火星の風景 -Martian Landscape-

漫画や本等の雑多な感想を細々と記載して行きます。ジャンプは火、サンデーは木、チャンピオンは土、深夜に更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ感想41号

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆能力者大集合。個人的にはゾロの刀を腐食させるように破壊した能力者がお気に入り。1対1の直接対決が見たいです。
◆唐突にウソップが登場しました。ためにためた演出でしょうが、そげキングの間抜けな時もありましたが冷静な口調が好きでしたので残念です。

『NARUTO』 岸本斉史
◆飛段の能力が単純な不死身かは不明ですが。角都は突込みが激しすぎるのでボケ役は頑丈な方が便利という理由で飛段とコンビを組んでいるようすです。

『銀魂』 空知英秋
◆シリアスパートのみで終了のギャグ色の薄い話になっておりました。
◆個人的には道路を全部塞いでのパトカーでの出動シーンが「西部警察の日産車大集合」見たいに見えて勝手にウケてしまいましたが。

『BLEACH』 久保帯人
◆冷静な不利をして、穴だらけの石田理論が面白かったです。別世界だから建物構造は推測するだけ無駄でしょう。でも、キッチリと確認しようと試みたのは偉いと思います。
◆交代を示唆するジェスチャーが一こま入っていたのはカッコよかったです。

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆読者よりも先に主人公がパンチラを拝んでおりました。ここまでされると読者と作者のプレイのような感じになっております。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆「ホモジェンカ」一番きついのは悠でしょうな。
◆「今のが最後の一匹とは思えん」のゴジラネタから、すぐに「お楽しみはまだまだこれからだ」と映画ネタが続いたのがすこし以外でした。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆女子からのリトの評価が低いのですが、周りの変質者に比べればリトはまだまともなんですが。
◆リトの後姿を見送る春菜のシーン。切なくていい話でした。「ひとり上手と呼ばないで 心だけつれてゆかないで」と中島みゆきの『ひとり上手』が頭の中でリフレインしてしまいした。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆唐突過ぎるためでしょうか。阿含の決意表明が来シーズンの神龍寺ナーガのかませ犬化の布石かと思えるほどの安っぽさでした。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆『トロイのベル』イメージとしては、オリンピックのドーピング解禁の様子です。いまの魔法律協会ではルールの管理もできないはずですから、管理を放棄しても無責任とは言えないでしょう。
◆エンチューとムヒョの衝突を予想していたが避けれなかったペイジ。傷つけたくないから流されるままに流してしまった。残酷な話ではありますがもう少し、ムヒョの才能に潰される前にエンチューへのフォローがあってもよかったのではと思いました。でも、そうすると話が始まらないので仕方ないのですが。。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆弥子への責め方がSMというか、初期『男塾』のノリでした。微妙に弥子の表情をエロく描いているのがよかったです。
◆先週あれだけ篚口の有能さを煽っておいて一瞬にして反転させて敵に回りました。物語の展開や回転が早くまわっていてあきさせません。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

スポンサーサイト

ジャンプ40号感想。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆最後の土壇場で栗田の力による勝利が嬉しかったです。
◆栗田を捨て、阿含をとった上に阿含を特別扱いさせた神龍寺の監督の無能さが証明された気がして個人的な溜飲が下がりました。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆この作品の過去編以外の死亡フラグの的中率は異常に低いので全員生存は間違いなく来週以降の突っ込み待ちだとは思います。いつ尾田先生がこの状況を逆手にとるかという不安はありますが。でも単純な一斉砲撃が正体のバスターコールでは役不足でしょう。

『NARUTO』 岸本斉史
◆アスマの死亡フラグよりも最近はカカシのヤマトイジメが顕著になってきました。
◆あまりのキツイ労働量でラーメンも「コユクて食べられない」と思っていたのに強制的に自分たちのラーメン代まで支払わせるカカシが恐ろしいかったです。無理やり褒めたのもヤマトがラーメン代の支払いを渋ったからで、渋らなければ絶対褒めてなかったと思います。ヤマトの明日は何処にあるのでしょうか。まずは転職から考えてはどうでしょうか。

『BLEACH』 久保帯人
◆藍染さんの座っているオサレなソファに爆笑。友達がいないのは分かっているから見得をはってそんな長いソファ買わなくてもいいのに。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆不動先生のネタは本当に受け入られているのでしょうか。
◆バカップルが受け入られている職場。みんな良い人たちだけどなんかすごい歪んだ物を感じます。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆ネウロの反応を見てから対策を立てるシステムでは、次々と未知の力を繰り出してくるネウロの足止めもできない様子です。新たに進化した変質者を見たいと考えると最後のスフィンクスのガードの進化を期待するしかないのでしょうか。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆今週は直接的な描写が無いなと思っていたら、最後の最後でリトは修羅場というなの天国へ逝かれてしまいました。

『みえるひと』 岩代俊明
◆「バフォメットのキヨイ」えぐい名前をつけたなと思いましたが、ラスボスが山羊なら当然の選択です。やった事は無いので詳しくは知りませんが「女神転生シリーズ」にもでてきそうですし。冒頭の昔話は聞いた事が無いので作者オリジナルかも知れません。
◆白金のセクハラ攻撃。キヨイの能力のえぐさを見せ付けられても余計な緊迫感が生まれないのはこの男のおかげでしょう。本当に面白い作品になってきました。

『謎の村雨くん』 いとうみきお
◆高校生には高校生の利点がある。どう見ても高校生には見えず女教師よりも年上にしか見えないAV男優とか見ていると特に感じます。

今日はこれで限界です。正直に言うとジャンプはあまり思い入れが無いだけ最後に回したのは少しきつかったです。
誤字脱字は明日のサンデー40号と一緒に行います。
かいた端からアップする事も考えましたが、途中で止めてしまうわけにもいかないのでまとめてアップさせて頂きました。

明日からまたがんばらせてください。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ39号感想

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆人魚の定義を求めて泣き出すサンジ。その気持ちは分かるが現実を受け入れましょう。
◆砲弾で撃たれたぐらいではこの世界の住人は死なない事を考えるとやっぱり緊張感が無く。カウントダウンなどの時間制限がかなりむなしく感じられます。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆バクチか保険かの決断を司令塔のヒル魔ではなく主人公のセナに迫ったのが良かったです。始まりはヒル魔達3人だが、ここまで登りつめたのはセナの力があっての事をしっかりと認めている様子が見れましたので。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆良い話でごまかそうとしていますが、海の中で水着が外れるというありえないシチュエーションを作成するための小道具ですから。
◆このぐらいあざとくないとこの作品のキモの8割がなくなりますので。

『NARUTO』 岸本斉史
◆今回はタイアップとしてもきつすぎるラーメン屋の風景と理不尽な先輩のいびりにたえる大和さんの印象しかありませんでした。

『BLEACH』 久保帯人
◆格下六番車をめぐる争いにグリムジョーが再度勝ち抜いた様子です。現時点での久保先生のお気に入りは日番谷からグリムジョーに移ったらしいです。
◆裏切るのは100%間違いない上に、そのパワーバランスを崩しまくる織姫の能力の高さはどう考えても諸刃の剣です。さっさと利用するだけ利用して殺した方が、組織の戦略としては良いんですが、藍染さんも織姫が久保先生のお気に入りから外されるまで待つしかないかと思っているのでしょうね。

前にも書きましたが競輪の世界では6番は一番格下の選手がつけます。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆冒頭の「なぜ明かりを消したのですか」はかなり微妙なところを攻めてきました。こんなネタをだしてくる作者もおかしいですが、すぐに気づくこちらも異常な点ではおなじです。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆女性なのに貫通願望。ネウロにでてくるサイコさんは本当に一味違います。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆交渉開始前に破談、しかも実力行使失敗。底値が見えていたはずのペイジの株がさらに暴落しそうな気配です。

『みえるひと』 岩代俊明
◆修行自体の白金を見ていると、きっと澪に呼び出されたのが怖くてそれをごまかすためにイメチェンを図ったと思います。

『謎の村雨くん』 いとうみきお
◆2つの新連載がアレなので猶予期間がもらえたのか新展開が開始です。巻き返しができると良いのですが。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ38号感想

『BLEACH』 久保帯人
◆力になりたい友人とそれを拒む一護。学園物として読むと読みごたえがあり面白かったです。その反面、浦原の言い訳などが鼻についてしまいます。好みは人それぞれですのがどうしてもそこに乗り切れないです。
◆チャドと石田のパワーアップイベントが死神総退却後のための伏線だとは思いませんでした。願わくば途中からお気に入りキャラ(日番谷、阿散井)の強引な参入で台無しになリませんように。
◆石田の父親との約束は間抜けな言い訳を入れるぐらいなら無視しても良いと思います。

『NARUTO』 岸本斉史
◆アズマ死亡カウントダウンがひどすぎます。ここまでやられると「これから殺しますよ、殺せなかった場合は許可してくれなかった担当と編集に文句を言って下さい」という作者の声が聞えてくるようです。
◆カカシの要求に体力のすべてを出し切って答えるヤマト。会社内ピラミッドのような人間関係が見えました。ナルトに一切注意せずに術を発動させたのはヤマトの精一杯の嫌がらせだと思います。
◆ナルトは『釣りバカ日誌』でいうハマちゃん(社長のお気に入り)なのでピラミッドの影響はありません。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆男のロマンとか言う妄想を木っ端微塵に吹き飛ばす人魚がすばらしかったです。ジュゴンを人魚と見間違えた船乗りたちに「タマッテイタノカ」と問いかけた人がいましたがその気持ちが今凄く分かります。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆前担当まで借り出しての楽屋ネタからはじまり、その上で今回の企画を見せられると編集部はこの作品に力を入れているのがわかります。それは本当にステキなことなんですが、頭は大丈夫かと問いかけたいです。
◆江口が新たな進化を遂げました。今まで妄想でも十分幸せだったのに今回はご褒美がついていました。0.1%のエロにかけられる男は大物になれそうです。
◆バカップルが面白いんですが、「まずは何か手頃なものを壊して落ち着いてみよう」と思うほどの苛立ちが湧いてきます。この気持ちは何でしょうか。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆魔法律協会は50年前からツメが甘かったというペイジさんの思い出話。でも現在の陰湿なダメ団体より。過去のファンキーなバカ団体の方が好感がもてます。惜しい人を亡くしてしまったのだと思いました。
◆「ヤングはやっぱり青かな」と言いながら青い寝袋を手にしているペイジさんの顔は微妙に犯罪者っぽいです。襲うときの目印に青を選んでいる感じです。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆天才だけの阿含の否定を、努力しているイメージは湧きにくいが実際に地道な基礎トレーニングを積んでいたヒル魔で行ったのが素晴らしかったです。
◆タッチダウンにはなりましたがまだ試合は残っています。密度がこんなにも高い試合を見せ付けられているのでこちらも息切れしそうです、勝利まであとわずか、願わくば延長などなしで突っ切って欲しいです。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆今週のエロ描写は、若い子が悶えるのをみて体が火照る若女将と、浴衣で泣きながらへたり込んでいる若菜です。後は普通にラブコメ的展開でしたオーソドックスですが面白かったです。

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆支部長の「ロッキー」は1年前はつかっていなかったということは、言いたくてもいえなかった事があった上での反省からあんな面倒な能力を背負い込んだのでしょうか。最初に口下手だからとは言っていましたが制約があると強くなるタイプの魔法と思っていたので使用しているのかと思っていました。そうなるとわだかまりの解消は「ロッキー」の復活にかかっている様子です。

『銀魂』 空知英秋
◆「今日の沖田さんは見なかったことにします」と男らしく返答した、後ですぐ尾行していた山崎がツボでした。人間はこれぐらい下劣な方が面白い事を空地先生に教えて頂きました。
◆沖田姉による自分の命を秤にかけながら要求を通す交渉術。たしかに今までにないタイプでした。それとタバスコを吹くときの顔が美人が台無しなぐらい壊れていたのも良かったです。
◆土方と沖田姉のすれ違いの原因はやっぱり「からしマヨネーズ」や「一味入りマヨネーズ」を土方が認めなかったとかでしょうか。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆データの蓄積によるパワーアップ。『ジョジョ』の「アヌビス神」を思い出しました。同じ発想でもその解答に違いがでていて面白かったです。データを伝達するのにアヌビス神のように直接的な接触などの物質的なものではなく、EBカメラなど電子世界を介しての移動。どちらが面白いのではなくどちらも優れているアイディアだと思いました。

『みえるひと』 岩代俊明
◆主人公よりもゴウメイのカッコよさが光りました。その上で「引き分けにしといてくれ」と頼む主人公もよかったのです。
◆新キャラ登場。腰の変身ベルトもありますが、ウルトラアイのようなグラサンが余計に気にかかりました。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆魔界の王の頭のネタは本当に爆笑。「しょんぼりさせるな」とこちらも本音がまけて出てしまいました。でも本当にモザイクかけたら逆に言い訳が通らなくなって全身墨塗りにされてしまうかキャラ自体がいなかった事にされそうですが。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ36・37感想

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆人質皆殺しの上で海賊の首領を殺害して一件落着。それ逆ではないでしょうか。まずは海賊から片付けましょう。その上で犠牲がでてもやむなしにしましょう。もし逆切れした国王軍にルッチさん返り討ちに合っていたら世界政府赤っ恥ですよ。
◆すべてを燃やし尽くすといいながら「ためらいの橋」の例外もあり。その根拠のルッチが乗っているにも関らず。形勢不利な軍艦を味方もろとも問答無用で吹き飛ばす世界政府の泥縄ぶりを見ていると、この世界の悪役は世界政府に決まった様子です。正しい正義の人もいるという言い訳はもう通じないでしょう。

『BLEACH』 久保帯人
◆先週考えなしにウルオキアの悪口を言ってすいませんでした。山本総隊長のドバカぶりを見込んだ上での高等な罠だとは思いませんでした。あんな簡単な推測で裏切り者と決め付けるとは、藍染さんもあんなバカの下にいたら言いがかりで殺されると思ったので逃げてきたのだと思います。
◆ウルオキアさんこの調子でがんばって、勝手にやってきて勝手に帰る戸魂界の正義バカ達を皆殺しにして下さい。世界平和のためにも。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆底値更新中のピエロ阿含による前座が終わった後でもん太による逆転の布石。凄いカタルシスがきました。久々にジャンプの漫画を読んでいる気がしました。
◆阿含はもうどんなにすごんでも小物にしか見えません。神龍寺が一回戦の相手でよかったです。

『NARUTO』 岸本斉史
◆ナルトが気を失うところのアップ。2回も使うところを見るとお気に入りの表現なのでしょうか。アクセントになって結構良い表現だとは思います。多用は避けた方がよいとは思いますが。
◆暁メンバーの人間関係が楽しくなってきています。それぞれ仲が良いのか悪いのか微妙に分からない所が面白いです。

『銀魂』 空知英秋
◆「ジャンプから出てけ!!!金払うから」新八の心の声を装ってますが何処から発せられて誰に向って言っているのでしょうか?まったく洒落になっておりません。ジャンプに載っているからこそ成立する漫画なのでこちらとしてはいて欲しいのですが。
◆将軍ゲームによる執拗なまでの将軍イジリが俊逸でした。作為的なまでの空回りがよかったです。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆臨海学校なのにいきなり入浴シーンからはじまる事から、この作品の最重要事項はエロシーンにあります。そのため男性キャラは性的に歪んでいるのは正解ですが校長のアグレッシブさは異常。絶対、肝だめし以外に夜這いのイベントもあると思います。後、女性キャラは性的倒錯者が何名かいれば十分です。男性キャラのそれは不可ですが。
◆ちなみにリトは黙っていてもエロシーンがやってくる特権階級(主人公)なのであまり歪んでいなくても話が成立します。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆意外に動物には優しいツキミちゃんがよかったです。
◆委員長と若葉のそれぞれのノートに個性がでていました。また両者の最後のコマでノートがつながるように描写しているところなど。表紙ネタに顕著ですがこういった細かい配慮ができるのがこの作者の強みの様子です。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆弥子の顔の落書きの内容もひどいですが、落書きを消すのに「シンナー」を持ってくる茜ちゃんもひどすぎです。
◆ネウロ初の敗北かと思わせておいて、「食事に勝ち負けは関係ない」と別の価値観で動いている事を明確に示唆してきたところがよかったです。ただ今回の話は今までのトリックとは違って謎が明確でない分。ネウロがどの部分の謎にこだわっているのかが気になります。電子ドラックの原理を謎とするには少し抽象的過ぎますし。
◆「銃犯罪部隊」名詞の組み合わせがおかしいのですが、言葉どおりにとると銃犯罪を行うための部隊なのだから護衛とは違うのでは。でも異常な集団というのは一発で分かりますので説明が無くても十分です。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆現在進行中のストーリから離れた番外編。このところ長編ばっかりでしたので、こういった短編もやはり読みたかったのでありがたかったのです。
◆『居残り先生』の×印。清々しいぐらいに思い切った×です。実際にテストにつけられてていたらむかついてしょうがなかったでしょう。
◆男子生徒のロージーへのさわりっぷりがいやらしかったです。中学生なのにどうの入ったさわりっぷりでした。きたるべき女体に向けての練習でしょうか。

『エム×ゼロ』 叶恭弘
◆調子にのってドツボにはまってゆく九澄に笑わせていただきました。次号どう収拾をつけることになるのでしょうか。
◆どくろが黙っていると支部長の本心が見えないので、その強引さが際立っておりました。

『みえるひと』 岩代俊明
◆勝っても負けても殺されるのは間違いないという判断から、バトル中に逃げる算段を組む展開。バトル路線でのお約束の「とにかく勝てばいい」を否定するながれになりました。冷静に考えれば圧倒的に有利な相手がこちらの都合に合わせるはずは無いですから納得はできますし。この作品らしい良い展開だと思います。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

ジャンプ35号感想

『NARUTO』 岸本斉史
◆恥ずかしながら暁のトビとヤマトの髪型が同じだったので同一人物の伏線かと思っていました。トビとヤマトの活動時期がこんなに合わないようでは違うと思いますし、ヤマトは好きなキャラなので安易に消費されて欲しくない気持ちもありますのでこのままの状況が一番スキです。アスマに関してはここまで盛り上げたらキッチリ使い切るしか手が無いのかも知れませんが。
◆三尾の正体ですが亀の説明を読むまで根拠なしでサザエと思ってまた。

『ONE PIECE』 尾田栄一郎
◆海に落とせば勝ちなので単純な破壊力よりも影響力がありそうな方法という事で巨大な左腕で建物ごと海に放り込む。見事な戦法です『ハンター』とかなら「技あり一本」でバトル終了になると思いますが、尾田先生は完全決着主義者のようなのでまだまだ話は続くと思います。

『BLEACH』 久保帯人
◆サブタイトルの「ハルシオン」って睡眠薬の事と思っていたら、こちらの項目にあるカワセミの事でした。睡眠薬をだしてアバンギャルドなオサレを表現するのかと思っていたら文系感傷派のオサレを目指している様子です。睡眠薬のハルシオン中毒で死んだ文学者はいますが。
◆屈強な半裸のハゲを押さえ込むマッチョと幼女。すばらしい絵柄です。こんな面白い話を作れるだけに、後半のとってつけたようなオサレが邪魔で仕方ありません。
◆破面の将来を考えると、グリムジョーさんはオサレで脳味噌が腐ってしまったウルオキアを寝込みを襲うか人質をとるなりしてどんな手を使っても殺しておくべきだと思います。トップが電波はしょうがないですがナンバー2まで同類では先がありませんので。

『メゾン・ド・ペンギン』 大石浩二
◆コミックス発売の宣伝をかねた表紙ネタ。ツンエロ委員長と自虐ネタがこんなにも愛称が良いとは思っても見ませんでした。
◆サブタイトルの「天眼通」。こんなところ銀魂が出してきた打ち切りネタへの返答がありました。
◆学校のY談。開けっぴろげに解説を始めるいとり先生よりも、大勢の子供の気配がするなかで青姦を始めたカップルのアグレッシブさに脱帽。そういった趣味なのでしょうか。
◆人の家に忍び込んでまでエロ本を鑑賞する江口。都市伝説というよりは古き良き妖怪のにおいがします。

『To Loveる』矢吹健太郎 長谷見沙貴
◆バナナ、アイスキャンディ、表紙のパンチラ、ありえないほどのローアングル。これだけの小道具で攻められると最後の大ネタ入浴シーンが健全に見えて仕方が無いです。
◆話自体はララの発明がイタズラの範疇を超えていないと言う自覚と、わがままと言うよりは子供っぽいララの性格を補強してきたのが良かったです。

『銀魂』 空知英秋
◆東城は職種は覚えていなくてもシステムは把握しているようすですが、キャパクラでそんな要求出したら地回りがやってきますよ。
◆最近のギリギリ感を見ていると、ジャンプにいづらくなっているのでしょうか。

『アイシールド21』 稲垣理一郎 村田雄介
◆長かった戦いもついに「試合終了」のタイムアップがかかりました。ここからの逆転といいますと、阿含の素行不良により無効試合か再試合しか浮かびませんでした。でもそれは絶対無いと思います。再試合は勘弁してください。
◆モン太の真横に不意に現れた阿含の大ゴマ。ありえない構図に噴出してしまい一瞬「表紙のカット」がまぎれたのかと思いました。

『魔人探偵脳噛ネウロ』 松井優征
◆電子世界の描写は松井先生のお得意の分野だけに手馴れた様子で風格さえあります。
◆電子世界では最強という事になれば、現実世界でのサーバー探しという事になりますが、あんなでかいコンピュータ、移動手段や使用電力を調べれば一発だとは思いますが。でもネウロがそのような方法で得た謎に満足するかの問題がありますが。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』 西義之
◆ティキは基本的に死体の様子。あの仮面が本体というベタな落ちかもしれません。
◆さらわれてすぐに再登場の今井さん。ヒロインの座は簡単には譲らない様子。胸は無いですけど。
◆「ほら穴の中に7日間家出」それは不死鳥伝説というよりは黄金伝説です。
◆風呂上りの毒島さんをガン見するムヒョと手をかざしながらもしっかり見ているロージー。梅吉だけ紳士のフリをしています。

『黄金伝説』の中に、キリスト教迫害を恐れて洞穴に何十年と隠れていた聖人が紹介されております。

『太臓もて王サーガ』 大亜門
◆大臓は変態だけどロリコンではない様子。大亜門先生のギリギリの良心が見れました。
◆誠実に泳ぎを教えようとする真白木。心は誠実でも下半身は曲がっていました。どのように股間が動いたら、あんな風に蛇行するのでしょうか。

ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。