言うよりこちらは死兆星が瞬いているように見えるのですが。
◆妄想とかではない本格的な闘争が見れるようです、今回の展開は脱線しすぎとは思いつつも楽しみではあります。

『元祖!浦安鉄筋家族』 浜岡賢次
◆男子トイレでの攻防。最後のオチまでの流れるような展開は流石でした。
◆ズボンを下ろす前にタケシを気絶させたアカネ冷静な判断でした。後もう少し遅ければとんでもない話になっていました。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆キリンとアリクイに続く「花見町異種格闘技戦」と思いきや、野生の生き物による求愛のドキュメンタリーでした。
◆ここにきて、「乙女の顔」という飛び道具を再度出してくるとは思いませんでした。辻がこのときの美輝にだけ惚れているのが良く分ります。

『Damons』 手塚治虫 米原秀幸
◆先制攻撃を仕掛けてくるラフェイン。相手のほうに力がある以上は先に補足されたのはまずかった様子です。
◆今までの米原先生の作品だと子供キャラは最終的には改心することが多いのですが、今回のラフェインは邪悪すぎるのでこれは無いかと思います。もしかしたら子供でもない可能性もありますし。

『さなぎさん』 施川ユウキ
◆五臓六腑を踏んだ感じをイメージして覚えるマナミさん。怖すぎです。
◆壮大なナレーションと共に前向きなイメージを提示しようとしたハルナさんですが最後のコマを見ると失敗した様子です。

『ナンバMG5』 小沢としお
◆学校生活に満足している剛をみて、誘いをかけることができない伍代。正統的な不良漫画になっています。やっぱここはじっくりと進めていって欲しい。

『ゾクセイ』 松山せいじ
◆松山先生のその妄想は根本的なところで歪みすぎです。いくら幼児が相手でもそれは問題になるでしょう。
◆中学生の妄想と夢の中のお話と思えば納得ですが。それでも「中学生の時に四秒に一回エロい事を考えていた」と言っていた関根勉クラスの妄想力が必要ですが。

『いっぽん』 佐藤タカヒロ
◆五十嵐と橋の試合。彼女が応援に来ている時点で、橋が憎くてたまりません。試合自体は読み応えはあるのですが、「彼女がいる奴は寝技も違うね」と茶化したくてしょうがありません。

『涅槃姫みどろ』 大西祥平 中里宣
◆面白半分の心霊スポット探訪がみどろの気に障ったのか久しぶりの大量虐殺。個人的に「ヒロシ参上」の落書きがる観音様が人を撲殺するシーンがシュールすぎました。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆番太郎と鬼頭監督に挟まれた。中間管理職のノブチン。プレッシャーに耐え切れずに監督の前で自説を展開したため平手打ち。キャプテンでもないのにこんな立場にいなければならないノブチンが不便でなりません。
◆チーム内がゴタゴタしているうちに監督の「采配」よってサヨナラ勝ち。老洗中は強豪校だったはずなのにあっさり勝ってしまいました。この作品の敵はいつも身内ばかりです。

『アイホシモドキ』 森繁拓真
◆短期集中連載枠に、チャンピオンお得意の女装少年ものが入ってきました。単純な女装ものではなく顔がそっくりな女の子との組み合わせは短期連載に合っていて無難に楽しめそうです。

『椿ナイトクラブ』 哲弘
◆田代先生は遠いところに言ってしまわれた様子。出すだけでリスクがありすぎでしたので早めに追放して正解だったと思います。
◆女装だけではなくM気質まで発揮しだした茜。もうノーマルの世界には帰ってくることは事はできない様子です。でも幸せそうですので問題ありません。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー29号感想

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆モモンの挑発を受け流せないゼオンを描くことで清麿復活時の期待値があがってきました。
◆清磨の評価もインフレっぽい感じもしますが、死の淵から帰ってきたキャラのパワーアップはサイヤ人以来の伝統ですから。

『MAJOR』 満田拓也
◆身体能力の高さにあぐらをかかず。その上に細かい技術を重ねてきているキューバ。準決勝の相手としてふさわしい強敵です。
◆吾郎の解説役ややっぱり合わない。今回の解説は眉村でお送りして欲しいです。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆カストロ兄弟の師匠ディエゴは、逆鬼師匠と造形がかぶっていますが、今回師匠同士の直接対決はあるのでしょうか。
◆地獄の島かと思いっきゃエロ妄想に忠実なエロマンガ島でした。多種多様なコスチュームのメイドさん達を見ていると経営者が一切妥協しないイメクラを見ているような気分です。ジェニファーもはいていない様子ですが風営法とかは大丈夫でしょうか。

『RENGEMAN』 モリタイシ
◆妄想癖の上にアドバイスを求めているのに結局は人の話を聞かない主人公の暴走振りがおかしかったのです
◆最後のページで話が切り替わりました。来週はどのようになるのか。今の展開も好きなので肩透かしでも良いけど、それは許されなんだろうし。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆怪我をしている部員をみて、一生懸命手当てに走る小波によい娘さんだなと思ったら「唯くんに誤解されちゃう」に爆笑。その際の唯くんの視線移動の描写でさらに追い討ちがかかってきました。小波が完全に報われていないのがステキです。
◆迫力がない分、緻密な描写で試合を描ききろうとする作者に好感がもてます。可愛らしい絵柄を大切にしてください。

可愛らしい絵柄というと少年誌の極北チャンピオンで連載中の「ショー☆バン」も連載当初は可愛らしかったのに現在の鬼のような展開に死んだ子の年を数えるように遠い目で見てしまいます。でもあの作品は原作者が邪悪な上に、最初から邪悪な伏線が大量に張られていたので仕方がないのですが。

『クロスゲーム』 あだち充
◆「部内抗争編」突入前の軽めのお話しかと思いきや、人間関係の整理と物語の根本を提示する話になってました。
◆若葉への誕生日プレゼントの予定表。最後の「婚約指輪」がすごい切ない。思い出には絶対に勝てない事を再認識させられました。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆「好きな相手が13歳」、19歳の女性がいうとすごい微笑ましいものになるのが不思議です。真の男女平等は遠いと言うことで一つ。
◆お約束とは言え、ワタルの伊澄への思いを忘れた上で、サキさんを「ワタルの大切な人」とシスターに教えるハヤテ。またいらない火種が出来上がった様子です。
◆シスター本領発揮のシーンで直接的な描写がなく。1ページで処理したのはすごく良かったです。その方がシスターの能力の高さが映えると思います。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆唐突にはじまった株式投資編。ペット向けの医療保険も実際にはありますが。獣医の仕事ではないだろうと思いつつも、鉄生にレクチャーする陵刀のパターンを使えば、担当がやりたい事ができる便利漫画ではありますが。ワイルドライフを私物化しても困るのですが。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆兵藤と高倉のバッテリー崩壊のシーン。完全に決着が付きました。後はキタローと高倉総決算でシメになると思います。最後まで小悪党だった兵藤は完全に蚊帳の外でお願いします。

『結界師』 田辺イエロウ
◆ハイテンションでノリツッコミも使いこなす封魔師金剛。明確な目的がありますが、その達成後はどうなるのでしょうか。邪煉の正体は本筋と絡んでくるのなら長期間の登場もありえるんですが、限が不在の状況では良守と絡める同世代がいないのでレギュラー化して欲しいです。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆表現解説の老彫先生と、技術解説の黒崎コーチの2本立て解説と演技の描写もまとまってきているけど何か惜しいものを感じます。フィギアスケート自体が野球やサッカーと違って読む側に圧倒的にコンセンサスが足りない上に点数や対戦相手などのスポーツの要素がネックになっているような気がします。特に得点などの競技性がなければバレエの『昴』のように圧倒的な天才性で観客を叩き潰す描写で話しとして成立させることができるだけに残念です。
◆だからこそ今回はリアクション描写を控えたり。表現に工夫を加えてきているのでしょうが、第一人者というのは本当に大変な位置にいる事を感じさせられました。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆今日一日だけの命と思って生きる。流星くんの強さといるよりも人を巻き込む強引さの秘密が判明しました。その流れで町田道場の他の面々にも武心館との試合の意義を示唆してきました。その発想が最後にあるから「負け犬理論」の堕ちないですむ良い話の展開でした。
◆男装の源造さん強し。でも勝ち抜き戦という事は次の試合もあり、あんまりドキドキする方向に持っていって欲しくないのですが、でも見たいです。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆皆本が解任され代わりに任命されたのが谷崎。人材不足と言われようが、新キャラを出すよりも脂ぎった中年オヤジ達で何処までも話を進めるアグレッシブな椎名先生は偉人です。
◆そう考えると、いきなりのチルドレンピンチは残念です。中年オヤジにげっそりされるチルドレンも見たかったのですが。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆聖結晶の力なしで、シビアに一矢報いた展開は、ユウキ本人の成長も示唆していてよかったです。
◆最近アルバトロスが役に立ってているのにびっくりです。こちらも成長しているのでしょうが、成長という言葉がなんか似合いません。



ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ29号感想

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆巻頭企画の人気投票の結果を見るとこの作品が少年漫画の中心にいる健全な層に支えられているのが良く分ります。1位~7位まで主人公チームが独占しているので茶化す要素も見当たりません。
◆この必殺技は唐突過ぎるかとは思いましたが単純に蹴り足の効果を上げるだけという使い勝手のよさを考えると良いアイディアと思います。また悪魔の実によるインフレを防ぐためにも能力者ではないサンジのパワーアップは必要だと思いますので今回のパワーアップはプラスです。証拠としては今週中にバトルの決着がつきました。

『BLEACH』 久保帯人
◆虚化していられるのは11秒。制約がきつすぎる点を考えると今回も顔見せで終わりそうな雰囲気です。特に準備前などの何もかもが中途半端な状況での強襲という展開が停滞感に拍車をかけます。

『NARUTO』 岸本斉史
◆マニュアル人間化したサイのぎこちなさが微笑ましかったです。コミュニケーションも忍者としては大切なので資料があるのは大切なのですがあまり役には立たなさそうな本です。
◆久しぶりのカカシ先生の登場ですが、またナルト修行編の開始の様子です。ジャンプの長期連載の停滞感は構造的な問題が感じられます。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆破れた体操着の修繕。メチャクチャいやらしい服に改造されていると期待していましたがそんな事はありませんでした。自分は本格的に汚れた大人のようです。
◆最後の最後までオチに使われるザステイン。本当に良いキャラです。壊れるまで大切に遊んであげてください。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆いとり先生ネタがすばらしかったです。特に「体だけの割り切った関係」ここをどうファンシーに例える事ができるのでしょうか。生徒さんも無理難題を言いすぎです。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆ふがいない自分に対する怒りで声を振るわせる一休。額のほくろがなければ完全にベージータでした。
◆阿含対セナの直接対決が始まりました。この2人の決着が付かない限りは試合も終わらない事を考えれば、時間切れなどでの阿含の勝ち逃げは天才のプライドが許さないはずです。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆「廊下の床を鏡張り」それは何処の秘宝館ですか。パロディだけに頼らない。大亜門先生のネタ作りは好感が持てます。ほとんど下ネタですが。
◆「女子の前だしな」阿久津の心の声もよかったですが、いざとなったらブルマ賛成に走り出す学園長もよかったです。欲望に流されるがままのダメっぷりが最高です。

『テニスの王子様』許斐剛
◆突然の千歳の退部。一瞬、族抜けリンチとか想像してしまってどこかの暴走族漫画かと思ってしまいました。そんなはずは絶対無いんですが。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』 秋本治
◆表紙の警察車両に描かれた「親方日の丸」の文字。この時期のこち亀のアナーキーっぷりは本当にすごかったです。
◆当時の話でモデルガンマニア達が両津に警察のモデルガン規制のひどさをなみだ目になりながら訴える話があり。「どうして警察はわれわれマニアを目の敵にするのですか」という作者の魂の叫びのような発言がありましたが、当時小学生だった自分でも「それはしょうがないでしょう」としか言えなかった事を思い出しました。こんな話しも平気でやっていたこち亀の懐の深さは異常でした。
◆市民に発砲し3秒でキレル両さんに大笑いしてしまいましたが、あの時代だから許されていたのかと感じると同時に今のこち亀の当たり障りのなさを思うと悲しくなってしまいました。

『みえるひと』 岩代俊明
◆片腕切断はショッキングでしたが、元に戻せるようにも見えるのですこし安心しました。戻せなかったとして片腕でもキャラの魅力は変わらなそうなので問題はないのですが。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆瀕死の状態のムヒョを操り人形のように動かすパンジャ。ネウロの犯人とは違う正統派サイコキャラの面目躍如です。
◆愛する人のために力を振り絞るロージー。流石のストーカーもムヒョとロージの異常な関係にはドン引きのようす。
◆「刑」と付いているので「七面犬の刑」は使い魔ではなく。魔法律と言う設定のようですが、無理に魔法律に当てはめるよりは使い魔と割り切ったほうが話しが動かしやすくなるとおもうのですが。
◆「罪には罰」お得意のセリフがでましたが、どうも執行前にパンジャの意を汲んであげる様子です。口先は厳しいがムヒョのそういった甘いところが変質者キャラ総動員のこの作品を一般的に受けいられるレベルにしているのでしょう。とんがった作風はネウロがすでにあります。あの路線には絶対勝てないですから。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆「ONE PEACE」とは違い。読者層のゆがみが出まくった。人気投票だと思います。主人公よりも"犯"人気投票のアヤ・エイジア票が多く。至郎田も予想通り上位につけています。
◆犯罪者勢ぞろいの「GIGS」風のシルエット。きれいにまとまっていますがこれで良いのでしょうか。
◆春川教授が一生懸命作っていたのはブラクラの様子ですが。実際にあったら2chとかで鬼のようにあげられて踏んでしまう奴が続出で祭になるのでしょうが。



ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

チャンピオン29号感想

『Damons』 手塚治虫 米原秀幸
◆ラフェインの左目の能力が発動する時の描写が人形のように不気味で左目だけではなく精神的にも異常な感じが強く出ていました。
◆ジェスト戦とは違い、今回は知能戦になる様子。舞台に上がるのは好きだがマジックの腕は三流と言う設定がどのようにいきてくるのかが楽しみです。
◆最後のページで唐突にレイの前に引き返してきたヘイトの移動能力にびっくり。範馬ワープかと思ってしまいました。

『範馬刃牙』 板垣恵介
◆ただでさえ展開が遅いのに雑魚キャラ確定の看守に1週費やされても困るのですが、看守の改心とミスター2との対立を明確にしてきた分だけ良い話に落ち着いたと言うことでしょうか。

『元祖!浦安鉄筋家族』 浜岡賢次
◆「土井津家にも神棚はある」柱のコピーが今週一番輝いていました。

『ゾクセイ』 松山せいじ
◆爽やかな小さな恋の物語と思っていたら少女が読んでいる本が「関谷久作物語」。漂流教室にでてきたアメリカ大好き給食のおじさんの話でしょうか。作者の照れ隠しだとは思いますが。

『ナンバMG5』 小沢としお
◆伍代に近づく男はだれかれかまわずボコボコにする真宮。これは『フジケン』のヒロインのマコトと一緒の境遇ではないでしょうか。
◆さらに夜の公園で偶然に出会う剛と伍代。完全に主人公とヒロインの関係です。藤川さんはこれを機会に島崎のポジションへの移籍でお願いします。

『24のひとみ』 倉島圭
◆ひとみ先生VS権力の手先。こう書くとひとみ先生の方が正しそうですが実際は真逆なんですが。
◆最後のオチも嘘でないとこの作品が成り立たなくなる危険性はありますがほったらかしの状態。流石です。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆互いに求め合いながらすれ違ってゆく2人。歌謡曲が一曲作れそうなぐらいロマンチックな話です。流血沙汰の決闘話でなければという条件付きですが。
◆肉食獣のような口元を見せ付けるテッコツ堂のオーナーが気になります。

『さなぎさん』 施川ユウキ
◆こちらも心理テストは嫌いなので作者のコラムに共感。あれは絶対答えるほうも意識するに決まってますので意味がないと思います。
◆巻末のテキストネタの量と質に感動。前から準備していたにしても本編ではなくオマケ扱いで放出したのは贅沢だと思いました。こんなときにしか使用できないネタではありましたが。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆尾縞が『ショー☆バン』の解説王に決まりました。パーフェクトを食らった屈辱でここまで成長するとは恐ろしいキャラ作りをしてくる原作者です。
◆結局は前と同じように鬼頭監督の手のひらで踊らされていた番太郎。ここまで試合は進んでいるのに老洗中は未だに蚊帳の外です。この野球漫画が以下に内部の敵と戦うかに主題を置いているのかが良く分ります。

『涅槃姫みどろ』 大西祥平 中里宣
◆今回はネットカフェからの登場。クッキーをかじりながら「スイーツ百選」のページを鑑賞しているみどろさん。作者コンビは楽しんで描いているのがわかります。あきらかにやりすぎですが。
◆「恥ずかしい」の概念の説明。納得もでき関心もするけど、「恥ずかしい」と言いながら高速移動できるゾンビのように襲ってくる死者の霊。斬新過ぎます。
◆このバランスの崩れ具合が流石はチャンピオンの中堅作品にあがってくるだけはあります。

『キレルくん』 五島慶彰
◆普通だったら不愉快なまでの情熱なのに、ここまで空回りするとけなげに見えてしまう木村さんの正義感。
◆キレルくんの暴走を嬉しそうに煽る生徒達。キレルくんの恐怖支配が始まる前のジェノサイド学園が純粋な不良校だったのが垣間見えて。心洗われる良い描写でした。

『椿ナイトクラブ』 哲弘
◆表紙の情報によると田代先生はつかまってしまった様子です。「再び」描いてますが、これって訴えられたら確実に負けそうです。
◆マコト兄のカミングアウト。力説するには倫理的にはみ出しています。特にロリコン=妹萌えの思想が。

『星のブンガ』 細川雅巳
◆高速回転攻撃を解除しても手を放さない禿鷲マッチョ達。本当にありがたくはないが心に残る描写でした。
◆一コマだけ目が点になっているお姫様。こんな可愛らしい描写もかけるんだと感心しました。上記のマッチョと比較すれば比較するほど感じられます。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー28号感想

『クロスゲーム』 あだち充
◆エースの油断で逆転負け。何か懐かしいものを見ているような気がしました。作者お得意の展開と言えばそれまでですが。
◆結果をその場では提示させずに墓参りでの報告。味わい深いシメになりました。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆ウマゴンの決死の覚悟も不発に終わりこちらのフラストレーションも限界のところに清麿復活の朗報がでました。それでこちらの期待を煽って置いて以下次週。引きが上手すぎで憎いです。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆近江の正体が経験者ではなくずば抜けた身体能力が武器の超攻撃型のストライカー。主人公との対比も見せてくれて読み応えがありました。
◆最後のコマの笑みは前半の2割増とは違い。すごいタチの悪いものを感じました。その証拠にトラがすごい嫌な汗をかいてます。周りの空気を読まずに強い奴と戦えるとワクワクしている悟空を見ている気分でした。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆お得意の動物雑学ネタがきました。変な人情劇よりこちらの軽めの方が合っていると思います。

『MAJOR』 満田拓也
◆寿也の家族であれだけもめた後で吾郎の家族も登場。吾郎の家庭も複雑ですが上手くまわっている様子。それを眺める寿也の一瞬の顔がよかったです。

『RENGEMAN』 モリタイシ
◆連載2回目でヒーロー化の伏線を担う博士らしき人物が登場しましたが、まだ話は動かない様子。構成に自身がある様子です。
◆さわりしかでてきていないアイドルよりは、原チャ子さんの方が可愛らしく見えます。ヒロインには難しいのかもしれませんがストーリーのメインは張って欲しいです。

『結界師』 田辺イエロウ
◆封魔師との事でしたが服装が良守の父親と同じ様子です。今のところは墨村一家の主夫でしかない父親にもスポットが当たるということでしょうか。松戸さんとの絡みもありましたので気にはなっていましたが、この伏線を回収に動いてくれるのでしょうか。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆自分だけ場違いとは思いつつもしっかりキサラの背後に周っている宇喜多が今週のツボでした。あと時雨の背後で盗撮を試みる剣星にも。。

『妖逆門』 田村光久
◆日本の風土を利用したげえむがはじまる様子です。無人の日本列島を舞台にした伏線が機能し始めていて良いアイディアの様な気がしました。今までもビル壊しなどがありましたがあれはわざわざ日本でやる必要はありませんでしたので。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆2時間近く早く呼んで頂ければと申告してますが、あのオロオロぶりでは見栄を張っているだけのようにしか見えませんでした。用があるときは迎えを出すと言うことで。
◆先週号のタマの失態があってもしっかりナギによるフォローがありました。畑先生はこういっ細かい配慮が行き届きすぎておりますこれが味なので問題はないのですが。
◆『じゃりん子チエ』でネコに好かれる秘訣をマスターしたと言い張る咲夜。あの漫画に出てきた猫は闘犬を噛み殺したとか、金玉つぶしが必殺技とか、ケンカでチェンソーを振りまわしてくるとか、ハングライダーで上空から漬物石を落としてくる(しかも攻撃前にサイレンを鳴らして威嚇しながら)とかばかりだった気がしましたが。
◆畑先生はジャンプが好きなんだと実感させられます。師匠と同じぐらい愛情が歪んでいますが。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆やってくれると嬉しいが、実際にやられると困ってしまう。真弓さんの参戦が決定しました。長い髪の方がよかったのでさらに複雑な気分ですが。
◆本当に流星君のお父さんは流星君の教育に力を入れすぎて、弟子の教育を忘れている様子です。実は意外に商売上手で精神論を前面に出すと道場がはやらないと計算していただけの可能性もありますが。

『あいこら』 井上和郎
◆実際に送られてきたら送った奴と見た人間の記憶が消えるまでボコボコにするような絵葉書と共に「変態王」油坂の帰還かと思いきやいきなりの逮捕。いきなり最終ページのオチがきてしまったのか思ってしまいました。結局同じでしたが。
◆油坂抜きで何処まで盛り上がれるかと思いきや。パンストフェチによる楽園が展開。装着しているのがよぼよぼの爺さんという何処に喜びを見出して良いのか分らない状況であるにもかかわらず後光と菩薩が見えるほどのパンスト描写。独創的すぎます井上先生の後ろを走ろうとするフォローワーの影すらも見えません。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆吹雪と六花ペアの演技が始まりましたが、今回は技術ではなく、表現力の描写のためリアクションは控え目で、解説に演技者の内心のナレーションを絡ませてトゥーランドットの説明が入りました。さりげなく流れるように進んでいるなと思いましたが、後半に技術点の描写が入ってきました。雷鳴トーンと共にリアクションが始まりそうな雰囲気です。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆キタローの球をミットで受けたかったとの独白と、マサハルへの敵意をかいま見せた高倉先輩。その上で再度、キタローと決着に闘志を燃やし仕切りなおしたうえで決着が付きました。熱い描写でしたこの試合はここがベストだと思います。出来ればこの状況で試合終了にして欲しいです。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆今回の紫穂は怖すぎでした。終始目つきが怖かった事と一連の発言の上に「しつけは早期にしなくちゃね」悪女の本領でもある心の中の蛇が鎌首をもたげてきた様子でした。
◆80代と小学生のエリート公務員をめぐっての修羅場。箇条書きにするとすごいやな世界ですが。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆切断された手の描写に驚かされました。作者自体を見ていると必要ならば容赦せずにこのような直接的な犠牲者の描写を入れてくるとは思いましたが、実際に見るとインパクトが違い本格的に話が動き出した表明の様子に感じられました。巻末にきたのは落ち着いて話を進めるための配慮だと思いたいです。
◆朝倉状態でのデレデレ描写は可愛らしくてよかったです。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ28号感想

『NARUTO』 岸本斉史
◆サイの心境の変化は唐突すぎではと思いましたが、そこに目をつぶればかなり良いシメになったと思います。本当にサイは仲間になったのだと太鼓判を押された様子がしましたので。
◆サイとヤマトのお披露目編と割り切っても、今回の話は無駄に長すぎたのではないでしょうか。何ヶ月もかけてやるような話しではなかったのではと思いました。

『BLEACH』 久保帯人
◆元6番も現6番も、どうしょうないのは変わらない気がします。競輪では6番は一番格下がつけることを唐突に思い出してしまいました。
◆ルキアと井上の即席コンビですが、今までの唐突な展開が功をそうしてかあまりヘタレ臭がしません。きっと唐突に実は最強のコンビでしたとまとめ上げるのでしょうから。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆サンジ復活の種明かしがカリファが入っていたバスタブのお湯。なんかすごい下らないことしか浮かばないが、サンジは女性に対してだけは紳士だからそんな変態行為はしないはず。
◆ウソップを奮い立たせるサンジの一喝。ちゃんと「ウソップ」と名前を呼んでいるのもすばらしかったです。その上で間髪要れずにウソップを引き摺り走りだすナミもよかったです。

『銀魂』 空知英秋
◆スリッパにも反応する股間のセンサー。それは木の又にも反応する中学生レベルではないのでしょうか。流石は柳生家頭首です枯れてはいません。
◆新八の強さも唐突ですが「もてない奴は嫌い」もびっくり。成長しているのかしてないのか分りませんが、ワンランクあがったのは確かです。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆特別企画も本編もW杯に絡むのを忘れたジャンプ編集部の投げやりな態度が垣間見えて漫画よりも面白かったです。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆一休は油断と傲慢な描写を鼻に付くほど繰り返していたので、もん太の勝ちは動かないとは思っていましたが、こんなに二転三転した展開をされると熱くなってしまいました。鉄馬との勝負で見せた縫い目のキャッチで逆転する展開がよかったです。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆今週の触手ネタは、新たなるトラウマ漫画として全国の小学生に語り継がれるのではないでしょうか。十年後の居酒屋などで「親に見つからないようにジャンプ隠したよ」とか「勇気をだしてコミックス買ったけど修正されてた」などの思い出話になるのでしょう。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆今井さんの救援のおかげで間一髪、変態の魔手から抜け出せたと思ったら最終的にロージーはつかまってしまいました。生贄がいないと変態祭も盛り上がらないのでしょうがないことですが。

『謎の村雨くん』 いとうみきお
◆高速クロックアップ(オメガトライブ)で会話と乱闘を始める2人。アイディアは良いけど青葉さんの前でそれやっては意味がないのですが。
◆来週の展開しだいではまとめになってしまいそうです。仕切りなおすことも出来ないのでしょうか。

『みえるひと』 岩代俊明
◆前半部分の緊迫感のないドタバタ調の展開が面白かったです。特にアズミの「つぶらで純粋なまなざし」はこういった方法でギャグ漫画のお約束の「風呂場の覗き」を止める事が出来るとは思ってもいませんでした。
◆後半のミズチの悪さが光ります。惜しむらくは蛇がモトネタなので獣耳ではない事です。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆トリック自体は反則なのですが、犯人の変態への変身シーンはお家芸の余裕さえ感じます。
◆動機が次回のネタへの伏線になるようです。ネウロ自体は動機などの直接の謎とは結びつかない事には興味を示さない描かれ方をしてきていただけにどのように話しが広がるか楽しみです。笛吹たちの警察側がメインになってくるのでしょうか。

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆柊先生と九澄になにやら信頼関係のようなものが生まれそうです。こちらとしては青筋ピクピクさせながらのコミュニケーションの取り合いをずっと進めて欲しいのですが。
◆この嫌な関係のインパクトの前では伊勢兄弟の確執などどうでもよくなってしまいます。伊勢(弟)があんまり同情できないキャラなのもありますが。

『ツギハギ流行作家』 西公平
◆人を出し抜こうとして、無残に潰された守屋。裏切り者の末路とは悲しいものだと感慨にふけっていたら主人公の手でコウモリの着ぐるみをかぶせられてました。何処まで弱った人間を追い詰めてゆく主人公なんでしょうか。
◆謎の生物に圧倒されたライバル。その背後で邪悪な良い笑顔で「サポートが必要なんじゃな~い」と声をかける主人公。何処まで(以下略)。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

チャンピオン28号感想

『元祖!浦安鉄筋家族』 浜岡賢次
◆ケーキ屋のお姉さんのノリがステキでした。「うーん」で考え込んでタメを作るところがわかっている感じがしました。
◆後はオチに向けて、一直線のお得意の展開。このパターンは安定しているので安心して読んでいられます。

『Damons』 手塚治虫 米原秀幸
◆ジェスト戦が決着。接合部分につながったものは操作できるゼスモスの利点を再確認させた上でもビジュアル的にも迫力が出ていました。
◆惜しむらくはジェストの怯えや後悔などの復讐物のお約束の心理描写がなかったことですが、残り四人もいるので今回は軽めになったのでしょうか。出来ればマリアの描写も読みたかったのですが。

『範馬刃牙』 板垣恵介
◆素手ならば、どのような機関にも潜入できると言うアイディアが気に入ったのか「素手の時代」と誇らしげに語っていますが、偵察衛星で監視されるほど目立っては意味がないと思いますが。
◆ミスター2やオリバに手も足もでない看守がどんなにすごんでも緊張感がでてこない。こんな雑魚への制裁よりは、ミスター2とオリバの直接対決が早く読みたいです。

『24のひとみ』 倉島圭
◆好きな作品なので2本立ては嬉しいのですが、1回のアイディアが勝負になるギャグ漫画で1週間に2本のネタだしは大変すぎるのではと感じてしまいました。来週は『サナギさん』が2本立てなのですが複雑です。
◆2本目で教育と言うよりは調教が始まりました。奥野くんは何処に行ってしまうのでしょうか。少なくとも本人が幸そうではありますが。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆勘九郎復活。手放しで大喜びしたいです。そういえば勘九郎は着ぐるみキャラでしたから扮装しているのもうなづけます。出来れば青鮫も良いキャラなので美輝たちにもばれていないのですから、表と裏で使い分けて欲しいです。
◆勘九郎復活の影に隠れましたが、前半部分の「顔を拭いてみてよ」に「手が届かないのでお願いします」と着ぐるみの顔(本体尻部分)を突き出す所や、あの格好でコンビニによって出勤しているのかと思わせるところがツボでした。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆デーブ平江が尾嶋を認めてるのに、何気ない発言で貶めるところが面白かったです。
◆一回戦でかませ犬にされた尾嶋がこんなところで生きてくるとは思いませんでした。作者の場外戦の展開は邪悪すぎますが上手いです。

『涅槃姫みどろ』 大西祥平 中里宣
◆執事は何代も前から主人に仕えているという。イメージがあったのですがそれを逆手に取られました。
◆掛け合いマジックコンビの片割れの代わりが腹話術の人形で、その人形との合体が現代の姿ならば仮面で隠すほうの顔が若い方だったのも納得ですし、普段から掛け合いでケンカしているのも微笑ましいです。
◆今回は演芸場に出現のみどろさん行動範囲が広すぎです。

『さなぎさん』 施川ユウキ
◆マナミさんが図を踏みつけて「図にのっている」これがセリフではなく。3人同時の心情描写だと気づいた時に心の奥底から響くネタにかわり感心しました。

『椿ナイトクラブ』 哲弘
◆ナルシストキャラなのに鎧姿で露出ゼロ。斬新すぎです。

『星のブンガ』 細川雅巳
◆自分が都合よく信じていた事は、姫様が語る真実で否定されましたが、姫の最後の言葉が真実である事が希望につながったのが救いになるよい展開でした。
◆感動の再開の第一声が「ダサい」。ファンタジー路線でこの単語は興ざめだと思いましたが、その後の展開は見事に引き込まれました。そうすすると最初の言葉は作者の照れ隠しかと好意的に解釈してしまいました。

『キレルくん』 五島慶彰
◆キレルくんの威を借りる山田の禍々しい不愉快なキレっぷりを、キレルくんが爽やかな暴力で更生させる良い話でした。

『いっぽん』 佐藤タカヒロ
◆柔道物に定番の「理不尽なまでにキツイ練習描写」を第三者の雑誌記者の目で語らせる描写に脱帽。純粋に楽しんできつい練習に取り込んでいるのが感じられました。
◆記事が没になったのは、酒高の知名度もありますが最後の2行の為ではないかと思います。

『放課後ミステリー』 雨墨篤
◆天才少年と天然少女の組み合わせは『Q.E.D』などの王道がいくつかあるので少しキツイかと思いました。でも、連載とかになるかはわかりませんが2人ともスタンダードより微妙にずれている気がしますので時間がたてばオリジナルになって固定されると思ったのも事実です。月並みな意見ですが新人でもありますのでこれからに期待という事で。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー27号感想

『RENGEMAN』 モリタイシ
◆主人公の思いの空回りがよい意味で気持ち悪かったです。特にホウキとチリトリをもって中腰の体勢を維持している大ゴマが。
◆最後のあおりは大丈夫かと心配になってしまいますが、最初から「ヒーロー路線」は織り込み済みなので問題ないとは思いますが迷走しないか不安です。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆清麿の復活のフラグがたってはいますが作者はまだじらす様子です。ウマゴンの窮地が容赦なく描かれているだけにこのじらし方ははつらいです。早く逆転のカタルシスを見たいのですが作者の手の上で踊らされている様子がします。

『結界師』 田辺イエロウ
◆キヨコさんの呪いのストレートさは爆笑しました。コーヒー牛乳メーカーとかパニックになっていないか心配です。はやりものと言うと中谷彰宏とか西川りゅうじんの馬鹿を思い出してしまい反射的にむかつくのですが、キヨコさんになら騙されても言いかなと思いました。姉御肌でたちの悪い目つきも大好きです。
◆違和感なく見事に呪われている神田さんにも爆笑させて頂きました。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆レッサーパンダの種明かしだけ見ればこんな動物雑学もので押していけばよいのにと思いました。
◆鉄生に診察をさせなければ良いと言う事で、講義編と言うことになったようです。やっぱ普通に動物漫画でやっていって欲しいです。
◆鉄生を異常に持ち上げる2人を尻目に、エロ本見ながら鉄生を茶化す陵刀いいキャラだよな気楽で。

『MAJOR』 満田拓也
◆吾郎の励ましに感化されて泣き出す寿也。どう見ても恋人同士です。清水の立場がありません。

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆蓮葉の実力を示しただけではなく冷静な唯の分析も見せてきました。その上でジュニアユース3人の底力も出して近江の出番がまわってきた所で以下次週。流れような展開が読んでいて清々しかったです。
◆予想通りいけば今回のメンバーはみんな味方になるのだから試合が盛り上がれば盛り上がるほど面白くなりそうです。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆「一応?」とでてきた宇喜田に一抹の不安を覚えてたら。次のページのくるくる回るジークフリートに爆笑。しかも新島からの電波を受信したところが追い討ちをかけてきました。
◆ケンイチ父の「本当の冒険は、漫画やゲームと違ってワクワクと楽しいものではない」一瞬、『妖逆門』の冒険大好き多聞くんにケンカを売っているのかと思ってしまいました。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆やっぱり三俣・桐崎ペアはかませ犬にされる様子です。それだけ後半の吹雪と六花の描写が凄惨過ぎました。
◆「トゥーランドット」ラストシーンの解説は次週以降になりました。圧勝は予想できるのでこちらの解説を楽しみにしたいと思います。

『クロスゲーム』 あだち充
◆試合自体は決着に動いていますが、東と三木の会話で試合後の展開にも興味が一気にわいて来ました。
◆そんな状態になりながらも東と光の大勝負で以下次週どちらに転んでも面白い展開になると思います。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆意外に手馴れた様子で子猫の世話をするナギに驚愕しましたが、三千院家の教育方針がオチにきてました。これではタマも日本語ぐらいしゃべりますし。2ちゃんねるのスレたてぐらいしますは。
◆最後のシラヌイの描写。デスノートのパロディなだけなら言いのですが、ここまで性悪なキャラはこの作品には合わないのでは。

『ハルノクニ』 浜中明 中道裕太
◆意外とコウさんはノリやすい性格の様子。ハルに武術を教えるのもちょっと微妙な感じがしたのですが、コウさんの活躍が見れるのは面白いと思いました。

『ハルノクニ』 浜中明 中道裕太
◆大金持ちばかりの白鳳学園と違い異常にハイテンションな坂下門学園の大運動会(賞金1千万付き)。最初から最後まで異常なノリで押し切られておりました。『頭文字D』のパロディは唐突過ぎて思考が停止してしまいました。
◆ハチベエ地獄のフルコース。他人から見たらぜんぜんうらやましく思えないのがハチベエの変態としてのすごいところ。目回しプレイが下らなすぎます。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆こちらも『クロスゲーム』と同じようにキタローと高倉の大勝負で次週持ち越し。こちらはキタローの勝利で終わるとはおもうのですが、延長戦はないと思いますので。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆「始まっちゃったみたいだから」とたちの悪い嘘も平気で付く紫穂が「朝ゴハンにいただいちゃおっと」のセリフに動揺したのがツボでした。
◆ナオミに飛びかかる谷崎。なんか懐かしいものを見ている気がしました。やっぱり横島は偉大なキャラだったと改めて考えさせられました。
◆そんな横島とは違って年増にもモテモテの皆本。すごいけどこの後の超能力戦という修羅場を考えるとあんまり羨ましそうに見えません。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆三者三様それぞれの個性が出ていて面白かったです。ジンクスは寝る事と言って質問をいなしたフィンチがこのみです。
◆土台があると聖結晶の場所がわかる利点が出てきました。話しが動き出してきました。掲載位置が油断できない位置になってはいますが面白くなってきています。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ感想27号

『NARUTO』 岸本斉史
◆イタチを殺すことができるのなら大蛇丸に命をくれてもかまわない。サスケの決意は立派だけど肝心な所を人任せにするのなら甘いと思いますが。特に大蛇丸が必ずイタチと敵対するとは思えないですし。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆ハァハァしながら、「一緒にくぐろうぜ…!!! 夢の扉を!!!」というスパンダムの顔が性犯罪者の顔でした。何かすごい悪い事を想像をしているようです。
◆フランキーが見かけによらず。冷静にナミとこれからの策をめぐらしていました。基本的にルフィ一行は感情で動くからフランキーが仲間になると話が進みやすくなりそうです。そう思うと今度の仲間はフランキーでお願いします。
◆サンジの登場は嬉しいけど、純粋にそげキングの活躍が見たいです。特に敵が騙し討ちをかけてきた以上はそれを上回る騙しあいでそげキングには勝って欲しいのですが。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆長島語(擬音と勢いだけで物事を解説する巨人軍名誉監督の口調)で作戦をまくし立てるもん太。言いたい事はわかるし結局はその手に乗るのだから、みんな少しは優しい目をしてあげましょう。可哀相な子を見るような目ではなく。
◆雪光が入ったことが、今回の神龍時戦だけの奇策ではなく泥門の攻撃の幅が広がっている様子。ことの事を王城を介して示唆しているのがよかったです。王城が決して油断する事なくどちらが勝っても対処できるよう冷静に分析しているのも見て取る事ができましたので。
◆大空に透過するマリア象とその下をすり抜けて行く悪魔の蝙蝠。前ページの「悪魔は神には頼らねえ」のセリフとつながる言い描写でした。

『BLEACH』 久保帯人
◆名前のないキャラはあっさりと面白半分に殺すのになんだろうこの扱いの差は。

『銀魂』 空知英秋
◆「便所出産」とか何気に酷い事をいっているのですが。余計なところに怒られないか不安です。大丈夫でしょうか。
◆両者とも外道な方法でピンチを脱して同時に厠の板を破壊して激突。状況がまともだったらカッコ良く決まったはずだのに。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆人気のないキャラは強制引越し。読者参加企画も増えてきたが追い詰められてしまった様子です。

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆九澄と柊先生の協力関係。相変わらずギリギリの妥協点を探っているところが笑えます。
◆魔法ではなく、気迫で伊勢をけん制する九澄の描写。魔法は使えないがハッタリだけで学校生活を乗り切るつもりではない事が見て取れてよかったです。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆箇条書きにも出来ないほどエロ度が上がっている。2ヶ月間も外に出ないで漫画ばかり描いていると人はそうなってしまうのでしょうか。
◆王様が見事なチンピラで笑えました。娘に言い寄る男を威嚇する父親そのものでした。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆手を洗わないとか愛しの彼に近づく女をブタ扱い。見事なまでの変態ストーカーです。つくづく変態の幅が広い作品です。
◆一定範囲内の人間を操れる様子ですが、この能力は面白かったです。ゾンビとも違うので破滅感は薄いのでとっつき安いですし、普通の人が急に敵になる恐怖感がよかったです。
◆乙女が変態の手に落ちました。来週、モザイクだらけとかもしくは暗転でセリフだけしか描けないとかにならないか心配です。

『謎の村雨くん』 いとうみきお
◆分家と本家とかの重い話はこの作品で出して欲しくなかった気がします。軽いノリだからこそ「ジェノサイド」とか記憶をなくすまでボコるとかが映えていたと思いますので。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆吾代への追い詰め方がかなり酷くて笑えました。人間を超越した魔人のなのにこんなにも細かく嫌がらせをしてきています。
◆放火犯と春川教授と話しが平行して進んでいますが交差することはあるのでしょうか。それとももう一つ二つと話しを絡めて行くのでしょうか。どちらにしろ楽しみではありますが。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆「温子!そのコスプレわかりにくい!」確かにマニアックすぎますが大亜門先生それは禁句ではないでしょうか。
◆チョコバナナとか裸婦画とか、こんな文化祭は学校的にまずいのではと思ったら学園長まで被害にあっている描写を入れてフォローされおりました。

『テニスの王子様』許斐剛
◆千歳のキラキラぶりに負けました。画太郎漫画バリにキラキラしております。笑わずにはいられませんでした。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

チャンピオン27号感想

リンクを一件追加いたしました。

人面犬の秋田的ゆらゆら生活

チャンピオン感想を中心にされている人面犬さんのサイトです。
嬉しかったのは『おはようKジロー』を好きな作品に上げていた事です。
私は『プロ野球編』が始まる前の水島先生は大好きでした。でも『虹を呼ぶ男』はなかった事にして欲しいのですが。

こちらは「週の始まりは土曜日」でお願いします。

『無敵看板娘N』 佐渡川準
◆若菜と敏行のコンビが登場。「ペットではなく家族」と言い切っていますが若菜は敏行を本当に都合よく利用しようとします。本当は腹黒ではないのしょうか。
◆一コマも持たずに頭をかじられるカンナの絵。すばらしく味が出ていました口を開けっ放しのカンナが特に。「新参者が俺に敵うか」という敏行のリアルファイト宣言のような気がしました。
◆最後に男としてのけじめをつける甲斐。こちらの期待を裏切らないいいキャラです。

『元祖!浦安鉄筋家族』 浜岡賢次
◆大鉄は本当にあんな客まじめに相手しているのかと疑問を感じつつも本当に嫌な客ばかり乗ってきていました。だからこそタクシーなのに後部座席が強制排出出来るようにしているのかも。

『範馬刃牙』 板垣恵介
◆何かいらない層を刺激しそうな大統領の描写。住んでいる地域柄アメリカ軍の意識なんてこんなレベルなんだよなと実感させられますが。
◆当初はオリバーかバキのかませ犬になるとおもっていた。ミスター2の出番が止まらなくなっています。板垣先生は勇次郎の敗北がまとまるまで話を進めない様子。でも今のバキが勇次郎に勝てるようになるにはあと百年はかかりそうです。秋田書店はそれまで持ちこたえられるのでしょうか。

『さなぎさん』 瀬川ユウキ
◆最後のコマの3人でもらい泣き。今までももらい泣きでシメた話しはいくつかありましたが、3人そろっては初めてではないでしょうか。かなり印象深く残りました。

『ナンバMG5』 小沢としお
◆バイオレンスあふれる展開のため、ハワイでの思い出話は「パイ」と「おっさん」しかだせない剛。でも一般人で居続けたいと思っている剛にはこんな平穏な学園生活が幸せなんだろうなと思いました。

『みつどもえ』 桜井のりお
◆巨乳にこだわる野田校長。レイアウトにもこだわりがあるようす。歴代校長の額縁しかも女性校長の下にあの絵を並べるとはマニア恐るべしでしょう。
◆「減るもんじゃあるまいし」力説する男子生徒の描写が変態を通り越して性犯罪者になっておりました。

『Damons』 手塚治虫 米原秀幸
◆同じ境遇に落ちても悲しいぐらいに分かり合えないヘイトとジェスト。結局は互いの異常者としての力を出し切った総力戦が開始され、飛び道具というアドバンテージを保持したジェストが一歩リードの様子。来週で決着がつくのか長期戦になるのかは不明ですが、だらだらとした引き延ばしにはならないとは思いますので安心して読んでいられます。

『ショー☆バン』 森高夕次 松島幸太郎
◆鬼頭監督がショーバンを追い詰めてゆきます。特に顔半分のアップのコマは教育者ではなく単純に鬼です。そしてショーバンも監督の手のひらで踊り始めたました。ここまでやっているのに老洗中が未だに蚊帳の外扱いされているのがまた怖いです。

『星のブンガ』 細川雅巳
◆主人公不在で始まった新章ですがかなり面白くなってきています。特に裸で抱き合って高速回転するマッチョ達が。

『涅槃姫みどろ』 大西祥平 中里宣
◆おもいっきり不吉な外観のお守りはネタとして良くみますので新鮮味はあまりなかったのですが、みどろさんコスプレショーが面白かったです。手術着は絶対に趣味だと思います。
◆こういったネタ的なところだけ強調されると話しのテンションが落ちてくるので考え物ではありますが。

『24のひとみ』 倉島圭
◆本気で人の恋路を邪魔しにかかるひとみ先生ですが、今回は最後の詰めで敗北。いつもの百戦錬磨っぷりが嘘のようです。

『キレルくん』 五島慶彰
◆オープニングのナレーションの「学園の年中行事の一つである(ちなみに年7回行われる)」に爆笑。7回もこんな行事やるのか。キレルくんを抑止力代わりにおいているだけあって校名に恥じない闘争心っぷりです。

『番長連合』 阿部秀司
◆大団円にふさわしく主要キャラ再登場で心境を語ってシメ。けれんなく終わったのがこの作品らしくて良かったです。でも準備予定の新連載が『番長連合(政界編)』とかではないですよね。

『蹴人 シュート』 山根和俊
◆最初からまとめられた読み切りと思って読み直したら楽しめる作品でした。これで終わって欲しくないので復帰を願います。ジャンプよりはチャンピオンの方が良いと思いますし。

『いっぽん』 佐藤タカヒロ
◆藤堂の人間的な成長も面白かったのですが、最後に淳が全部持ってゆきました。「んっ?」の一言が完全に相手の発言を封じていて怖かったです。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

サンデー26号感想

『GOLDEN ☆ AGE』 寒川一之
◆律儀に早朝の5時から集合する不良達。しかも前日にミーティング済み。やはり可愛らしいです。
◆今週は、トニオコーチに自慢の彼を紹介する為に,彼にやる気になってもらう必要があるのでがんばりだした唯くんということでしょうか。

『金色のガッシュ!!』 雷句誠
◆キャンチョメに続いてティオも一時退場。先週の清麿の伏線はまだでてこず。ウマゴンのみの孤軍奮闘ぶりは痛々しいのですが粘りすぎではないでしょうか。

『MAJOR』 満田拓也
◆寿也のトラウマ描写のどす黒さに絶句。ハヤテの家族がそのまま出て来ない事をつい祈ってしまいました。
◆試合は大事ですが人生はもっと大事ですので、ここで決着つけないと本当に父親が出てきたら修羅場は確実ですし。

『ハヤテのごとく』 畑健二郎
◆慌てふためく西沢さん可愛らしいです。唯くんには負けますけど。
◆ヒナギクからハヤテへのベクトルが出て、見事な三角関係が出来上がりました。一人忘れてしまいそうになりましたが。

『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
◆ついに天下一武闘会が始まってしまうのかと危惧しています。でも師匠達がぶち壊す気満々なのが恐ろしいです。
◆武田どころではなく新白連合の参加もある様子なので単純なトーナメントでは終わらないとは思いますが。

『ワイルドライフ』 藤崎聖人
◆せっかく重いテーマーを取り出してきたと思ったら都合よすぎな展開。この作品自体は2~3週で軽い話を積み上げてゆくのがやっぱり向いているなと思いました。来週何らかの落ちはつくでしょうが。

『最強!都立あおい坂高校野球部』 田中モトユキ
◆兵藤や高倉が馬鹿見たいに舞い上がっていたのが面白かったです。俊足のランナーが3塁で一死の状態。敬遠球が甘かったら打たれるし外しすぎたらホームスチールがあるのは読める範囲内なのにこんなでかい口たたいているからひっくり返されてしまいました。
◆こんな小憎らしいキャラが策におぼれて自滅するのは大好きです。

『妖逆門』 田村光久
◆撃符の謎を掘り下げるのと主人公の決意を再確認して一旦仕切りなおしになりました。次の展開にはフエなど実際にげぇむを管理している側の関与もでてくるのでしょうか。話の枠は広がりますが実際のゲーム性は薄くなると思いますが。

『ハルノクニ』 浜中明 中道裕太
◆光学兵器や伸びる尾での先頭がメインのため単純な肉弾戦に弱いと言うことでしょうか。あの小ささでは動力も弱そうですので人の力で抑えつけるのは容易でしょうし。
◆相変わらず口だけで先に進もうとしない首脳陣。余裕をみせてのんびり構えていると足元すくわれるのは目に見えているのに。

『クロスゲーム』 あだち充
◆自分が見込んだ投手は無失点。大門監督の自慢話が淡々とひっくり返されてしまいました。こんなにさりげなく話を進められるベテランの技はすばらしいです。全作品主人公が同じ顔に見えると言われても仕事が来ますわ。

『武心BUSHIN』 万乗大智
◆遺恨と言うよりはチンピラとの約束で五条橋との勝負に重きがかかってきました。変に暗い話になるよりは前向きに話が組み立てられているので良かったです。

『あいこら』 井上和郎
◆ここ最近の攻勢で変態分があふれ出して決壊した様子のため今回は普通のツンデレ(ふり幅緩め)話になりました。ハチベエの父親も普通人ではなく一本筋の通った立派な変態であって欲しいです。故人だと掘り下げが難しくなってしまいますが、他人には絶対理解できないフェチであった事は間違いないと信じています。

『ブリザードアクセル』 鈴木央
◆危険性を強調するためのボロボロの描写と、公開練習でのミラーのジャンプの解説つきでの描写。怖いものを見せつけてきました。でもここまで出されると三俣・桐崎ペアがかませ犬にされてしまいそうです。
◆「黒崎さん、どうしてここに?」解説王が解説をしに来たに決まっているじゃないですか。

『絶対可憐チルドレン』 椎名高志
◆犯行声明を天気予報調で放送。不謹慎なネタを全力でぶつけてくる椎名先生は本当の悪人です。大笑いしてしまいましたが欄外で言い訳する編集がかわいそう過ぎでした。
◆皆本が薫達に言った「どこにでもいけるし、何にだってなれる」を兵部が何度も口に出すの印象深かったです。口では言ってますが彼は本当は自分の思った場所にたどり着けることが出来ないと思っているのではないでしょうか。

『聖結晶アルバトロス』 若木民喜
◆先週から続いて本当に物悲しい話です。皇女様でも所詮は異世界の人。リアルにゴミ子を避ける人たちの描写が俊逸なだけに身につまされる思いがし、さらにユウキの事を思う描写がさらに拍車をかけてきました。この話はつらいけどこういった点をないがしろにしない作者はすばらしいです。

『からくりサーカス』 藤田和日郎
この作品に関しては微妙ではありますが大好きでした。あとでまとめてやりたかったので今まで殆ど取り上げませんでしたが一言だけ。
◆「近日中に復帰予定です」先生働きすぎ。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。